FC2ブログ

旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・ホンダ・シビック(AG/AH/AT/AJ/AK/AU/AR型) 

110112a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110112a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にホンダから発売された3代目シビック(AG/AH/AT/AJ/AK/AU/AR型)、通称『ワンダーシビック』です。3ドアハッチと4ドアセダン、そして5ドアワゴンのシャトルと、3つのボディタイプが用意されており、「シビック」と一口に言ってもそれぞれに個性があって魅力的ですね。個人的にはやっぱり3ドアハッチが最もシビックらしくて好きでした。

 さて、このワンダーシビック、モデル途中で1.6リッターのDOHCエンジンを搭載した「Si」なるグレードが追加され、ツーリングカーレースで大活躍するようになりました。同時期に出ていたバラードスポーツCR-Xと合わせ、走りのイメージが定着したシビックはこの代からですね。
 実際、Siはよく走りました。135PSの1.6リッターDOHCエンジンといっても今の感覚ではそれほどハイパワーエンジンではありませんが、なんといっても車重が900kgほどしかありません。パワーウェイトレシオから考えると、現在の200PS級のクルマと同じなんですね。きっと当時、このシビックで無謀な運転をして危ない目に遭われた方も多かったことと思います。
 その点、私のアクセラはシビックSiより20PS以上少なくて車重は300kg以上重いですから、自然と安全運転ができてしまいます。人間、歳を取ると丸くなってしまうものですね。

 多くのクルマ好き、走り屋、ホンダファンを作ってきたシビックもフィット登場以降、販売台数は下降線を辿り、国内から「シビック」というクルマがなくなるかもしれないという状況となってしまいました。この件については報道も二転三転しているようなので一体どうなるんでしょうね。
 そんな中にあって、現在デトロイトで行われている北米国際自動車ショーでは「シビックSiコンセプト」と「シビックコンセプト」ということで次期シビックのクーペとセダンが発表されました。北米では今年の春からの販売が予定されているそうです。
 どちらもとてもカッコいいクルマのようですので、ぜひ国内でも販売して欲しいものですね。現行アコードはちょっと大きくなりすぎているので、シビックがなくなってしまうとちょうど良い大きさ(Cセグメント)のクルマがなくなってしまいます。フィットがいくら素晴らしいクルマだからといってもみんながフィットでは面白くないですからね。

シビック・3ドア・Si(AT型)
全長×全幅×全高 : 3810×1630×1340mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 890kg
エンジン : 直4DOHC 1590cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/12 17:25 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(6)

旧車・ホンダ・プレリュード(AB型) 

110103a01.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a02.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a03.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a04.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a05.jpg
(画像クリックで拡大)

110103a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 あけましておめでとうございます。今年もマイペースでこのブログを続けていこうと思っておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 今年1台目は、1982年にホンダから発売された2代目プレリュード(AB型)です。“元祖デートカー”であるこのプレリュードで彼女と初詣へ行き、そのまま姫始めのためにホテルへ直行、もしくは我慢できずに車内で決行してしまった“かつての青年”も多かったことと思います。その姫始めで大当たりしてしまったカップルの間に生まれたお子様も既に大学卒業して社会人となっている年齢、時が過ぎるのは早いものですね。

 新年早々品のない話題で申し訳ありません。しかしながら“甘美な磁性を帯びて。感性放射体。”、“至上の時へ。ハードとロマン、その高次元融合。”、“ポジションは低い。感性のボルテージは昂まる。”など等、カタログに記載されているキャッチコピーはとても官能的な表現が多く、いかにも若者が憧れそうなカッコよさと艶っぽさが感じられますね。実際にとてもカッコいいクルマでしたから、デートカーとして人気が出たのも頷けます。

 さて、デートカーとしてのイメージが強い2代目プレリュードですが、技術的にもとても素晴らしいクルマでした。ご存知の方も多いと思いますが、国産車で初めて4輪アンチロックブレーキシステムが搭載されたのはこのプレリュードです。現在では「4輪ABS」という呼び方でほとんどのクルマに搭載されていますが、このカタログ発行時では「ABS」という呼び方ではなく、「4wA.L.B」と紹介されています。まだ「4輪ABS」という呼び名がなかったんですね。次の代では世界初となる機械式4WSが搭載されたように、プレリュードはホンダの最新技術がいち早く取り入れられていたクルマだったんですね。
 まあ今でこそインスパイアやレジェンド等の大型高級車が存在していますが、当時はプレリュードがホンダの最上位車種でしたから、当然といえば当然のことですね。

 デートカーとして多くの若者から支持され、かつてフラッグシップとしてホンダのイメージリーダーを担っていたプレリュードも最終型が生産終了となってから早10年。CR-Zが予想以上に売れているようなので、使い勝手の良いミニバンやコンパクトカーだけではなく、この手のクルマを望んでいる方もきっと多くいらっしゃることと思います。プレリュードという響きをもう一度聞いてみたいものですね。
 
