FC2ブログ

旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・トヨエース(Y20/30型) 

100922a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100922a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年にトヨタから発売された4代目トヨエース(Y20/30型)です。先代まではセミキャブオーバータイプでしたが、この代からキャブオーバータイプに変更されましたので、現在のトラックに慣れた目で見ても特に違和感は感じませんね。とはいえ、標準設定色にオレンジ色が設定されている点には違和感を感じます。この代のトヨエース、青と白はよく見かけたのですが、オレンジ色は一度も見たことがありません。販売比率はどれぐらいだったんでしょうね。
 
 さて、このトヨエース、仕事でよく乗っていました。カタログでも大きく紹介されている『新採用、高回転・高出力のL型ディーゼル』モデルです。トヨエースとして運転している分にはそれなりに可もなく不可もなくのエンジンだと感じていたのですが、このL型ディーゼルエンジンは同時期のマーク2やクラウンにも搭載されていました。
 このエンジンが搭載されたクラウンにもよく乗っていたのですが、クラウンのエンジンとしては“可はなく不可だけの”エンジンだと思っていました。当時はディーゼルがブームだったので仕方のないことですが、やっぱり用途によって向き不向きはありますね。パワーユニットも適材適所、間違えるとちょっと歪なクルマが完成してしまいますね。

 現在トラックには触媒やフィルターによって排出ガス規制をクリアできる状態のディーゼルエンジンが搭載されていますが、今後のトラックのパワーユニットはどうなっていくんでしょうね。現行トヨエースにはディーゼルハイブリットのグレードもあるようですが、積荷を少しでも多く運びたいトラックに重いモーターやバッテリーを積んだシステムというのはいかがなものでしょうかね?
 日本ではあまり良いイメージのないディーゼルエンジンですが、欧州では現在乗用車の新車販売において約半分を占めている主流派エンジンです。日本メーカーも欧州市場向けに次世代ディーゼルエンジンを続々と開発・投入している状態ですので、近い将来、次世代ディーゼルエンジンがトラック・乗用車問わず日本でもブームを引き起こすかもしれませんね。
 なんといっても日本はブームが来たらそれ一辺倒になるお国柄ですから。

トヨエース・ロングデッキ・ジャストロー・1.5t積み(LY30型)
全長×全幅×全高 : 4690×1690×1975mm
ホイールベース : 2515mm
車両重量 : 1455kg
エンジン : 直4OHCディーゼル 2188cc 72PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/09/22 18:01 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(4)

旧車・トヨタ・タウンエースバン(R10/11/12V型) 

100820a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100820a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100820a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100820a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100820a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100820a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1976年にトヨタから発売された初代タウンエースバン(R10/11/12V型)です。このカタログは1979年のマイナーチェンジ時のもので、下位グレードのエンジンは1.2Lから1.3Lへ拡大されています。
 当時のワンボックスの常で、商用バンとワゴンはまったく同じ形をしていますね。『積んでよし、乗ってよし、走ってよし。“街のエース”は今日も健在。』とのキャッチコピーがとてもしっくり来ていますので、タウンエース(街のエース)という車名は商用バンのために付けられたのかもしれませんね。
 現在、乗用ワゴンの車名はノア、ヴォクシーとなり、タウンエースという車名は消えてしまいましたが、バンとトラックにはタウンエースという車名が残っています。“街のエース”はなんとか“今日も健在”ではありますが、当時と異なるのは、“街のエース”がインドネシアからの輸入車となっている点ですね。
 まあグローバル化が進み、ドラゴンズのエースも相撲界のエースも外国人が務めるような時代ですので別に驚くようなことではありませんが、日産マーチもタイからの輸入車、そして今や国産車のエースであるプリウスまでタイで生産するというような報道がありましたので、日本人としてちょっと寂しい気持ちになりますね。

 先日中日新聞で、現在とても豊かになりつつある中国の中流階級の方々の間で、“日本へのお買い物ツアー”がとても流行っているとの記事が掲載されていました。
 中国では現在でも「メイド・イン・ジャパンは高品質」というイメージがあるそうで、日本の家電量販店で家電品を親戚・友人のぶんまでまとめ買いしていかれるそうです。その記事の中で家電量販店の方のコメントがとても印象的だったのですが、今や店内にある家電品はほとんどが「メイド・イン・チャイナ」なので、日本製は高品質という思いで買っていかれる中国の方に対して申し訳ない思いがしている、というような意味合いのことが書かれていました。

 さて、日本はこれからどうなるんでしょうね。高品質なイメージを得ることはできていても、欧州メーカーのようにプレミアム・ブランドを確立できているわけではありません。「クルマが白物家電化している」という言葉も最近よく聞かれるようになりましたが、このままクルマの家電化が進めば先ほどのお買い物ツアーの買い物と同じ状況となってしまうかもしれませんね。

