旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・ファミリアネオ(BH型) 

120224a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120224a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にマツダから発売されたファミリア・ネオ(BH型)です。8代目ファミリアは4ドアセダンと3ドアハッチバックのラインナップがありましたが、そのうちの3ドアハッチバックに対して、斬新なスタイルと、“ネオ”というサブネームが与えられました。“新方向ファミリア”というキャッチフレーズの通り、おそらく当時かなり厳しい経営状態だったマツダとしては、このネオで一発当ててなんとか“新方向”へ抜け出したいと考えていたんでしょうね。

 さて、このファミリア・ネオ、車名を聞いてパッとどんなクルマかが頭に思い浮かぶ方っていったいどれぐらいおられるんでしょう?言い方は悪いですが、もしかしたらオーナーかマツダ関係者か、よほどのクルマ好きぐらいしかファミリア・ネオをすぐに思い浮かべられる方なんておられないかもしれませんね。かく言う私自身も、このカタログを久しぶりに目にするまですっかり存在自体を忘れていました。ファミリアといえばマツダの主力車種なんですが、マツダファンの、そしてファミリアの後継車に現在乗っている私からも存在自体を忘れられてしまうファミリアというのもなかなか凄いですね。まだつい最近のファミリアなのに・・・。

 バブル期、通産省から迎えた社長のもとで多チャンネル化を推し進め、マツダはピンチに陥りました。その後、銀行から社長を迎えて何とか立て直そうとしましたが、多チャンネル化の失敗は大きすぎて立て直すことが出来ませんでした。このファミリア・ネオが発売された頃は銀行管理下の時期で、私の関心はマツダ“車”ではなくマツダ“社”に向いており、新型ファミリアよりも、いつまで頑張れるかという点に興味がありました。それゆえ私の中にファミリア・ネオの印象が残っていなかったのかもしれませんね。

 その後、96年には皆様ご存知の通り、フォードから社長を迎えて新生マツダに向かっていきました。フォードから社長が来られたことが関係しているのかどうかわかりませんが、96年には3ドアハッチバックのネオのみが国内ラインナップから外れ、斬新なスタイルではなく、4ドアセダンと同様の顔を持ったオーソドックスな3ドアハッチバックが加わりました。ということで、このファミリア・ネオ、ほんの短期間しか販売されていなかったんですね。

 ファミリア・ネオの時期もマツダはとても厳しかったようですが、現在も大変なようです。国内生産比率が際立って高いマツダは昨今の円高の影響をもろに受け、4期連続の最終赤字とのこと。財務基盤強化のための大規模な公募増資の話題が連日報道されていますね。当時のように多チャンネル化でピンチになるのはある意味仕方のないことですが、現在のように為替相場という外的要因でピンチになるのはどうにもやり切れない気持ちで一杯です。一マツダファンとして、なんとかこのピンチを乗り切ってほしいものです。

ファミリア・ネオ・インタープレーX(BHA5S型)
全長×全幅×全高 : 4030×1695×1405mm
ホイールベース : 2505mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1489cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/24 16:52 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(20)

旧車・マツダ・ユーノスコスモ(JCESE/JC2SE型) 

110715a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110715a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1990年にマツダから発売されたユーノスコスモ(JCESE/JC2SE型)です。初代コスモスポーツから数えるとコスモとしては4代目となりますが、バブル期という時代背景もあり、初代以上にインパクトのある(ぶっ飛んだ)クルマですね。ユーノスコスモならコスモスポーツ同様、ウルトラ警備隊に配備されていてもまったく違和感がありません。世界初のGPSカーナビまで搭載されていますから、隊員さん達も迷うことなく目的地まで行けますしね。

 さて、このユーノスコスモ、なんと言っても一番の特徴は3ローターの20B-REWなるツインターボエンジン搭載車の存在ですね。あまりのハイパワーゆえ、市販するには当時の自主規制値であった280PSに収まるようにデチューンしなくてはならなかったほどのエンジンが搭載されたクルマ、私はこのクルマは一度も運転したことがありませんのでどんな運転感覚なのかはわかりませんが、さぞ凄かったことでしょうね。

 3ローターのツインターボエンジン、世界初のGPSカーナビ、高級クーペとしての素晴らしいスタイリング、豪華な内装、2~3km/Lとも言われるしびれる燃費性能、良くも悪くもあらゆる意味で話題満載のクルマだったのですが、当時の存在感はいまいちだった記憶があります。やっぱり“ユーノスコスモ”という名前と当時の販売体制がまずかったんでしょうね。ストレートに“マツダ・コスモ”なり“マツダ・コスモスポーツ”とすればもっと注目度が上がっていたことと思います。あのマツダ5チャンネル体制は全てのマツダ車の存在感を一斉に小さくしてしまいましたね。

