FC2ブログ

旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・マキシマ(J30型) 

131112a01.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a02.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a03.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a04.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a05.jpg
(画像クリックで拡大)

131112a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1988年に日産から発売されたマキシマ(J30型)です。海外では現在もモデルチェンジを繰り返し、日産ブランドの上級セダンとして現行型が販売されていますが、国内では先代ブルーバードの上級モデルとしてブルーバード・マキシマが登場し、途中から『日産マキシマ』を名乗ったものの、次の代であるこのJ30型で消滅してしまいましたね。海外で販売されている『日産マキシマ』が日本に来たかと思ったらすぐに去って行ったという、まるで月光仮面の歌のような存在でしたね。

 さて、この日産マキシマ、当時はバブル絶頂でシーマ現象なるものが起きていた時期でしたので、土地成金やバブリー社長、それに都市のマイホーム諦め組の方々はシーマやセルシオ等に関心が向いていたためか、あまり目立たない存在でしたね。3ナンバー専用設計の大柄なボディにV6・3000ccエンジンを搭載した“ハイオーナーセダン”といえども、ついちょっと前まではブルーバード・マキシマと呼ばれていたクルマ、つまりBC戦争していたコロナと同等のクルマ・・・と捉えられてしまっていたのかもしれません。なんといってもあの時代、高額な消費こそが美徳!見栄を張ることが正義!でしたからね。クルマとしてはもっと評価されてもよかったのではないかと個人的には思っていましたので、この代で消滅してしまったのはちょっと残念でした。

 ちなみに現在、日産のマキシマは北米における日産ブランドのフラッグシップモデルで、マキシマよりも上級セダンはインフィニティブランドになっています。日本におけるスカイラインとフーガがこれにあたるようですが、今度日本で発売される新型スカイラインにはインフィニティバッジが付いて、日産幹部いわく、「ワンクラス上に行く」そうですね。日産ブランドのフラッグシップは「マキシマ(最大値)」、その上は「インフィニティ(無限大)」、意味を言葉通り捉えれば確かに筋は通っていますが、なんだか底辺の人間からすると複雑な気持ちですね。かつて手の届きそうな位置にあったクルマたちがどんどん手の届かないところへ飛んでいってしまうようです。

 若者ではなく昔からのクルマ好きで、それなりに歳を重ね、さらに経済的にもそれなりに余裕がある方々でも、今の自動車メーカーの(ちょっと内輪バブリー気味な??)動きを意外と冷めた目で見ている方って、結構大勢いらっしゃるような気がしています。

日産マキシマ・SE(J30型)
全長×全幅×全高 : 4765×1760×1395mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1370kg
エンジン : V6・OHC 2960cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/11/12 16:10 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(12)

旧車・日産・オースターJX(T11型) 

130729a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130729a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1981年に日産から発売されたオースターJX(T11型)です。オースターとしては2代目となりますが、この代は『日産のFF世界戦略車・第2弾』という位置付けもあり、「JX」(未来へ向かってジャンプ、の意味らしい)というサブネームが付けられています。

 さて、このオースターJX、立派なサブネームを付けてもらった2代目ではありますが、カタログの表紙を見ていただくとお分かりの通り、「JX」が小さな文字になっています。実は1983年に大幅なマイナーチェンジが行われ、それを機に「JX」の表記が小さな文字になりました。そして1985年、3代目への移行時には「JX」は取り除かれます。さらに、その3代目を最後にオースターも消滅します。『日産のFF世界戦略車・第2弾』は意外と短命で終わってしまいましたね。

 オースターJXが海外でどのような評価を受けていたのかはわかりませんが、少なくとも国内ではパッとしませんでしたね。今改めてカタログを見てみると、3ドアハッチのほうなどはもう少し街で見かけてもよかったような気がしないでもありませんが、恥ずかしながらこのカタログを久しぶりに見るまでは存在すら忘れていました。オースターと言えば、初代の印象はかなり残っていますが、2代目、3代目の印象はほとんど残っていません。ずいぶん影の薄い『世界戦略車』ですね。

 綾小路きみまろさんじゃありませんが、「あれから30年」、グローバル経済が進み現在日本の街中で見かけるクルマのほとんどが『世界戦略車』です。世界戦略車でないクルマといえば大トヨタが造る国内専用車と軽自動車ぐらい。今はインターネットが発達していますから、検索エンジンで「nissan usa」、「nissan uk」、「nissan de」等と入力すれば気軽に海外で日本車メーカーがどのような展開をしているのか知ることができます。各国向けのカッコいいクルマがあるのかと期待したくもなりますが、意外と普段見ているクルマばかりなんですよね。

