旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

暑い!オクラ元気!私はバテ気味。 

150808a.jpg

150808b.jpg

150808c.jpg

 このところ全国的に毎日厳しい猛暑が続いているようですが、皆様いかがお過ごしですか。私が住んでいる地域も例外ではなく、ここ最近は連続の猛暑日、そして夕立も含めて雨がほとんど降っていないので畑はカラカラ、サトイモ等はもうくたばってしまうのではないだろうかという状態になってしまっています。

 そんな厳しい暑さの中でも、オクラは憎たらしいほど旺盛に成長しています。まあ毎朝畑で新渡戸稲造さん(うちの規模ではオクラ一日分の収量で諭吉さんにはなりません)が待っていると考えれば収穫しないわけにはいきませんが、オクラはとても成長が早いので本当に一日も休むことができません。こんな生活が既に1ヶ月半ほど続いていますので、さすがに少々バテ気味になってきました。9月末までこの状態が続くと思うとうんざりしてきます。

 とはいえ、オクラは収穫して袋詰めするだけで出荷できますし、何よりも物が小さいので、商品作物としてはとても優等生です。(大根50本出荷しようと思ったら大変ですからね。)2枚目の写真にあるように、取り残してしまった巨大化したオクラをそのまま放置しておけば来年の種もできてしまうという、原価もまったくかからない大地の恵み、当てにならない年金よりはずっと老後の助けになってくれそうです。オクラの成長を見ていると本当に大地のパワーには頭が下がります。

 オクラ同様、この猛暑の中で元気なのが十六ささげ。こちらはぶらんぶらんと実っているものを収穫し、束ねるだけで袋詰めもせずに出荷できるのでさらに楽チンです。ささげは長さこそありますが、細いし軽いし、数十束用意しても大した嵩にはなりません。夏場は体力の消耗が激しいので、栽培する品目もできるだけ手間がかからないものを選択しなくてはなりませんね。

 ちょっと前に反町隆史さんが主演されていた限界集落をテーマにしたテレビドラマが放送されていました。最近では似たようなテーマで唐沢寿明さん主演のドラマが始まったようです。この手のドラマのような形で地方の活性化が進んでいくのか、はたまた一部で報道されているように都市部の高齢者を受け入れるという方向へ動いていくのか、いったいどうなっていくんでしょうね。まあ、いずれにせよ、都会には都会の、そして田舎には田舎の長所短所がそれぞれにありますから、どちらで過ごすにしても、ブームや周囲の方針によって流されるのではなく、自分自身の水に合ったほうを選ばないと自分も周囲も不幸になってしまうかもしれませんね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/08/08 16:05 ] その他 | TB(0) | CM(8)

農家のゴールデンウィーク 

150509a.jpg
ジャガイモの花

150509c.jpg
柚子の花

150509d.jpg
レモンの花

150509e.jpg
温州みかんの花・実

150509f.jpg
山椒の実

150509b.jpg
オクラの発芽

 天候に恵まれた今年のゴールデンウィーク、皆様は満喫することができましたか?農家である私は毎年のことながら、夏野菜の準備であっという間に『黄金週間』が過ぎ去ってしまいます。忙しい反面、畑の様子が日に日に変わっていくので、作物の成長をとても実感できる幸せな時期でもあります。

 ジャガイモの花が咲き出す頃、果樹園では柚子やレモンの花も咲き始めます。温州みかんの花は一足先に花のピークを迎えており、既にみかんの実が姿を現し始めています。同じくミカン科に属する山椒は、ちょうど実山椒として収穫適期になっていますので、毎日せっせと収穫しては出荷しています。ちりめん山椒にするととてもご飯が進むんですよね。

 この地域では、5月7日に種を蒔くと良いと言われている(誰が言い出したのかはわかりませんが、昔からそう言われているようです)オクラも、言い伝えどおり7日に蒔いた種が本日発芽を確認できました。日進月歩とか秒進分歩とか言われていますが、自然界の時間は人間社会がどれだけスピードアップしようとも変わらないんですね。

 さて、最近なにかと話題になっている箱根山、ちょっと心配な状態になっているようですが、こちらは3000年前に大きな噴火があり、現在の大涌谷や芦ノ湖が出来上がったとのこと。もちろんそれ以前にも噴火を繰り返しており、数十万年の単位で活動を続けてきたようですね。

 最近は活発化している火山が多いようで、それらのニュースを聞くたびに、地球の時間と植物の時間と人間社会の時間、それぞれ違う時間軸で動いているもの同士が同居しているということをとても実感します。我々は人間ですからどうしても人間社会の時間軸を基準に物事を考えてしまいがちですが、植物は人間のことをなんてせっかちな生き物なんだと考えているかもしれませんし、地球は植物や人間のことを、剃ったら濃くなっちゃった~、という感じで肌の産毛程度にしか思っていないかもしれませんね。