 昨今の時代背景を考えると、今後このようなクルマが世に出されることはまずないでしょうから、当時ユーノスコスモに試乗しなかったことをちょっと後悔しています。とはいえ、程度の良い安価な極上中古車が見つかったとしても、乗ってみたいとは思いますが、買いたいとは思いません。燃費性能が全てとは考えていなくとも、やはりハイオク仕様でリッター2~3キロしか走らないクルマでは財布の中身が気になってエンジンのフィーリングを心の底から楽しむことができませんからね。

ユーノスコスモ・20B・Type-E(JCESE型)
全長×全幅×全高 : 4815×1795×1305mm
ホイールベース : 2750mm
車両重量 : 1640kg
エンジン : 水冷直列3ローター 654cc×3 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/07/15 14:22 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(20)

旧型車・マツダ・ユーノス500(CAPP/CA8P/CAEP型) 

110211a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110211a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にマツダから発売されたユーノス500(CAPP/CA8P/CAEP型)です。マツダを大ピンチに追い込んだ悪名高き5チャンネル体制時に発売されたクルマなので、ユーノス500と言ってもピンとこない方が多いかもしれませんね。もしかしたらこのクルマを外車だと思っていた方もおられたかもしれません。はっきり言って印象の薄いクルマでした。

 さて、このユーノス500、マツダご乱心の時期のクルマなので販売状況も芳しくなく、1代限りで消滅してしまったクルマでしたが、個人的には歴代マツダ車の中では五指に入るほどのカッコいいクルマだと思っています。20年近く前に発売されたクルマとはいえ、現在の感覚で見てもとても素晴らしいデザインで、カタログの“10年色あせぬ価値”という表記にも納得できてしまいます。もっとも、当時はユーノス500が“10年色あせぬ価値”を持ち続けたとしても、果たしてマツダが10年後まで存続しているだろうか、という状況ではありましたが・・・。
 5チャンネル体制だけあって、クロノスの兄弟車は5種類ありましたが、このユーノス500だけが5ナンバーサイズ、そして唯一カッコいいと思えたクルマでした。あとの4台は・・・なんか変でしたよね。

 それにしても当時のマツダはいろいろなクルマがありました。いろいろとありすぎてほとんど記憶に残っていないぐらいです。ユーノス・ロードスターとアンフィニ・RX-7はパッと思い浮かぶものの、後はどれも影が薄い存在でしたね。いや、影が薄いというよりも、存在すら知られていなかったクルマも多かったような気がします。それなのにマツダは5チャンネルでは物足らなかったらしく、アマティというプレミアムブランドも展開しようとしていたそうですから、ご乱心ぶりも筋金入りでしたね。そこまでして“マツダ”というブランドを隠したかったのでしょうかね?

 まあ、5チャンネル体制の失敗は後々高い授業料を支払わなくてはならないことになってしまったものの、フォード傘下での経営再建後、本来のマツダらしいクルマがたくさん出されるようになりましたから、結果としてはあの失敗も良かったのかも知れませんね。

 現在は各社とも過去の車種乱発体制を改め、極力ラインナップを絞る方向へ進んでいます。そして各社相互のOEM関係がとても活発になってきています。マツダ5チャンネル体制失敗の影響はマツダだけにしか及びませんが、メーカーの枠を超えた姉妹車が氾濫する状況というのはそれぞれのクルマにとってどんな影響をもたらすんでしょうかね。各社の主力車がOEMの対象となるようになったのは最近始まったばかりですので、ちょっと今後が心配ですね。

ユーノス500・20GT-i(CAEP型)
全長×全幅×全高 : 4545×1695×1350mm
ホイールベース: 2610mm
車両重量 : 1210kg
エンジン : V6DOHC 1995cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/02/11 15:11 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(12)

旧型車・マツダ・ロードスター(NB型) 

101123a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101123a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 このところ親戚関係のゴタゴタに巻き込まれ、極度のストレスから過敏性腸症候群なるものに罹ってしまい、腹痛と下痢に悩まされています。田舎ではよくあることなのですが、まったく困ったものです。ほとんど他人のくせにジジババ連中はここぞとばかりに一族の舵を切りたがる奴ばかりでどうしようもないですね。きっと暇だからそんなことしか考えることがないのでしょう。

