FC2ブログ

旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ユーノスロードスター(NA型) 

110731a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110731a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年にマツダから発売されたユーノス・ロードスター(NA型)です。小型軽量2シーターオープンスポーツカーとして世界中で大ヒットし、ポルシェやBMW等の高級スポーツカーメーカーが後に類似のライトウェイトスポーツを出すきっかけにまでなったクルマです。現在3代目が発売されており、次期ロードスターは思い切ったダウンサイジングがされるという噂もちょくちょく耳にするようになってきましたが、クルマ好きならずともとても気になる存在ですね。

 さて、この初代ロードスター、クルマ自体のインパクト同様、カタログのキャッチコピーも刺激的です。

“だれもが、しあわせになる”、“2人しか乗れないし、バゲッジもそうは積めないし、ひょっとすると、人とは少し違って見えるかもしれないけど、走らせる楽しさは、これがいちばん。”、“このクルマを手に入れるほんの少しの勇気を持てば、きっと、だれもが、しあわせになる。”
 
 すばらしい文章ですね。“しあわせ”というキーワードを広大な車内スペースや豪華なインテリアと結びつけて紹介しているクルマはたくさんありますが、不便な点をわざわざ強調したうえで“だれもが、しあわせになる”と紹介しているのはこのロードスターぐらいだと思います。実際、何度か運転した限りでは、私自身は“しあわせ”になれました。しかしながら私には“このクルマを手に入れるほんの少しの勇気”がなかったので、“しあわせ”を何度か体験しただけでしたが・・・。

 “しあわせ”も人それぞれで、人によってはこのロードスターでは“しあわせ”にはなれないかもしれません。ある人にとっての“しあわせ”はお隣さんよりも大きなクルマに乗ること、またある人にとっては周囲から「おー、すごい!」と思われるクルマに乗ることかもしれません。そのような買い物を『conspicuous consumption(見せびらかしの消費)』と昔の偉い社会学者が言っていたことを急に思い出しましたが、現在の日本ではそちらの“しあわせ”のほうが優勢で、メーカーもそちらの“しあわせ”を実感しやすいような商品展開をしているように感じられますね。

 最近、電力会社や保安院の“やらせ”問題が新聞紙面を賑わわせています。日本を引っ張っていく指導的立場におられる方々にとっては、国中全ての人間が自分達の望む価値観を持っていてくれると助かるからあのような出来事が起きてくるのでしょうが、なんだか悲しい世の中ですね。もしかしたら我々が“しあわせ”と感じる瞬間の何割かは、“しあわせ”と感じさせられているだけで、本当は彼らにとっての“しあわせ”の肥やしでしかないのかもしれません。

 なかなか何を信じてよいのかわからない世の中になってきてしまいましたが、マツダにはぜひ“2人しか乗れないし、荷物も積めないけど、だれもが、しあわせになる!”と言い続けて、ロードスターをずっと造り続けてほしいものです。ロードスターを運転している時は本当に“しあわせ”ですからね。

ユーノス・ロードスター(NA型)
全長×全幅×全高 : 3970×1675×1235mm
ホイールベース : 2265mm
車両重量 : 940kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/31 15:47 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)

旧車・マツダ・コスモ(HB型) 

110503a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110503a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年にマツダから発売された4代目コスモ(HB型)です。2ドア/4ドアハードトップ、そして4ドアセダンと3タイプが発売されましたが、このカタログはその中の4ドアハードトップのもの。カッコいいといえばカッコいいといえなくもないですが、個人的にはちょっと微妙なスタイルのクルマだと思っていました。理由は単純明快、この2灯ずつのリトラクタブルライトが違和感ありありで、ライト点灯時のコスモはお世辞にもカッコいいとは思えませんでした。

 さて、マツダのコスモといえば初代は言わずと知れたあのコスモスポーツ、トヨタ2000GTに匹敵する存在感を備えているといっても過言ではないほどの名車でしたね。そのコスモスポーツの流れを汲み、マツダの象徴となるべきスペシャリティカーとして存在し続けるはずだったのですが、どうもこの3代目の存在のおかげでキャラクターが不明瞭になってしまったような気がしています。

 ご存知の通りこの3代目コスモは4代目ルーチェと姉妹車の関係にあり、特に4ドアセダンは違和感満点の4灯リトラクタブルライトすらない、ルーチェそっくりの広島ベンツ風セダンでした。せめて姉妹車関係であってもルーチェは4ドアのみ、コスモは2ドアのみという具合にすればコスモのキャラクターを守れたのではないかと思えるだけに、個人的にはこの3代目コスモの存在はとても残念でした。

