旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・カローラバン(E100V型系) 

140404a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売されたカローラバン(E100V型系)です。最近ではすっかりプロボックスがライトバンとして定着してきましたが、それ以前はライトバンといえばカローラバンが定番で、この最後のカローラバンもあらゆる業種の至るところで使われていましたね。まさに働くクルマの代名詞のような存在でした。

 さて、このカローラバン、手頃な大きさで下駄代わりにどんな道でも入って行けて、そのうえ酷使してもほとんど壊れることなく耐久性も申し分なし、たまに高速道路を走れば信じられないスピードで追い越していくのもこのカローラバン、様々なシーンで働く人々をサポートしていた素晴らしいクルマでした。

 昔、交差点で信号待ちをしていたときに後ろから追突されたのもこのカローラバン。ルームミラーで後ろを見ていると、ちょっと減速具合が怪しいと思っていたので身構えていたら案の定、ドカン!幸いそれほどのスピードではなかったのでバンパーに少々傷が付いただけでしたし、私も取引先へ行く途中だったため、名刺だけ預かってすぐにその場を立ち去りましたが、そのカローラバンも限りなく無傷でしたから、少々の事故ももみ消してしまうぐらいの営業センスも持ち合わせていましたね。

 思えばこの最後のカローラバン、世の中の労働環境がどんどん悪くなっていった時代に、社員ともども酷使され続けたライトバンでしたね。高速を猛スピードですっ飛ばすのも無理なスケジュールを強要されてしまうサラリーマンの足として使われたため、信号待ちのクルマに突っ込んでしまうのも、無理なノルマの達成方法を考えているうちに注意力が散漫となってしまったため。

 きっとこのカローラバンを運転しながらリストラされた後のことを漠然と考えたり、このカローラバンの中で鬱になりそうな自分を何とか抑えながら気分転換のタバコをふかしておられた方も多いんでしょうね。今でもたまに街で見かけますが、この最後のカローラバンを見るとなんだか疲れ果てたサラリーマンの姿が自然と連想されてしまいます。

 世の中、一部では少し景気が良くなってきているという話も聞きますが、相変わらず疲れ果てているように見えますね。消費税が上がり、ガソリンはさらに上がり、駆け込み需要の反動が表面化するであろうこれからの時期、いったいどうなることやら。まあ貧乏農家の私にはそれらはほとんど関係ないことで、これからの季節、作物の成長を毎日見ていられる時期なので懐は別として気持ちだけは明るくなります。「春」ぐらい明るい気持ちで過ごしたいものですね。


----- 以下、雑談 -----

先日、高校時代の友人から連絡があり、なんでも同窓会の準備を進めているらしいとのこと。卒業してウン十年経っていますが、同窓会の話なんて初めてです。懐かしいなぁ~と思いつつ、いろいろ話を聞いてみると、なんと幹事となっているらしい中心メンバーのうちの2人は、20年近く前、私に洗剤や鍋で有名なあの会社のビジネスとやらを誘ってきた人でした。
当時、地元の一流国立大の大学院まで出て、さらに地元では誰もが羨む職場に就職していたにも関わらず「一緒に成功を!」とか「一緒に夢を!」とか目をキラキラさせて語りかけてきた彼らを見てショックを受けたと同時に、とても気持ち悪く感じたものでした。
あれってまだあったんでしょうかね?もういい歳になっている彼らが今もあんなことを続けているとは思いませんが、もし辞めているとしても、過去にマルチ商法の誘いをした人たちに同窓会の連絡なんてできるんだろうかと疑問を感じています。
まあ、もし今も続けていてその関連の行為であるのなら、既に断っている私に対して正式には連絡が来ないでしょうからその時点ではっきりしますね。
ちなみに「一緒に成功を!」と誘われたときには、「僕の考える成功はお金では買えないから君達とは一緒に成功できない」というような意味で断ったような記憶があります。お金には上限がないからお金をたくさん稼ぐことを成功と考えると、一生成功しないんですよね。
今、頭の中には柏原芳恵さんの『春なのに』がリピートしています。「春なのに、お別れですか、春なのに、涙がこぼれます、春なのに、春なのに、ため息またひとつ」