タウンエースバン・ハイルーフ1600ハイデラックス(TR11V型)
全長×全幅×全高 : 3990×1650×1990mm
ホイールベース : 2195mm
車両重量 : 1065kg
エンジン : 直4OHV 1588cc 84PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/08/20 18:51 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(6)

旧車で“ヒール&トゥ” 

100713a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100713a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 トヨタが1970年代に販売していたクルマに添付されていた『トヨタ スポーティーカー ドライビング テクニック 取扱書』です。これは昔5代目コロナ(RT102型)を購入したときに付いていたもので、全ての車種に付いていたのかどうかはちょっと分かりません。当時、知り合いでセリカを購入された方がおり、そのセリカにも付いていましたので、おそらく大半の乗用車に付いていたと思われます。

 全部で50ページほどの小冊子なのですが、これが読んでいるととても面白いんです。

・・・さわらぬ神にたたりなし
・・・次のような車は運転がへたか、常識はずれの運転をする危険な車と見て、できるだけ近寄らないようにすべきです。
・・・車内に必要以上の飾り(花や人形)のある車。そのほとんどが車をよく知らない、へたなドライバーです。
・・・ハンドルにしがみついて運転している車。老人や女性に多いのですが、モタモタしているわりに信号無視等を平気でやります。
   (以上、3枚目画像ページから抜粋)

 こんな感じで安全運転の心得を説明したうえで、スポーティードライビングの解説が始まります。

 ドリフトの方法を図解入りで説明したかと思えば、『この方法は1歩違えればスピンの状態ですから一般公道では絶対に使ってはいけません。』と注意書きしているところなど、思わず“そんなら書かなきゃいいでしょっ!”って突っ込みたくなってきますね。

 さて、本題、最後の画像のページで、“ヒールアンドトウ”の方法がとても詳しく解説されています。エンジン回転数とシフト位置と両足の動かし方が段階ごとに図示されていてとても分かりやすい解説ですね。『直進状態、160km/hのスピードでコロナマーク2・2000GSSがカーブに近づくとする』といういかにも交通法規を完全に無視した前提条件がしびれます。
 私は“ヒールアンドトウ”ができませんので、この解説を読んでもあまりピンときませんが、ステップ6で説明されているように、“安全に走行するためにも大いに有効”だそうですから、興味のある方は“ふだんから練習して身に付けて”おいたほうが良いのかもしれませんね。

 こんな取扱書がクルマの取説と一緒に添付されていた時代があったなんて、今の感覚からすると想像もできませんね。きっとこの取扱書を読んで、時速160キロでカーブに近づき“ヒールアンドトウ”を試みた方や、一般公道でドリフトを試み、一歩違えてスピンした方も多かったことと思います。まあ古き良き時代ってところですかね。

 ところでこの取扱書、2枚目画像ページの“はじめに”の文面の中に、“味”という言葉が出てきます。豊田章男氏が社長になられてからよく聞くようになった言葉ですが、章男社長のクルマの師匠である成瀬弘氏が強調されていた言葉ですね。
 残念なことに成瀬氏は先日ニュルでレクサスLFAのテスト走行中に事故で帰らぬ人となってしまいました。謹んでご冥福をお祈りするとともに、ぜひ成瀬氏が強調されておられた“味”のあるスポーティーカーをどんどん開発してほしいと願っています。
 “スポーツカー冬の時代”の現代ですが、きっと成瀬氏は若者が憧れるような“味”のあるスポーツカーをトヨタから出すことを最も願っておられた方だと思いますから・・・。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/07/13 11:19 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(4)

旧車・トヨタ・スプリンター(TE60/KE60型) 

100429a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100429a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1974年にトヨタから発売された3代目スプリンターです。この代のスプリンターは当初30型カローラに対して40型スプリンターという型式で発表されましたが、排ガス規制の関係でエンジンが改良され、カローラが30型から50型へ、スプリンターが40型から60型へ型式変更されました。型式は変わりましたが、スタイルは変わっていませんので、40型と60型、どちらも3代目スプリンターです。このカタログは1977年のトヨタオート店総合カタログなので、掲載されているスプリンターは全て60型です。
 もともとカローラのクーペ版として登場したカローラ・スプリンターがスプリンターの始まり。その後スプリンターという独立した車種となり、スプリンターにセダンを追加、カローラにはクーペを追加、それぞれが様々なボディバリエーションを揃え、姉妹車としてモデルチェンジを繰り返していきました。トヨタはこんな形で車種をどんどん増やしていくパターンが多かったですね。
 さて、先日最終型のスプリンタートレノを個人的に最もカッコいいと思っているトレノだということで紹介しました。あくまでも個人的な好みなのですが、歴代で最もカッコ悪いと思っているトレノがこの代のトレノです。
 当時このスプリンタートレノを見て、整形手術に失敗したフェアレディZのようだと思っていました。当時のZ(S30型)で前を走っている車のオカマを掘っちゃうときっとこのトレノみたいになるんだろうなと考えていた記憶があります。久しぶりにこのスプリンタートレノの姿を見ても、やっぱりカッコいいとは思えませんね。現在の感覚では、中国メーカーがフェアレディZを真似てスポーツカーを造るとこのトレノのようになるんだろうなあと思えてしまいます。
 個人的な好みの話は別として、この時代はトレノだけでなく、クルマ全般に厳しい時代でした。大気汚染問題が表面化し、排出ガス規制が年々強化され、メーカーはその対応に追われていた時期でした。現にこのトレノも最初のTE47型が出てからすぐに生産中止に追い込まれ、1年ほどの空白期間をおいた後にTE61型が誕生、さらに1年後、再度厳しくなった規制に合わせたTE65型へと変更されました。ある意味とてもかわいそうな時代のスポーツカーですね。