 また“デートカー”と呼ばれて若者から支持されるクルマがたくさん出て欲しいものですね。CR-Z、ジュークターボ等、効率最優先からは少々脱線しているクルマもそれなりに支持を得ているようです。今年初めに出るであろうレクサスのCT200hもかなりカッコいいですし、FT-86も楽しみです。
 若者の間でデートカーとして人気のあるクルマが街に溢れているような状況となれば、それが自然と少子化対策にもなります。子供ができると2ドアクーペでは不便を感じるようになるので買い替えが必要となり、自然と経済対策にもなります。若者は飽きが早いから彼女と別れるとその思い出が詰まったクルマを買い換える傾向があるので、クルマの流通が増え、自然と雇用対策にもなります。

 相変わらず全然活気のない経済状況が続いているなかで新しい2011年が始まりました。悲観的に考えていても仕方がありませんので、現在経済的な“ポジションは低くても、感性のボルテージを昂めて”、“ハードとロマンを高次元で融合させ、至上の時”を迎えられるように毎日を過ごしていきましょう。多くの方々が“至上の時”を体験できるような1年になるといいですね。

プレリュードXX(E-AB型)
全長×全幅×全高 : 4295×1690×1295mm
ホイールベース : 2450mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4OHC 1829cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2011/01/03 18:15 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(10)

旧車・ホンダ・シティ(AA/VF型) 

101228a01.jpg
(画像クリックで拡大)

101228a02.jpg
(画像クリックで拡大)

101228a03.jpg
(画像クリックで拡大)

101228a04.jpg
(画像クリックで拡大)

101228a05.jpg
(画像クリックで拡大)

101228a06.jpg
(画像クリックで拡大)

101228a07.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年にホンダから発売された初代シティ(AA/VF型)です。当時マッドネスがムカデダンスをしながら「ホンダ、ホンダ、ホンダ、ホンダ」と連呼するCMとともに大ヒットした、ホンダを代表する名車ですね。平均年齢27才という若手メンバーが中心となって開発されたクルマらしく、カタログにも“時代をライヴに生きるためのニューメディア「シティ」”とか“ライヴ・ビークル「シティ」”等、横文字を多用した意味がよくわからない日本語のキャッチコピーが多いですね。当時の若者言葉で言えば“ナウいヤング向けのクルマ”とでも言うところでしょうか。

 さて、この初代シティは“トールボーイ”という呼び名が付いていたほど当時の車の中では車高が高く、全高は1470mmもありました。シティよりも車格の大きいシビックやアコード等と比べても10センチ以上高かったわけですから、車高の高さから来るインパクトはかなりありましたね。その車高の高さを最大限に利用してコンパクトなクルマながら快適な居住性と大容量のラゲッジスペースを実現しているあたり、現在のフィットの直接の祖先のような存在とも思えますね。
 しかしながらトールボーイとして大ヒットしたシティなのに1986年にフルモデルチェンジされた2代目シティはなぜか背の低い平凡な3ドアハッチとなり、結局シティは2代目で消滅してしまいました。ヒット作の次の代というのはなかなか難しいものですね。まあその経験もあって、ホンダはロゴやキャパで試行錯誤しながら現在フィットで2代続けて大ヒットしていますので、過去の経験も十分に糧となっているようですね。

 当時大人気だった初代シティでしたが、私は車高の低いクルマが好きなので、後にターボモデルが追加されて走りが強調されるようになっても、このシティを欲しいと思うことはありませんでした。しかしシティ自体には魅力を感じなくとも、同時発売された原付バイクのモトコンポ、これはとっても欲しかったです。
 この手の変形バイクとして当時もホンダからはモンキーが販売されていましたが、モトコンポのスタイルはモンキー以上にインパクトが強かったですね。こういうゲテモノは大好きです。性能が性能ですから普通の原付バイクとして使用するにはかなり無理があるでしょうが、“大人のおもちゃ”として使うにはもってこいですね。
 ハイブリットを含めたフィットが大成功しているホンダ、ここらでフィットに積み込める電動スクーターを新世代モトコンポとして発売したら、今までフィットを毛嫌いしていた層をも取り込むことができるかもしれません。こういう戦略は二輪・四輪の両方を造っているメーカーでないとできませんからね。ホンダさん、一度ご検討してみては?