----- 雑談、終わり -----

カローラバン 1.5GL (E103V型)
全長×全幅×全高 : 4265×1685×1435mm
ホイールベース : 2465mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/04/03 15:38 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(4)

旧型車・トヨタ・プリウス(NHW10型) 

130326a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130326a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1997年にトヨタから発売された初代プリウス(NHW10型)です。皆様ご存知の通り、世界初の量産ハイブリット車で、構造もスタイルもインテリアも全てが当時の常識とは一線を画した「未来のクルマ」として、「21世紀に間にあいました」。当時、有名なハリウッドスターが自身の環境意識をアピールするためにプリウスを購入していたということでも話題になりましたね。

 さて、この初代プリウス、ハリウッドスターではありませんが私の身近でも、うちに出入りしているがめつい坊主が法事の折、これに乗って現れました。高尚な説教と自身の行動がまったく合致していないことで有名な坊主ですが、自身の似非環境意識をアピールするために檀家から巻き上げた金で決して安くはないプリウスを購入したんでしょうね。その坊主、先代は本当に人格者でカブに乗って檀家を回られていたのですが、どら息子に代わってからは寄付の話ばかり。ムカつくから今ではできるだけ早く説教を切り上げさせるように仕向けています。

 それにしても、初代プリウスが登場したときには、10数年後に街がプリウスだらけになっているなんて想像もできませんでしたね。正確に言うと、3代目登場時にトヨタの思い切った価格戦略とエコカー補助金が相俟って爆発的に普及したのですが、現状のプリウスだらけの道路を見ていると、あれはエコカー補助金ではなく「プリウス補助金」だったのではないかと思ってしまうほどですね。

 初代プリウスは年間販売台数が1万から2万台程度、現在は月に2~3万台程度、まったく世の中わからないものですね。少なくとも日本においてはクルマ=プリウスのような図式になってしまっています。良いか悪いかは別として、「エコカーとは何か?」という問いに対する多くの方々の解は、ハイブリットのプリウスだったんですね。もっとも、確かに今のプリウスは良く出来ていますからね。

 初代プリウスが誕生してから15年が過ぎ、今や珍しくもなんともないハイブリット車はその選択肢をどんどん増やしています。やがてさらに進んだプラグインハイブリット車もごく普通の存在となり、新たなエコカーも登場してくるんでしょうね。「22世紀に間にあいました」というキャッチフレーズで登場するのはどんなクルマなんでしょうね。私が見ることはまず無理ですが、もしその頃にまだ4つのタイヤで走る乗り物が存在しているのなら、一度あの世から戻って見てみたいものですね。

----- 以下、余談 -----

130326.jpg

 この写真、私の愛車です。この一年、地域の組合の役員をやっていたこともあり、かなりこの自転車で走り回りました。数年前の購入時は片側スタンドで荷台無しだったのですが、今年は荷物を運ぶ機会も多かったので両立スタンドと荷台を取り付けました。「エコカーとは何か?」への個人的な解は、「今あるクルマを末永く大切に使い、自転車で済ませられる用件にはクルマを使わない」ということに落ち着きました。
 一年間、雑用に振り回されましたが先日引継ぎも終わり、やっと開放されました。いろいろと大変でしたが、近場の足としての自転車の有用性を再認識することができたので個人的にはとても良かったと思います。
 「エコカーとは何か?」の解は人それぞれ異なると思いますので、一度自分自身のライフスタイルを振り返り、自分なりの解を考えてみるのも良いかもしれませんね。

----- 余談終わり -----

プリウス(NHW10型)
全長×全幅×全高 : 4275×1695×1490mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1240kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 58PS
モーター : 交流同期電動機 30.0kW

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/03/26 14:36 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(7)

