FC2ブログ

旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・パルサー(N14型) 

120831a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120831a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された4代目パルサー(N14型)です。4代目パルサーといえば3ドアハッチのホットモデル、GTI-Rの精悍な姿がすぐに頭に浮かびますが、このカタログは脇役ともいえる4ドアセダンと5ドアハッチ(セダン)のもの、ページをめくっていても結構地味な内容のカタログです。

 さて、この4代目パルサー、顔だけ見ればプリメーラとまったく区別が付きません。当時、いろいろな意味でプリメーラが話題となっており、またスタイルもセダンとしてとてもバランスが取れていましたから、同じ年に発売されたこのパルサーのセダンを見ると、どうも後ろ半分が不自然に見えてしまいました。これが3ドアハッチのパルサーだととてもバランスよく見えましたから人間の感覚って不思議なものですね。まあ、メーカーとしてもパルサーのメインは3ドアハッチと考えていたようで、CM等での露出もいちばん3ドアが多かったような気がしますので、その影響もあるのかもしれませんね。

 ところで、このパルサーの5ドアハッチ、カタログで「5ドアセダン」と記載されているように、セダンのイメージの延長線上にある5ドアハッチバックですね。同時期のクルマではコロナSFやスプリンターシエロもこの系統だと思います。同じパルサーの5ドアハッチでも、次の代のN15型はショートステーションワゴンというような感じの5ドアハッチバックになっていますね。

 一口に5ドアハッチと言ってもいろいろなパターンがあり、現行車種で言えばN14型パルサーのパターンがアテンザやプリウス等、N15型のパターンはインプレッサやアクセラ等ですね。それに加えて現在売れ筋のコンパクトカーはほとんどが「ショート・ハイト・ステーションワゴン」というようなパターンの5ドアハッチです。

 1965年に日本で初めてアローラインコロナの5ドアセダンとして5ドアハッチバックが登場して以来、各メーカーからいろいろな車種が出されましたが、5ドアハッチのクルマが人気車種となることはまずありませんでした。ところが現在は、基本的に販売されているクルマの大半がパターンの違いこそあれ、5ドアハッチバックのクルマです。時代も変わったものですね。

パルサー・5ドアセダン・GTI(HN14型)
全長×全幅×全高 : 4145×1670×1385mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/31 16:36 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(8)

旧型車・日産・ステージア(WGNC34型他) 

120812a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120812a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に日産から発売された初代ステージア(WGNC34型他)です。とってもわかりやすい型式が付けられているように、7代目ローレル(C34型)をベースとしたステーションワゴン(WGN)ですね。ローレルはスカイラインともプラットフォームが同じでしたから、この時期はクーペからステーションワゴンに至るまで、あらゆるボディタイプで直6フィーリングを堪能できた良い時代でしたね。当時、それからほんの数年間で、すっかり直6がV6に置き換えられるなんて想像もしていませんでした。先のことは本当にわからないものですね。

 さて、この初代ステージア、初めてこのクルマを見たときの第一印象は、『日産のボルボ』でした。ボルボというのはもちろんボルボ850エステートのことで、直線的なスタイル、長いリアオーバーハングと垂直に近い角度のお尻が自分の中のボルボのイメージと完全に一致していました。なぜか自分の中では“ボルボのエステートは赤”というイメージがあるので、現在改めてこのカタログを見ても、赤のステージアはボルボに見えてしまいます。

 ところで、6気筒といえば、とあるドイツの高級車メーカーの代名詞で、「シルキーシックス」という言葉まで生まれているぐらいに、その滑らかさが特徴とされていますが、実際のところ、4気筒と6気筒の違いというのは、一般的にいかほどのものかという疑問が出てきますね。

 あくまでも個人的な感覚ですが、4気筒と6気筒の違いって、確かにありますね。最近の4気筒のエンジンはとてもスムーズで特に気になる振動があるわけではありませんが、やはり6気筒のエンジンとの差は感じます。

 ちょっと話が飛びますがご了承を。私はスポーツマンでもなんでもありませんが、子供の頃、縄跳びだけは得意でした。二重跳びも三重跳びも、何回跳べるというレベルではなく、どちらも体力が続く限り跳べるというレベルでした。縄跳びって、運動神経よりもリズムの問題で、二重跳びは一度跳び上がる間に「トン、トン」と二回縄を回す、三重跳びは「トン、トン、トン」と三回縄を回す、それだけの違いなんですよね。