シティR(E-AA型)
全長×全幅×全高 : 3380×1570×1470mm
ホイールベース : 2220mm
車両重量 : 665kg
エンジン : 直4OHC 1231cc 67PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/12/28 11:41 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(2)

旧車・ホンダ・NSR250R(MC18型) 

100915a01.jpg
(画像クリックで拡大)

100915a02.jpg
(画像クリックで拡大)

100915a03.jpg
(画像クリックで拡大)

100915a04.jpg
(画像クリックで拡大)

100915a05.jpg
(画像クリックで拡大)

100915a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 今日はちょっと趣向を変えて二輪車をご紹介、1987年にホンダから発売された2代目NSR250R(MC18型)です。このカタログはマイナーチェンジが施された1989年式のもので、過激すぎる出力特性が若干穏やかに改められていたモデルだそうです。まあ穏やかとはいえ、もともとが過激すぎるので“若干穏やか”になったところで過激なことには変わりありませんが。
 このバイク、現在ではもう市販されていない2ストロークエンジンが搭載されたレーサーレプリカです。バイクの販売台数がすっかり減ってしまった現在からはなかなか想像できないことですが、当時はこの手のフルカウルのレーサーレプリカが各社からたくさん販売されていました。
 中でもこのNSR250Rを含む2ストローク250ccクラスのレーサーレプリカは、その圧倒的な動力性能、そして車検が不要ということもありとても人気があるクラスでしたね。私も友人に借りて何度か(公道ではありません)運転したことがあるのですが、このスポーティさは四輪の比ではありません。それもそのはず、この手のレーサーレプリカはほとんどレース用の車両と同じ設計で造られていますので、“保安装置の付いたレーサー”のようなものです。車体内部のカタログ写真を見ていると、惚れ惚れするような機能美に溢れていて、レーサーなのか市販車両なのかまったく分からないぐらいですね。

 さて、このバイクが発売されていた頃、私は仕事の都合で都内に住んでいました。当時はバブル経済絶頂の頃で、新宿で建設中だった新都庁舎の背が日々高くなっていた頃でした。日本経済絶好調、はいいのですが、東京の地価も絶好調だったため、とても駐車場を借りることができず、クルマ無し生活を送っていました。
 とはいえもともとクルマ好き人間ですから、クルマがない生活は結構寂しく、その埋め合わせのためにバイクを購入しようとバイク屋さんでいろいろとカタログを集めていました。
 しかしながら致命的な問題点が・・・、私は自動二輪の免許を持っていませんので、購入しても乗ることができません。仕事が落ち着いたらそのうち免許を取ろう、と考えてはいたものの、多忙のまま今度は地方都市に転勤となったのでもとのクルマ生活に。
 “そのうち免許を取ろう”と思いながらあっという間に20年が過ぎ、中年オヤジになっても未だに“原チャリ小僧”です。人間の“そのうち”っていうのはいい加減なものだと自分自身でしみじみと実感しました。思い立ったときに実行しておかないと“そのうち”なんて未来永劫来ないものですね。

 クルマの世界からはどんどんスポーティーカーが消滅している時代ですので、“そのうち”自動二輪の免許を取ってバイクでスポーティーさを味わおうかと考えている今日この頃です。

NSR250R(MC18型)
全長×全幅×全高 : 1980×650×1060mm
ホイールベース : 1345mm
車両重量 : 149kg
エンジン : 水冷2ストロークV型2気筒 249cc 45PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2010/09/15 18:15 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(0)

旧車・ホンダ・プレリュード(E-BA4/BA5型) 

090427a01.jpg

090427a02.jpg

090427a03.jpg

090427a045.jpg

090427a05.jpg

 1987年にホンダから発売された3代目プレリュード(E-BA4/BA5型)です。低く流れるようなスタイリングでデートカーの代表車種でした。S13シルビアが発売されるまではデートカーの代名詞といってもいいぐらいでしたね。このクルマが街にあふれていた頃はもう20年も前になってしまうのですが、いまだに私の頭の中では「プレリュード」と聞くと、「シルビア」「テニスサークル」「ディスコ」が連想され、プレリュードに乗っていたナンパな友人の顔が思い出されてしまいます。
 まあイメージはともかく、この3代目プレリュード、技術的にはとてもすばらしいクルマだと思います。なんと言っても世界初の機械式4WSシステムが導入された市販車として有名ですね。恥ずかしながら4WSのクルマには乗ったことがないのでどんな感覚なのかは分かりませんが、カタログによると高速時は前後輪が同方向に操舵されて自然なレーンチェンジを実現し、車庫入れなどの低速時には逆方向に操舵されて小回りしやすくするとのこと。きっとすばらしい技術なんだとは思いますが、もしシステムが故障して常に同方向、同角度で前後輪が操舵されるようになると全く曲がらないクルマになってしまいますね。機械的に操舵しているからこんなことは起こらないでしょうけど。
 個人的には車庫入れ時限定で動作する「後輪用ステアリング」、それもフォークリフトのような広い操舵角があるものを付けてくれたら都会の狭い駐車場に車庫入れするときに便利だと思うのですが、ちょっと操作が難しそうですね。

プレリュード・2.0Si(E-BA5)
全長×全幅×全高 : 4460×1695×1295mm
ホイールベース : 2565mm
車両重量 : 1150kg
エンジン : 直4DOHC 1958cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/27 12:33 ] 1980年代ホンダ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。