 それぞれの時代における問題点を解決しながら進歩してきたクルマたち。当時20年後にスプリンタートレノがあれほどカッコよくなっているとは(最終型のことです)考えもしませんでしたが、それを最後に消滅するとはもっと考えていませんでした。
 そういえばこのトヨタオートのカタログに載っている車で、現在残っているのは商用車のタウンエースとライトエースのみ、乗用車は全て消滅してしまいましたね。それに「トヨタオート」という販売店名自体もなくなってしまいました。若者向けという位置付けで始まった「トヨタオート店」は現在「ネッツ店」となっていますが、「若者のクルマ離れ」の時代、どんな展開をしていくのか楽しみですね。

スプリンタークーペ・トレノGT(TE61型)
全長×全幅×全高 : 4070×1615×1310mm
ホイールベース : 2370mm
車両重量 : 955kg
エンジン : 直4DOHC 1588cc 110PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/04/29 11:29 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(8)

旧車・トヨタ・ライトエースワゴン(M20型) 

100308a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a06.jpg
(画像クリックで拡大)

100308a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1979年にトヨタから発売された2代目ライトエース・ワゴン(M20型)です。初代から大きく変わったわけではありませんが、商用車っぽさがクルマ全体から感じられた初代に比べると、いくぶんかは洗練されたワゴン車に見えないこともありませんね。
 当時はまだ現在のようなミニバン全盛時代ではありませんでしたから、メーカーとしてもワンボックス乗用車の新しい可能性を模索していた時代でした。『ワゴン脚光。』『セダンを捉えた。』『ワゴン万能。』『ワゴンならできる。』『待望、ニュービークル。』・・・ずいぶんインパクトのあるワゴン賛歌のキャッチコピーが並んでいますね。『ワゴン脚光。』のページにも書かれているように、当時は『カーライフそのものが、いま大きく変貌しようとしている。』時代だったようです。現在もクルマ社会が大きく変貌しようとしていますので、結局のところ常に変貌し続けているんですね。
 さて、この2代目ライトエース・ワゴンの大きなセールスポイントはセダンのようにフロアシフト車を設定したことです。まだMTが主流でしたから、どうしてもシフトワークは運転の重要な位置を占めます。コラムシフトだとトラックを運転しているような感覚がしたのは事実ですので、この変更はライトエースに乗用車のイメージを持たせるためにはかなり有用だったと思います。
 この時期、他のワンボックスワゴンもフロアシフトを設定する車種が増えていましたが、その後、ATがほとんどを占めるようになってからはまたコラムシフトに戻っていきましたね。現在ではほぼ例外なくミニバンはコラムシフトかインパネシフトになっています。まあ「シフト」と言ってもATの場合セレクターレバー、つまり電気的なスイッチだけですからどこに付いていてもあまり運転感覚には影響ありませんけどね。最新のメルセデス・ベンツの上級車は知らない人が見たらウインカーのスイッチにしか見えないATレバーです。プリウスのATセレクターレバーも既に「レバー」である必要性がないようなものになっていますから、近い将来、ボタンになるかもしれませんね。
 メーカーがこのライトエース・ワゴンのように「新しいカーライフ」を提案したことが実を結び、現在のようなミニバン全盛の時代がやってきました。軽ミニバンからアルファードのような高級ミニバンまで、おそらく当時提案していた新しいカーライフを多くの方が実現しえたことと思います。さてこれからは?

 先日、知り合いの大工さんがエスティマ・ハイブリットを購入しました。購入理由はスタイルでも走行性能でもなく、「1500Wまで使えるACコンセントがあるから」だそうです。仮設電気が用意できていない現場で作業するときにずいぶん重宝するとのこと。
 新しい技術によって「新しいカーライフ」はまだまだいろいろな形で生まれてきそうですね。

ライトエース・ワゴン・ハイルーフGXL(TM20G型)
全長×全幅×全高 : 3940×1625×1950mm
ホイールベース : 2080mm
車両重量 : 1410kg
エンジン : 直4OHV 1770cc 92PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/03/08 13:14 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(8)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。