旧型車・トヨタ・カルディナバン(T190V型) 

120923a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120923a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売されたカルディナバン(T190V型)です。コロナバンとカリーナバンが統合される形で世に出されました。ステーションワゴンのほうはモデルチェンジされていきましたが、このバンについてはサクシードが誕生した2002年まで販売されましたので、まだ街中でちょくちょく見かけることがありますね。

 さて、このカルディナバン、カローラバンと並んでトヨタ車の中では最後まで生き残った乗用車の名を冠する商用バンですね。現在のプロボックスとサクシードはどちらも乗用ワゴンも用意されているとはいえ、もともとは商用バンとして設計されたものです。さらにこの2台、微妙に相違点はありますが、基本的にほとんど同じ姉妹車です。パブリカバンからクラウンバンまで豊富なラインナップを誇っていたトヨタのライトバンも現在はプロボックス/サクシードのみになってしまったんですね。

 さらに他社を見ても、OEMによる様々な車名が付けられているとはいえ、実質は日産のADバンしかありません。自動車産業黎明期の主役だったライトバンも現在は事実上2車種のみになってしまったんですね。

 昔のライトバンのカタログを見ていると、洋服店、花屋さん、電気屋さん等々、様々な商店でそのライトバンが活躍しているカットが多用されており、その当時の人々の暮らしの様子がとてもよくわかって面白いものでした。ところがこのカルディナバンのカタログには人々の働く姿はどこにも写っていません。『失われた20年』に突入した頃ですので撮影費用が確保できなかったからなのかもしれませんが、商用車のカタログとしてはちょっと面白みに欠けますね。

 書いていてちょっと気付きました。そういえば昔のライトバンのカタログに写っていたような商店って、今ほとんどなくなってしまいましたね。うちの近所の商店街も完全なシャッター街になっており、子供の頃の賑やかだった面影は現在まったくありません。その代わりに発展してきたのが巨大なイオンのショッピングセンター、ヤマダ電機やエディオン等の大型家電量販店、全国区のホームセンター等です。昔賑やかだったライトバンのラインナップが2車種に統合されてしまった状況となんだか通じるものがありそうですね。

 現在ライトバンを製造しているこの2社、実は「高級セダン」と呼ばれるクルマを生産しているのも現状ではこの2社しかないんですよね。クルマだけでなくあらゆる分野で急速に進んでいる合理化・統廃合の波、この流れって本当に人々の生活にとって良いことなのでしょうかね?

カルディナバン・1500UX(T196V型)
全長×全幅×全高 : 4545×1695×1425mm
ホイールベース : 2580mm
車両重量 : 1070kg
最大積載量 : 500kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/09/23 16:47 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(8)

旧型車・トヨタ・セプター(VCV15W型) 

120909a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120909a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売されたセプター(VCV15W型)です。このカタログはいちばん最初に販売が開始されたステーションワゴンのもの、後にセダンとクーペも追加されましたが、このカタログで紹介されているステーションワゴン以外はあまり街でも見かけませんでしたね。

 さて、このセプターステーションワゴン、カタログでも『ステーションワゴンの国でつくりました。』と紹介されているように、米国で生産され、日本に逆輸入されたクルマです。大柄な車体といかにも米国人受けしそうなデザインは、米国の大きな住宅のガレージにとても似合いそうですね。休日には郊外のショッピングセンターに出かけてカートから溢れんばかりの買い物をし、満載のカートからセプターの荷室に荷物を積み込んでいる情景が目に浮かんでくるようです。

 ところが、これが日本のライフスタイルだとなかなかしっくり来ないんですよね。昔、お隣さんがこのセプターステーションワゴンに乗られていました。うちの近所は田舎なのでどのお宅も米国の住宅に負けないぐらい広い敷地があります。そして大柄なセプターでも十分余裕を持って停められる車庫もたいていどのお宅にもあります。しかし、なぜかお隣さんのセプターは浮いていました。