 マツダが3代目コスモを成功と考えたのか失敗と考えたのかはわかりませんが、4代目コスモは初代コスモスポーツ以上にぶっ飛んだ存在感を放つユーノス・コスモとして登場しました。広島ベンツ風セダンと同じ車名を冠するクルマとはとても考えられないユーノス・コスモが4代目として登場したということは、おそらくマツダもこの3代目コスモについてはちょっと反省したんでしょうね。

 とはいうものの、生真面目なマツダ、3代目コスモの平凡さを一気に払拭しようと考えたのか、ユーノス・コスモではぶっ飛びすぎて3ローターエンジンまで搭載してしまいました。おかげで燃費はリッター2、3キロもざらというなんとも素晴らしいクルマとなり、ユーノス・コスモを最後にマツダからコスモというクルマが消えてしまいました。どうもコスモが消えた原因はこの3代目にあったような気がしてなりません。

 現在マツダの乗用車には昔から続いている車名のクルマは一台もありませんが、シナリあたりなら十分にかつてのコスモのイメージに合致しますので、もしシナリが市販されることとなるのであれば、コスモという車名を復活させるのもいいかもしれませんね。いくら新生マツダとはいえ、昔から続いている車名のクルマが他社からのOEM車と、かなり昔から造り続けているボンゴだけというのはちょっと寂しいですからね。

コスモ・4ドアハードトップ・XG-X(HBSHE型)
全長×全幅×全高 : 4640×1690×1360mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1175kg
エンジン : 直4OHC 1970cc 120PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/05/03 14:47 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(8)

旧車・マツダ・カペラ(GC型) 

110220a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110220a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1982年にマツダから発売された4代目カペラ(GC型)です。“たまらなく、テイスティ”な“瞬速、FFスポーツ”と呼ばれていたように、この代からカペラもFFとなりました。マツダは前々年に発売されたFFの赤いファミリアでカー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、トヨタ・ソアラをはさんで、このGC型カペラでもまた獲得しましたから、各社がFF化を進める中で、マツダのFF化は快進撃を続けていたといっても過言ではありませんね。もっとも、その後2005年の現行ロードスターまで、マツダがカー・オブ・ザ・イヤーを獲得することはありませんでしたが・・・。

 さて、この4代目カペラ、イメージキャラクターに超大物のアラン・ドロン氏を起用し、工場まで新設して取り組んだことからもわかるように、マツダとしてはかなり気合の入ったクルマでした。実際に、派手さはないものの、すっきりしたデザインで、同時期にFF化されたトヨタ・カムリや日産・スタンザ等よりも洗練度が一段高かったような気がします。個人的には、このカタログには載っていませんが、後に追加された5ドアハッチがとても好きでした。

 この4代目カペラのカタログ、マツダファンやクルマ好き、またアラン・ドロン氏のファンにもオススメの1冊なのですが、注意深く読んでいくと、とても良いことが書かれています。

 以下、マグナムエンジン解説ページからの抜粋

・・・・多くの自動車広告では、「低燃費」で「軽量コンパクト」なエンジンがさかんにうたわれますが、それらは現代のクルマにとって当然の前提にすぎません。そこに「運転の楽しさ」が加わってこそ、初めてクルマの魅力が成立します。思いのままにキビキビ走る・・・それにはエンジンが「速く」なければなりません。・・・・

 今から30年近く前のカタログに書かれていたこととはいえ、この文章は現在のカタログでもそのまま使えますね。マグナムエンジンの30年後に世に出されることとなるSKYエンジンはいったいどんなエンジンなんでしょうね。前評判がとても高いのでちょっと心配ですが、試乗の機会がとても楽しみです。
 もしかしたら、SKYACTIVの解説ページには上記の文章がそのまま使われていたりして・・・。

カペラ・4ドアセダン・SG-X(GC8P型)
全長×全幅×全高 : 4430×1690×1395mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 995kg
エンジン : 直4OHC 1789cc 100PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/20 15:56 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(4)

旧車・マツダ・ファミリア(BD型) 

101223a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101223a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1980年にマツダから発売された5代目ファミリア(BD型)です。この代からFFとなりましたので、初代FFファミリアと呼ばれることもありますね。ご存知の通り、当時ロータリー不振から経営的にピンチとなっていたマツダを救った大ヒット作、“赤いファミリア”がこの5代目ファミリアです。きっと“マツダ”と聞いたらこの赤いファミリアが思い浮かぶ方も多いことと思います。

 さて、このファミリアがどれぐらい“大ヒット作”だったかというと、当時月間販売台数のトップはいつもカローラでしたが、そのカローラを抜いてトップに何度か立つこともあったぐらい、というとイメージしやすいですね。現在のように連続でダントツのトップを続けているプリウスほどではないにせよ、マツダ車がそれに近い位置にいたなんて、マツダファンの私としてもちょっと不思議な感覚です。