 巷で叫ばれている成長戦略大いに結構、稼ぐ力を強化して世界でトップレベルの雇用環境実現というのも大歓迎なんですが、「稼ぐ力」と「生きる力」はイコールではないような気がちょっとしています。「稼ぐ力」を身につけたうえで、「生きる力」も同時に蓄えておきたいものですね。(土に触れながら毎日畑仕事に追われていると、クルマのモデルチェンジがとても些細な誤差のように感じられるようになってしまって、ちょっと困っています。)


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/05/09 12:01 ] その他 | TB(0) | CM(6)

ノーベル賞の光と足元の光 

141210a01.jpg

141210a02.jpg

141210a03.jpg

 先日、近所のホームセンターへ行ったら懐中電灯コーナーにミニマグライトの交換球が陳列されていたのでひとつ買っておきました。最近はすっかりLED懐中電灯になってしまい、このミニマグライトの球を見かけることが少なくなったんですよね。

 写真左側の迷彩柄のものはかれこれ十数年前に、どなたかの香典返しのカタログギフトで頂いたミニマグライト。枕元に常に置いてあり、今でも結構頻繁に使っています。初めてこのマグライトを点灯させたときには単三乾電池二本の懐中電灯としては驚異的とも思われる明るさに感動し、近所の雑木林まで届く光線を眺めては世界中でベストセラーになっていることを納得していたものでした。

 時は流れ、名古屋と四国でLEDの研究に取り組まれていた優秀なお三方のおかげで照明としてのLEDがどんどん市場に出回り始め、米国のマグライト社もLEDを採用した新型のミニマグライトを世に出しました。写真右側が2年ほど前に購入したLED版のミニマグライトです。その明るさたるや、まったく今までのマグライトとは桁違いで、電球タイプでは辛うじて届いていた雑木林への光線が、まるでサーチライトで照らしているかのようです。それでいて電池の持ちは倍以上、玉切れもほぼ考えなくて良いとのことです。照明に革命をもたらしたとのことでノーベル賞の受賞対象となるのも肯けますね。

 家庭用のLED電球もかなり価格がこなれてきたのでうちも浴室や廊下等を少しずつLEDに替えています。最近はクルマのテールランプはほぼLEDになっており、ヘッドランプもLEDとなったものがチラホラ出始めてきましたね。ヘッドランプについてはまだ高級車のみですが、LED懐中電灯や家庭用LED電球の普及度合いを見るとほんの数年で軽自動車にもLEDヘッドランプが普通に採用されそうな雰囲気です。本当に技術の進歩はすごいものですね。

 ところで、先に私は電球のミニマグライトを初めて点灯させたときにその明るさに感動したと書きましたが、LEDマグライトが登場したからといって、電球式が暗くなったわけではありません。今でも当時と変わらずちゃんと雑木林まで光線が届きます。ランプは今までに何度か交換しましたが、このミニマグライトは本体に交換球を一つ収納するスペースがありますので、ランプ切れで困るということもなく、懐中電灯として素晴らしいものであるという思いは今でも変わりません。しかし明るさに感動することはもうありません。

 電球式マグライトとLED式マグライトで同時に雑木林を照らすと、電球式が点灯しているのかどうかわからないほどその光はLED式の光に隠れてしまいます。技術の進歩は本当に素晴らしいもので、私達はその恩恵を常に受け続けて『より』快適な生活を送ることができるようになっています。しかし電球式マグライトを手に入れたときも、その明るさに感動し、『より』快適な生活を送ることができるようになったと記憶しています。

 今、選挙の真っ只中、与党候補も野党候補も、国民皆の所得が『より』向上するようにと訴えかけておられます。仮に国民全員が一律に『より』20%所得が向上したら今よりも『より』快適な生活になるのだろうかと疑問に思うこともありますが、そんな個人的な疑問はさておき、たまには電球式マグライトで足元をしっかりと照らしながら夜道を歩きたいと思います。ノーベル賞の光ではなく、今となっては薄暗いとも感じられる、かつて感動した光をもたらしてくれた旧型マグライトでしか照らせない自分の足元もあるかもしれませんからね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/12/10 17:37 ] その他 | TB(0) | CM(2)

高血圧には気をつけて! 