 グローバル経済がここまで進んできたのなら、右側通行か左側通行か、また各々の道路標識なども世界共通にしてしまったほうが便利かもしれませんね。昔、東京からある地方へ転勤になった時、どんな地域なんだろうとワクワクしていましたが、国道沿いの風景は東京近辺や生まれ育った愛知とまったく同じ。全国チェーンのお店の看板が見慣れた順序で並んでいました。今後はそれと同じことが世界中でどんどん進んでいくんでしょうね。それが良いことなのかどうかは「これから30年」経った頃にはわかるかもしれませんね。

オースターJX・ハッチバック・1800GT-EX(T11型)
全長×全幅×全高 : 4240×1665×1365mm
ホイールベース : 2470mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4OHC 1809cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2013/07/29 18:19 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(10)

旧車・日産・レパード(F30型) 

130222a01.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a02.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a03.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a04.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a05.jpg
(画像クリックで拡大)

130222a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1980年に日産から発売された初代レパード(F30型)です。このカタログは83年に発行されたもので、直6・2.8Lがラインナップから外され、V6・3Lターボが追加される前の時期にあたり、3ナンバーグレードが存在しないちょっと中途半端なものです。ちょうどライバルであるソアラにその差をどんどん広げられていた時期のものですね。

 さて、この初代レパード、もともとはセリカXXの対抗馬として世に出されたブルーバードベースのクルマで、デザインも素晴らしく、個人的にはとてもカッコいい高級スペシャリティーカーだと思っていました。しかしながら初代レパード発売の翌年に、トヨタのイメージリーダーとなるべく誕生したソアラがデザイン、中身ともにレパードのさらに上を行っており、ソアラを意識すればするほどレパードのコンセプトがぶれてしまうという、良くも悪くもソアラに振り回されてしまったクルマでしたね。

 ところで、「高級スペシャリティーカー」であるこのレパード、このカタログ中の最廉価グレードである180GXは手元の価格表によると1,548,000円、驚くことにエアコンもパワーステアリングもパワーウインドウも付いていません。実に私好みのグレードですが、レパードに限って言えば、そのようなグレードは用意しないほうが良かったのかもしれませんね。

 初代レパードの「コンセプトのぶれ」を反省し、2代目はスカイラインベースで「打倒ソアラ」、3代目は何をしたかったのかよくわからない「J.フェリー」、4代目はなぜかセド/グロの姉妹車。結局ずっとぶれ続けたレパードでしたが、現在のフーガやスカイラインには初代レパードの「高級スペシャリティーカー」としてのDNAがなんとなく流れているようにも感じられますね。

 先月北米で発表されたインフィニティQ50は次期スカイラインとのことなので、このレパードの流れを汲む最新の「高級スペシャリティーカー」の一台がもうじき日本でも見られそうですね。初心に帰って「エアコン、パワステ、パワーウインドウなし」のグレードを用意したら、今の時代、逆に受けるかもしれませんね。

レパード・4ドアハードトップ・SGX(PF30型)
全長×全幅×全高 : 4630×1690×1355mm
ホイールベース : 2625mm
車両重量 : 1235kg
エンジン : 直6OHCターボ 1998cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2013/02/22 16:28 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(18)

旧車・日産・スカイラインGT-R(BNR32型) 

121109a01.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a02.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a03.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a04.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a05.jpg
(画像クリックで拡大)

121109a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年に日産から発売されたスカイラインGT-R(BNR32型)です。197台のみで生産終了となってしまったケンメリGT-R以来、実に16年ぶりのGT-R復活ということで、当時大いに話題になりました。人気車種でしたから現在でもたまに街中で見かけますが、流石に古いクルマなので痛々しい走り屋仕様になっている車体が多いですね。

 さて、このスカイラインGT-R、バブル期で何でもありの時代だったにもかかわらず一際存在感が大きく、出た当初は「羊の皮をかぶった狼」どころか、「化け物の皮をかぶった化け物」のような印象でした。世はバブルでも私自身はバブルにまったく縁がなかったのでもちろん購入したいなどとは考えたことはありませんが、クルマ好きとしては憧れの対象でした。