 さて、ストレスがたまったときにはやっぱりスポーツカーの出番です。1998年にマツダから発売された2代目ロードスター(NB型)です。初代、2代目、現行とどれも素晴らしいものばかりですが、個人的には2代目がいちばん好きです。ショートストロークのシフトノブやウッドハンドル等を見ているとコクコク変速しながらワインディングロードを飛ばしている情景が頭に浮かんできて、ほんの少しだけ現実の嫌な出来事から逃避できますね。
 ロードスターを所有していれば、実際に運転することができてもっとストレス解消になるのでしょうが、2シーターのオープンカーをマイカーにするのは少々勇気がいることです。とはいえマツダのロードスターは比較的安価なクルマですので、『夢』というほどではない位置に存在してくれているのはありがたいことですね。

 マツダのロードスターは初代でオープンスポーツカーというジャンルを切り拓き、ポルシェ・ボクスター等の様々な高級スポーツカーまで誕生させた、日本の誇る名車です。次期ロードスターは思い切った小型化を図るという話題もちょくちょく雑誌で見かけるようになりましたので、よりお手頃なオープンスポーツになる可能性が高いですね。そうなれば私も購入することができるかもしれません。期待したいですね。

 もっと早くお手頃なロードスターが出ていれば、しっかりとストレスを発散してゴタゴタも乗り切れたのかもしれませんが、残念ながら先日・・・とうとうやってしまいました。長老の一人に向かって“二度とうちへ来るな!あんた、何様のつもりでいるんだっ!”
 
 ハッハッハ、愉快愉快、怒鳴ったことしかない人間が怒鳴られたときに見せる表情というのはなかなか面白いですね。人生の先輩である老人に対してはもちろん敬意を持って接しなくてはなりませんが、人生の先輩は神様ではありません。そのうちに仏様になることはあっても神様になることはないと思います。そこを勘違いしている老人が多いのは田舎の特徴ですかね。

マツダ・ロードスターVS(NB8C型)
全長×全幅×全高 : 3955×1680×1235mm
ホイールベース : 2265mm
車両重量 : 1030kg
エンジン : 直4DOHC 1839cc 145PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/11/23 16:10 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(6)

名車・マツダ・RX-7(FD3S型) 

091009a01.jpg

091009a02.jpg

091009a03.jpg

091009a04.jpg

091009a05.jpg

091009a06.jpg

 1991年にマツダから発売された3代目RX-7(FD3S型)です。2002年まで生産が続けられましたので、現在でもちょくちょく街で見かけますね。
 それにしてもカッコいいです。個人的にマツダ好きということもありますが、それを差し引いても数多く生産されてきた国産スポーツカーの中でも一、二を争うほどのカッコよさ、美しさを持っていると思います。
 スタイルだけではなく、13B型ロータリーターボエンジンから生み出されるパワーも強烈で、走りは過激そのもの、ちょっと運転するには覚悟のいるクルマでしたね。ピュア・スポーツカーですので万人向けのクルマではありませんが、クルマ好きにはたまらない一台であることは間違いないでしょう。
 最近自動車雑誌等で1.6リッターの新型ロータリーエンジンを搭載したRX-7が復活するとの記事をちょくちょく見かけますが、どうなるんでしょうね。個人的にはRX-8も存続させたうえでぜひともRX-7を復活させて欲しいと思っています。

 さて、スポーツカー冬の時代と言われるようになってすっかり寂しくなってしまったスポーツカー市場ですが、このところ少しずつ話題が出るようになってきましたね。
 トヨタ・スバル連合の『FT-86コンセプト』、水平対向エンジンを搭載するだけあってこのFD3Sのように低く、流れるようなスタイルでとてもカッコいいです。伝統的な3ペダル6速MTのFRクーペとして車好きにはたまらない存在となりそうですね。
 ホンダが来年発売予定の『CR-Zコンセプト』も楽しみです。なんでもハイブリットでは初となる6速MTが組み合わされるとのことなので、こちらも頑なにMTを愛する偏屈な車好きには支持されそうです。

 FT-86コンセプトがいつ発売されるのかはわかりませんが、これでやっとトヨタのスポーツカーが復活です。F1に参戦しているメーカーなのにスポーツカーが一台もないなんてやっぱりおかしいですものね。

マツダ・RX-7・TypeRZ(FD3S型)
全長×全幅×全高 : 4280×1760×1230mm
ホイールベース : 2425mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直列2ローターターボ・654cc×2 265PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2009/10/09 17:18 ] 1990年代マツダ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。