 映画『幸福の黄色いハンカチ』で武田鉄矢さんがナンパツールとして赤い先代ファミリアに乗られていたことが影響したのかどうかはわかりませんが、この初代FFファミリアも若者が乗りたがるクルマの定番でした。そういう意味では、後のプレリュード、S13シルビアと続くデートカーの流れの一端を担っていたとも考えられますね。
 この5代目ファミリアの特徴として、フルフラット化できる前席と、ドアの内張りとシートの背もたれが連続してソファの肘掛のようになるラウンジソファシートとよばれる後席による、多彩なシートアレンジがあります。ファミリアに乗って女の子をナンパし、そのまま車内でいいことを楽しんだ方もきっと多かったことでしょう。
 もしも映画で使われたファミリアが4代目でなく5代目だったら、黄色いハンカチを確認した高倉健さんを見届けた後、車内でいいことを始めた武田鉄矢さんと桃井かおりさんのシーンがもっと生々しいものになっていたのかもしれませんね。
 ちなみに私が今乗っているアクセラ(BK型)は前席の背もたれを倒してフルフラットシートにすることはできません。まあ女の子をナンパして車内でいいことをする歳でもありませんから別に構いませんが・・・。

 カローラから月間販売台数トップの座を奪ったこの赤いファミリアのように、プリウスからトップの座を奪い取るマツダ車が出て欲しいものです。とはいえ、マツダファンの私が言うのもなんですが、限りなく無理に近い願望のような気がしないでもありませんね。

ファミリア・3ドアハッチバック・1500XG(BD型)
全長×全幅×全高 : 3955×1630×1375mm
ホイールベース : 2365mm
車両重量 : 825kg
エンジン : 直4OHC 1490cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/12/23 10:53 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(6)

旧車・マツダ・ルーチェ(HCFS/HC3S/HCSS型) 

090527a01.jpg

090527a02.jpg

090527a03.jpg

090527a04.jpg

090527a05.jpg

 1986年にマツダから発売された5代目ルーチェ(HCFS/HC3S/HCSS型)です。1966年に『もっとも美しい国産車』として誕生したルーチェでしたが、ちょうど20年後に、『和製ベンツ』として5代目が発売され、この代をもってルーチェの幕を下ろすこととなりました。
 この最終型ルーチェ、クルマとしてはバブル期に発売されただけあって素晴らしいと思います。V6エンジンあり、ロータリーターボあり、インテリアは豪華で外見も貫禄十分。しかしながら『ルーチェ』という雰囲気はあまり感じられません。
 流れるような美しいスタイルで鮮烈にデビューしたルーチェも20年という年月のうちに、『マツダのクラウン』、『マツダのベンツ』というクルマになってしまいました。このルーチェを見るとついつい武田鉄矢さんの歌を口ずさんでしまいます。『思~えば遠~くへ来た~もんだ~・・・』
 さてこのルーチェの消滅後、センティアという高級車が後継として誕生しますが、そのセンティアもマツダの迷走の後、消滅しました。
 現在の新生マツダにはクラウンにあたる高級車はラインナップにありません。しかしマツダファンとしてはそれでいいんだと思っています。現在のマツダにおける最上級セダンはアテンザ、これはもう素晴らしいクルマですから、私はアテンザこそ初代ルーチェの正当な後継車だと考えています。クラウンに乗りたい方はトヨタから買えばいいのであって、別に無理をしてマツダがクラウンを造る必要なんてないと思うんですよね。

 さて話は変わりますが、先日発売されたスバルの新型レガシィを見てきました。レガシィといえばスバルのイメージリーダーで、スバリストでなくてもクルマ好きなら誰もが一目を置いている名車です。私自身もとても好きな車の一台です。
 しかしながら新型レガシィを見た第一印象は『あれっ、カムリみたいっ』でした。1989年に初代レガシィが鮮烈にデビューしてからちょうど20年後、5代目レガシィが『トヨタ車っぽいイメージ』で誕生しました。なんかルーチェとよく似ていますね。クルマ好きとしてはレガシィがルーチェの轍を踏まないようにと祈るばかりです。(あくまでも個人的な感想です。印象は人それぞれですから、5代目レガシィもきっと素晴らしいクルマだと思いますよ。)

ルーチェ・4ドアハードトップ・ロータリーターボ(HC3S型)
全長×全幅×全高 : 4690×1695×1395mm
ホイールベース : 2710mm
車両重量 : 1450kg
エンジン : 直列2ローター 654cc×2 180PS
10モード燃費 : 6.9km/L

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/05/27 16:58 ] 1980年代マツダ | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。