 体育の時間に活躍することなど滅多にない私でしたが、縄跳びの時間だけは模範演技をクラスのみんなの前でしていました。当然三重跳びは二重跳びよりも短時間で高く跳びあがりますので、端から見ていると、三重跳びをしている私は卵の殻に入っているようだと言われた記憶があります。縄が卵の殻に見えるぐらい滑らかに残像を残していたんでしょうね。

 話をクルマに戻します。直6エンジンの場合、エンジンの軸が1回転する間にどこかの気筒で3回の爆発が起こります。直4エンジンの場合はその爆発が2回です。ちょっと縄跳びの例えは適切ではなかったのかもしれませんが、二重跳び、三重跳び、ともにできる方にはこの例えの意味がわかっていただけることと思います。「トン、トン」と「トン、トン、トン」、縄の軌跡の見え方(滑らかさ)はまったく違いますからね。

 直6の魅力はさておき、このステージア、カタログでも紹介されているように、“ゾーンボディコンセプト”なる概念の元、前後のオーバーハングをかなり多めに取ってあり、全長4.8mという大柄な車体をまとっています。昔、私の知人がこのステージアの後部に突っ込み、亡くなられました。幸いなことにステージアに乗られていた方は“ゾーンボディコンセプト”のクラッシャブルゾーンのおかげで無傷でした。

 ステージアの異様に長いリアオーバーハングを見るたびに、その事故を思い出すと同時に、最近のコンパクトカーに毛が生えた程度の車体に3列シートを詰め込んだクルマの安全性に疑問を感じてしまいます。3列目に乗り、ちょっと後ろを振り返ったら額がリアウインドウに当たってしまうクルマって、販売して良いのでしょうかね?どこもかしこもリストラ、リストラ、残った社員は激務を強いられ半ば居眠り運転での営業活動が常態化、こんな時代においては、前方のクラッシャブルゾーンよりも、後方のクラッシャブルゾーンを確保したほうがよいと思うんですがね、例えば、このステージアのように。

ステージア・25X(WGC34型)
全長×全幅×全高 : 4800×1755×1490mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1470kg
エンジン : 直6DOHC 2498cc 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/12 09:57 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(15)

旧車・日産・シーマ(FGY32型) 

120428a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120428a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に日産から発売された2代目シーマ(FGY32型)です。1988年に『きっと新しいビッグカーの時代が来る』というキャッチフレーズとともに登場して『シーマ現象』なる言葉まで生まれるほどの社会現象となった大ヒットカーの新型として登場しました。初代の面影があるといえばあるし、ないといえばないようなデザインの高級車ですね。

 バブル景気という時代背景もあり、『新しいビッグカー』として大成功を収めた初代シーマが誕生してから、そのブームに乗るべくトヨタのセルシオを始めとして各社から『新しいビッグカー』が誕生しました。初代シーマのキャッチフレーズの通り、本当に『新しいビッグカーの時代』が来たんですね。

 後発の他社製ビッグカーはそのどれもが初代シーマよりも『ビッグカー』でしたので、日産が焦ったのかどうかはわかりませんが、この2代目シーマは、「プラス100ccの余裕」という、昔どこぞのメーカーが使っていたキャッチフレーズと同様の大排気量エンジンが搭載されました。まあ初代カローラが「プラス100ccの余裕」といっていたころは1Lに対して1.1Lのことでしたが、4Lに対して4.1Lになったところで下々にはその差なんてよくわかりませんけどね。

 さて、この2代目シーマ、個人的にはあまり強い印象は残っていません。初代が強烈な印象を残し、この2代目が出る前に日産からはさらに上級のインフィニティQ45なる高級車が発売されました。そしてシーマがモデルチェンジをした2年後にセドリック/グロリアがY32型となり、その姿が2代目シーマとそっくりでした。クルマとしてはきっとすばらしかったんでしょうが、なんだか記憶にはあまり残らないクルマでしたね。

 ところで、4代目にていったん打ち止めになっていた日産シーマ、5代目が誕生するみたいですね。なんでもハイブリット専用車で、三菱自工にもOEM供給されるとのこと。日産のHPでスタイルやスペックを確認してみましたが、個人的な印象では、この2代目シーマと意味合いがよく似ているような気がします。フーガとシーマが並んでいたらどちらがフーガでどちらがシーマかはよくわかりませんね。そもそも現行フーガがでかすぎるのに、それよりも大きなフーガのロングホイールベース版を発売するっていう感じですね。