 当時、何を血迷ったのかこのクルマを購入した友人がおり、何度か助手席には乗せていただいたことがあります。その頃は都内に住んでいたので込み合った都会の道路を走っただけでしたから、このクルマの良さはまったくわかりませんでした。その友人、GT-Rを購入してしばらくしたら今度はホンダのビートも購入しました。何でもGT-Rを処分したわけではなく、街中では走りにくいから普段の足としてビートを追加したとのこと。

 同じような年代でも私はクルマ無しの自転車生活、彼はGT-Rとビートの2台持ち。いったい世の中どうなっているんでしょうね?それにしても不思議なことは、いくらバブルに縁がなかったとはいえ、私は当時、多少は恩恵を受けた商社マン、彼はまったく恩恵を受けなかった公務員でした。やっぱり都内に実家があるということ自体が大いにバブルの恩恵を受けたんでしょうね。若造が500万円もする高級車をポンと買ってしまう当時の都会の方々の姿と、現在中国の都市部で高級車をポンと買ってしまう一部の特権階級の方々の姿がどうもダブって見えてしまいます。

 復活したスカイラインGT-Rは現在日産GT-Rとなり、化け物度をさらに増して国産スポーツカーの頂点に君臨しています。この先、GT-Rがどんな存在になっていくのか、もはや憧れる気持ちも全くなく、怖い物見たさと興味本位で楽しみにしています。

スカイラインGT-R(BNR32型)
全長×全幅×全高 : 4545×1755×1340mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直6DOHCターボ 2568cc 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/11/09 11:26 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(14)

旧車・日産・ブルーバード(U11型) 

120112a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120112a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年に日産から発売された7代目ブルーバード(U11型)です。当時のFF化の流れをこのブルーバードも踏襲することとなり、U11型はブルーバード史上初のFF車となりました。カタログ表紙にも、“スーパー・ジェネレーション”、“劇的進化を遂げて”、“4年ぶりのフルモデルチェンジ。”等、大きく変化したブルーバードであることを大々的に謳っていますね。

 さて、このU11型ブルーバード、確かに先代までとは大きく変化を遂げてはいるのですが、それは中身のことであって、一般的にもっとも人目につく部分、つまりスタイルやCMのイメージキャラクター等は大ヒットした先代910型からそれほど変化しているわけではありません。外見上は先代910型と瓜二つのブルーバードを先代と同じく沢田研二さんが紹介しているCMを見るたびに、「このCMを見てブルーバードが劇的な進歩をしたと感じる方はどれぐらいおられるんだろうか?」と当時疑問に思っていたものでした。

 クルマのCMの場合、フルモデルチェンジしたときはもちろん、マイナーチェンジ時や新たなグレードが出されたときでも“新型○○誕生!”ということでPRされますので、基本的にいつも“新型”なんですよね。大ヒットした910型から外見上大きな冒険をしたくなかったということはもちろんわかりますが、中身がガラッと変わったのですから、もう少しスタイルに手を加えたほうがより“新型”をアピールできたのではないかなぁと個人的には考えていました。

 そんな、“あまりフルモデルチェンジしたとは感じられなかったU11型ブルーバード”でしたが、スタイルはともかく、FF化から始まって3ウェイパワステ、3ウェイアジャスタブルショック、燃費計や燃料残量表示機能等、まるで現在のエコカーの定番機能がこの時代に早くも搭載されていたという点がとても興味深いですね。おまけにドライバーの操舵パターンや運転時間から休憩を促す機能まで装備されているとのことです。得意先回りで激務を強いられている営業マンにとってはなんとも嫌味な機能ですね。

 現在販売されているクルマにはエコ・ノーマル・スポーツのモード切替、エコアシスト機能、エコ運転のコーチング機能、さらにはエコ運転の採点機能等ずいぶんいろいろな機能が付いていますが、それらの機能を全部取っ払ってその分安価に販売してくれないものですかね?と個人的には考えているのですが、このU11型ブルーバードの時代からこの手の小細工がいろいろと考えられていたようなので、メーカー、ユーザー共に本質的にこういう機能が好きなのかもしれませんね。電子制御をあまり信用していない私にはなんとも肩身の狭い時代になってしまいました。

ブルーバード・4ドアハードトップ・ターボSSS-X(U11型)
全長×全幅×全高 : 4500×1690×1370mm
ホイールベース : 2550mm
車両重量 : 1160kg
エンジン : 直4OHCターボ 1809cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/12 16:54 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(18)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。