 まあ理由は単純明快で、このあたりのお宅の車庫というのはほとんどが玉葱を吊るしてありますし、軽トラも停めてありますし、トラクターや耕運機等の農機具等も置かれています。だいたいどのお宅も「農作業場兼車庫」になっているんですね。地域によって違いはあるかもしれませんが、この地域では、昔の「馬小屋」が現在そのような「農作業場兼車庫」になっています。純和風の空間にアメリカンスタイルはちょっと馴染まないようですね。

 車庫に馴染むかどうかは別として、このセプターステーションワゴン、いざというときには7人乗れるという点はいいですね。まあ後ろ向きに乗車するサードシートの乗り心地はあまり期待できないとは思いますが、巷に溢れているミニバンの3列目はどれもあまり快適だとは思えません。それならばこれぐらい割り切ったサードシートのほうが普段の使い勝手が向上するかもしれませんね。

セプター・ステーションワゴン・3.0G(VCV15W型)
全長×全幅×全高 : 4820×1770×1475mm
ホイールベース : 2620mm
車両重量 : 1610kg
エンジン : V6DOHC 2958cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/09/09 16:59 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)

旧型車・トヨタ・ソアラ(Z30型) 

120819a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120819a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売された3代目ソアラ(Z30型)です。同時期の他の高級車同様、ソアラも先代からサイズも排気量も一回り大きくなり、価格は二回りぐらい高くなりました。まさにバブリー高級車の代表的な1台でしたね。ソアラは初代、2代目ともに確かに高級車ではありましたが、一生懸命働けば下位グレードぐらいには手が届く程度のクルマでした。しかしながらこの3代目、私の記憶では下位グレードでも300万オーバー、最上級グレードに至っては確か700万オーバーというふざけた価格が付けられていたと思います。こうなると欲しいという欲望すら湧かなくなりますから不思議なものですね。

 さて、この3代目ソアラ、全身にバブリーな衣をふんだんにまとって登場しましたが、時代は右肩上がりではなく右肩下がりに突入、折からのクーペ不振も手伝って販売はあまり芳しいものではなかったようですね。普通の感覚では販売に苦戦したら苦戦の原因を軌道修正してフルモデルチェンジし、次の代で巻き返しを図るような気がするのですが、このソアラ、次の代はバブリー度にさらに磨きをかけ、高級ブランド、レクサスの一員として販売されることになりましたね。案の定、消滅していきましたが、貧乏人の私にはソアラを買う側の感覚、そして造る側の感覚のどちらもが理解できません。きっとセレブな方は貧乏人とは異なる思考回路をお持ちなんでしょうね。

 3代目ソアラの豪華絢爛なスタイルと古き良きバブリー時代を思い出したところで、今、巷で話題になっているウルグアイのムヒカ大統領が6月のリオ+20で行った演説を聞いてみましょう。



 彼のスピーチに賛同できる方、賛同できない方、きれい事だと嘲笑する方、いろいろな捉え方があっていいと思います。同様に時代が下降線を辿る中においても、4Lのソアラに3年乗ったら次は4.3Lのレクサスにしないと気が済まない方は買い換えればいいと思います。

 しかし一方で、4Lのソアラで大満足、これ以上何が必要なんだ、という方には4Lのソアラに30年でも40年でも乗り続けられる選択肢が残されている自動車産業、及び社会の仕組みであってほしいですね。どうも昨今の自動車産業は、大統領のおっしゃる『使い捨て社会』の度合いが進みすぎているような気がします。

 今、国交省は10年後には高速道路の自動走行を実現すべく研究を進めているようですが、こうなったらこの前のアナログテレビ同様、既存の自動走行に対応していないクルマはすべて買い換えなくてはならなくなってしまうんでしょうかね?まあ、もしそうなったら高速道路を走るのやめようと思います。

ソアラ・4.0GTリミテッド(Z31型)
全長×全幅×全高 : 4860×1790×1340mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1630kg
エンジン : V8DOHC 3968cc 260PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/08/19 17:36 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。