141109a.jpg

 クルマとは関係ない話ですが、先日受診した健康診断の結果を聞きに行ったら高血圧を疑われ、貸し出し用の血圧計を渡されて2週間毎日の血圧を記録するように言われてしまいました。上が150で下が100、まあ高血圧を疑われても当然の血圧ですね。

 今まで血圧なんて気にしたこともなく、普段の自分の血圧も、高血圧と呼ばれる状態がどれぐらいなのかも知りませんでした。しかしながら先生からいろいろと説明を受け、「高血圧管理手帳」なるものまで渡されてしまいましたので、自分なりに少し調べてみました。

 確かに150mmHgと100mmHgというのはかなり高いようです。それに血圧計を貸し出してまで毎日の測定を求められるなんて、ただ事ではないと少々戸惑ってしまいました。ちなみに血圧計を借りる際に、当然ながら使い方の説明を受け、いわゆる「壊したら弁償します」の書類に署名までさせられてしまったので病院からの帰り道はとてもブルーな気分でした。

 帰宅してから家族で血圧についていろいろと話をし、病院からお借りしたこんな高価な機械をもし壊してしまったらいけないので、この際家族誰もが気軽に血圧測定できるように1台購入しようと思い、お借りした血圧計のメーカーと型番を調べてみました。すると、なんと価格コム最安値店では1800円送料無料。私はてっきり数万円するものだと思っていましたのでびっくりしてしまいました。もちろん即ポチです。

 ということで写真に写っているのは渡された「高血圧管理手帳」とマイ血圧計、さらに表示されている119と82の数字はマイ血圧です。下が少々高いような気がしないでもありませんが、それほど高い数値ではありませんね。もう数日間測定を続けていますが、だいたいこんな感じです。2週間測定を続けて先生に判断していただかないことにはなんともいえませんが、おそらく「白衣高血圧」と呼ばれる、病院で測定するときにだけ血圧が高くなる状態ではないかと自分では思っています。

 過去の健康診断の結果を見てみたら、近所に新しくできたクリニックで健康診断を受けるようになった3年前からかなり高い数値を示しているようです。ちなみに私は年に一度、健康診断のときにしか血圧を測ったことがなかったので、普段の血圧は知りません。

 心当たりといえば、そのクリニックの副医院長をされている方は女医さんでかなり美人です。悲しい中年オヤジの習性で、毎年その女医先生が担当されている診療室のほうへ並んでしまいます。まあ男の正直な意見として、じい様に聴診器を当てられたり腹を押されたりするよりは美人にしてもらったほうがいいですからね。とはいえ、本当に美人先生に胸がときめいて高血圧になっているのであれば、とても家族にその理由を説明できません。もっとも、うちはそのクリニックができてから家族皆がそこで健康診断を受けるようにしているので、もう既にお見通し状態かもしれませんが・・・。

 何はともあれ、朝晩しっかりと血圧を記録して、本当に異常がないことを願うばかりです。せっかく血圧というものに関心を持ち、血圧計まで購入したので、これからは塩分控えめ、ビールもほどほどにして、生活習慣にも注意を払いたいと思います。皆様も高血圧にはくれぐれもご注意くださいね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/11/09 16:44 ] その他 | TB(0) | CM(6)

時が経つのは早い・・・ 

140915a01.jpg

 このブログサービス、1ヶ月以上更新しない日が続くと最新記事の位置に広告が掲載されるようで、ふと気付いてみれば私のブログにも広告が掲載されるような状態になってしまっていました。まだついこの前、下手くそな花火の写真を載せたばかりのような気がしていたのですが、知らないうちにもう1ヶ月も過ぎてしまっていたようです。本当に時が経つのは早いですね。

 その間、私はずっと雑草と格闘していました。毎年この時期は雑草との闘いになるのですが、今年は特に雑草が元気です。台風や日照不足等のために野菜は全国的に高値が続いている一方で雑草は近年稀に見る元気さ、まるで本来野菜へ向かう分の大地のエネルギーが全て雑草に注がれているような感じです。ご近所さんも皆今年の雑草の成長具合に驚いているようなので、うちの畑だけの問題ではないようです。

 とはいえ、野菜を出荷している側の立場からすると、今年は単価が例年の5割増しぐらいで売れてしまうので、いつもより荷が少なくとも実入りは多い状態です。「困った困った」と言いながら毎日雑草を刈っているご近所さんたち、本当に困っているのだろうかと内心疑問を持ちながら世間話をしていますが、きっとご近所さんも私に対して「こいつ、口では困ったと言いながら絶対内心笑っている」と思っているに違いありません。のどかな田舎の農村であっても、人間って皆腹黒いものですね(もちろん私も含めて)。

 さて、私が内心ニヤニヤしながら雑草と格闘していた間に世の中ではランクル70の再販がずいぶん話題になっていたようですね。ファッション感覚で乗換えを促すための新型車とは一線を画した“旧型車”。地域によってはまだ現行のクルマだったから可能な再販ではありますが、最新の技術や装備を投入した新型車を投入する一方で、ランクル70のように熟成された技術のみで固めた“旧型の新型車”ももっと世に出して欲しいものですね。リッター何十キロ走ることができる、というのも一つの性能ですが、百万キロでも走ることができる、何十年でも走ることができる、というのも立派な性能です。トップメーカーであるトヨタがそのような価値観を提示してくれたのはとても嬉しいことですね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/09/15 14:23 ] その他 | TB(0) | CM(14)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。