 『きっと新しいビッグカーの時代が来る』というのはこういうことだったんでしょうかね。新型シーマの記事を読んだら、なんだかシャープが国内最大級の80型テレビを発売するという記事とダブっているように思えてしまいました。80型テレビって、どんなお宅の方が購入されるんでしょうかね?横幅1.8mほどあるそうです。畳と一緒ですね。うちはおそらく世間一般からするとかなり大きな家屋ですが、80型テレビを置く場所はありません。『新しいビッグカーの時代』というのも、概念をもう一度考え直さないといけないような気がしています。クラウンクラスの車体で排気量660cc、加速は3000ccと同等、カタログ燃費でなく実燃費が25km/l、こんなクルマが『新しいビッグカー』の定義となるような風潮になってほしいものですね。

---本文ここまで。以下番外編---

 最近、町内の雑用や農作業、おまけに6年ほど使っていたメインのデスクトップパソコンが急に壊れてしまった、ということが重なり、ちょっとてんてこ舞いしています。カタログをスキャンしたりこのブログを書いていたパソコンが壊れてしまったので、急遽、価格コムで調べたとても安価な東芝のノートPCを購入しました。購入金額39,900円、サテライトB551という機種で、ウインドウズ7プロフェッショナル搭載のビジネスノートPCです。余分なソフトは付いていませんが、インテルのCore i3搭載の結構使える機械です。マイクロソフトのHPからダウンロード版のウインドウズ7プロを購入すると39,690円、ウインドウズ7プロ搭載の最新ノートPCを購入すると39,900円。うーん、なんだか世の中の仕組みがわからなくなってきました。ちなみにこのPC、今年の2月に発売されたばかりのもので、メーカー希望小売価格は20万円強のものらしいです。旧型の在庫処分ならともかく、なんでこういう仕組みになっているんでしょうかね?
 まあ、何はともあれ、今までスキャンしたカタログデータは壊れてしまったデスクトップPCのHDDから無事抽出することができました。これが一番気になっていたんですよね。元データはブログにアップしている拡大画像の4倍ほどの大きさ、それを縮小して拡大画像として使っています。これまでスキャンしたのは何百冊にもなりますから、そのデータがPC故障と同時に消滅してしまったら泣くに泣けません。定期的に外付けHDDやDVDにバックアップは取っていましたが、PCって、壊れるときには急に壊れるんですね。IT社会の脆弱さを実感したここ2週間ほどでした。皆様も交通事故に気をつけると同時に、くれぐれもPCデータのバックアップは定期的に行うようにしてください。私が使っていたデスクトップPCというのは、耐久性を重視してサーバー用途として使う機種を選んでいましたが、このざまです。
 カタログデータ抽出は何とかできたけど、次は弥生会計のデータを抽出せねば!と日々奮闘しております。

---番外編、終わり---

シーマ・リミテッド(FGY32型)
全長×全幅×全高 : 4945×1780×1435mm
ホイールベース : 2815mm
車両重量 : 1730kg
エンジン : V8DOHC 4130cc 270PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/04/28 20:32 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(12)

旧型車・日産・ミストラル(R20型) 

120323a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120323a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年に日産から発売されたミストラル(R20型)です。このクルマはスペインで生産され、ヨーロッパでは1993年からテラノ2として販売されていたクルマが、国内で輸入販売されたものです。きっと当時のRVブームに乗っかるためにはタマ数が多いほうがよいという考えで国内販売に踏み切ったんでしょうね。

 さて、この日産ミストラル、ボテッとして締りがなく、言っちゃ悪いですがあまりカッコよくないですね。ヨーロッパではこういうのが受けるのかも知れませんが、個人的にはちょっと受け付けないデザインでした。RVブームだった当時、パジェロやサーフには及びませんでしたが、日産にはテラノがあり、それなりに存在感を示していたような記憶があります。

 そこへちょっと微妙なスタイルのミストラルを投入、なんだかこのクルマ、私にとっては日産の四駆というよりも、当時何種類かあったいすゞの変り種RVの1台というような感覚でした。このカタログは国内販売された当初のものですが、ミストラルは後にマイナーチェンジされて丸型ヘッドライトに変更されます。丸目となったミストラルはさらに締りがなくなり、案の定、国内販売は終了してしまいましたね。

 国内での販売が終了した後も、ヨーロッパでは販売が続けられました。やっぱりデザインの好みというのは国、地域によって異なるものなんですね。

 今後、日本メーカーだけではなく、世界各国の自動車メーカーが『世界戦略車』という形でクルマを販売していくことが主流となっていくと思います。ポルシェやフェラーリ等は、そのとんがった個性自体が『世界戦略』なのでポルシェらしさ、フェラーリらしさがより増していくでしょうね。ベンツやBMWもどちらかといえばその系統ですので、より“らしさ”が増していくと思います。

 大変なのは個性自体が『世界戦略』とならないメーカーです。こちらはどの地域でもある程度受け入れられるように無難な線でまとめなくてはならないので、“らしさ”がどんどん減っていきます。ミストラルが受け入れられる地域と受け入れられない地域の双方でそれなりに成功するラインって、かなり難しいような気がします。

 日産マーチに三菱ミラージュ、あの手のクルマをいかに低コストで世界中にばら撒くか、ということが自動車メーカーの主要課題となるのであれば、近い将来には中国やインドの自動車メーカーが世界中を席捲しそうですね。今以上に高級車と大衆車の差が開き、極端に二極化したクルマ社会。まあそれはそれで面白そうですね。もちろん私が乗るのは大衆車のほうですが・・・。

日産・ミストラル・Type X(Y-R20型)
全長×全幅×全高 : 4675×1755×1805mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1910kg
エンジン : 直4OHVディーゼルターボ 2663cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/03/23 16:55 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・サニー(B13型) 

111216a01.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a02.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a03.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a04.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a05.jpg
(画像クリックで拡大)

111216a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年に日産から発売された7代目サニー(B13型)です。先代のB12型トラッド・サニー同様、極めてオーソドックスな3ボックススタイルのセダンで、全体的に丸みと上質感が備わったとはいえ、クルマ全体から大衆車オーラをプンプン醸し出しています。今人気の可愛らしい顔した片づけコンサルタントのお嬢さんだったら、ニコッと笑いながら“ときめかないので、ありがとう!って言って捨てましょうね!”と言いそうなぐらい平凡なスタイルですね。まあ個人的にはこの平凡さが結構好きでしたが。

 さて、このB13型サニー、ご存知の方も多いと思いますが、日産の公式HPにも掲載されている通り、実は立派な現行車種です。現在もメキシコでは「Tsuru(鶴)」として製造販売されており、タクシー市場では大半を占めているほど一般的なクルマとなっているそうです。

 以下、日産公式HPから引用
 『「ツル」は25年以上にわたってメキシコ市場で販売されているコンパクトサイズのセダンで、同市場では15年間連続、サブコンパクトカーセグメントのリーダーに君臨しています。・・・』とのこと。

 “鶴は千年、亀は万年”という言葉があるように、鶴は長寿の象徴とされていますが、日産のTsuruもなかなか長寿モデルですね。現在国内ではこういう古典的な3ボックススタイルのコンパクトセダンがなくなってしまいましたので、右ハンドル仕様の鶴が輸入されたら意外と受けるかもしれません。今主流の2ボックスコンパクトカーのスタイルはどうも好きになれない、しかし大きなセダンもいらない、という中高年世代にとってはジャストフィットのような気がします。もちろん車名は漢字で『鶴』、有料色のホワイトパールを標準色として用意すれば、いかにも長生きできそうな縁起のよいクルマになります。年金が当てにできないこれから高齢者になる世代にとってはとてもありがたい存在になりそうですね。

 ところでこのサニー、当時の国内版B13型サニーを始めて見たときも、現在のメキシコ版Tsuruの写真を始めて見たときも、個人的には「ときめき」はまったく感じませんでした。しかしこういうクルマはときめきを感じない代わりに飽きも来ないので長く乗るにはいいなぁと思います。

 冒頭で例え話として出した『片づけの魔法』ですが、ページをめくってもときめかないカタログを片っ端から捨てていたら、うちの倉庫はずいぶんすっきりしますが、このブログを書くことは出来なくなっていました。ブログを書くことによって結構私自身人生がときめいていますので、『人生がときめく片づけの魔法』というのも人によりけりですね。

 きっとこのサニーや私の旧車カタログのように、ときめかないけど捨てなかったおかげで人生にときめきをもたらしてくれる物というのも存在していると思いますよ。あっ、もう捨ててしまったから手遅れでしたかっ!

サニー1500・スーパーサルーン(B13型)
全長×全幅×全高 : 4210×1670×1375mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1497cc 94PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/12/16 10:55 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。