FC2ブログ

旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ダイナ(Y50/60型) 

120627a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120627a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年にトヨタから発売された5代目ダイナ(Y50/60型)です。発売当初は丸型ヘッドライトでしたが、このカタログが発行された1988年の時点では角型に変更されています。バブル絶頂期に発行されたカタログなのでイメージキャラクターにはいかにもギャラが高そうなマイク・タイソン氏が起用されていますね。ヘビー級のボクサーが写っているととても力強そうなトラックに見えますが、これがもしフライ級のボクサーだと全然力強そうに見えません。イメージキャラクターってやっぱり重要ですね。(とはいえ、タイソン氏の次は確かシブがき隊のふっくんだったような気が・・・)

 さて、今回ダイナを取り上げたのは、このトラックについて何か書くためではなく、ディーゼルエンジン単体の写真で、いちばんカッコよく写っている絵を探していたらこのカタログに行き着いたというだけの理由です。ポーズを決めたタイソン氏と並んで写っているTAFディーゼルエンジン、とても力強そうでトヨタのイメージ戦略は大当たりですね。

 実は今、ディーゼルエンジンにとても興味を持っています。といっても、CX-5等の最新クリーンディーゼルエンジンではなく、“ディーゼルエンジンを天ぷら廃油で動かすこと”についてです。公共の路線バスや市町村のクルマではたまに見かけますが、個人でも天ぷら廃油仕様に改造して実際に乗られている方もおられるようですね。

 まだ勉強を始めたばかりでこの件については知識も技術もまったく持ち合わせていないので詳しいことは何も書けませんが、とりあえずポンコツのディーゼル耕運機でも調達してきていろいろと実験してみようと考えています。そして将来的には農機もクルマも天ぷら廃油、さらに中国製の安価なソーラーパネルと廃バッテリーを組み合わせた独立系太陽光発電システムを構築して、その予備電源としてのディーゼル発電機も天ぷら廃油、農作業をしながらこんな下らない妄想ばかりしています。晩酌しながら家族にこの壮大な計画を語っても「よそから天ぷら廃油貰ってくるなんて恥ずかしいからやめて」と言われていますが、女には男のロマンというものが理解できないんですよね。

 震災から時間が経つにつれ、産業界も以前の大量生産・大量消費モデルへ戻り、政界も政局ゲームの場に戻りつつあるようですが、私はすっかり“クルママニアックス”から“防災マニアックス”に変わってしまいました。高価なリチウムイオン蓄電池や日産リーフから家庭へ電源を供給するシステムも開発されているようですが、私は貧乏人なので、廃品やガラクタで強固な防災システムを構築しようと思っています。人間、生きている限りいつまでも勉強しなくてはいけないものですね。

ダイナ150・スーパーシングルジャストロー・1.25t積(LY50型)
全長×全幅×全高 : 4430×1695×1965mm
ホイールベース : 2255mm
車両重量 : 1450kg
エンジン : 直4ディーゼル 2446cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/27 15:58 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)

旧車・トヨタ・スプリンター(E90型) 

120617a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120617a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1987年にトヨタから発売された6代目スプリンター(E90型)です。姉妹車カローラとともにフルモデルチェンジされましたが、スプリンターのほうが多少メリハリの強い意匠が施され、グレード毎の価格もこちらのほうが微妙に高く設定されていたようですね。当時、このスプリンターの5ドアハッチであるシエロの購入を真剣に考えていたこともあり、個人的には歴代スプリンターの中でも好きなクルマです。

 さて、このスプリンター、『すべてにひとクラス上のクオリティを求めて、いま、新しい高級セダンの誕生です。』、『より優雅に、豪華に、高級に。全身は心地よい贅沢で満たされている。』、『いつまでも愛し続けることのできる、高品質セダンの新しい姿です。』等々の文面から分かるように、キーワードは『高級セダン』です。カローラ/スプリンターといえば大衆車の代表車種ですが、この代はあくまでも『高級セダン』、当然のごとく、当時の高級セダンの証である「下品なエンジ色の内装」も用意されています。

 当時はエンジ色の内装が高級セダンの定番でしたが、現在ではさすがに高級車でもこの色の内装を見ることはほとんどなく、代わりに「木目」が高級車の定番になっていますね。もっとも本物の木目が使われているのは一部の本当の高級車だけで、ほとんどが「木目調プラスチック」、さらに親切なことに、印刷技術が進歩した現在では、その「木目調プラスチック」にもしっかりと序列を付けてくれています。クラウンクラスになると、本物と見分けが付かないほどの「木目調プラスチック」、カローラクラスだとおもちゃの鉄砲のグリップを思わせる「木目調プラスチック」。メーカーもなかなかしたたかですね。

 とはいえ、バブル期に主流だった、銀座の超高級(ぼったくり)クラブのソファーを連想させる「エンジ色の内装」によって高級感を演出するよりも、木が好きな日本人の感性に訴えかける「木目調プラスチック」による演出のほうが好感が持てますね。新型カローラ・アクシオのルグゼールなんてとっても分かりやすい高級感の演出で、あそこまで割り切ってやられるとかえって拍手をしたくなってしまいます。

 そういえばホンダが『高級セダン』2車種を販売終了するとの報道がありましたが、こんな時代ですからそもそも『高級セダン』を欲しがる人がもう少ないんでしょうね。まあホンダの2車種の場合、「こんなの日本で売ってどうすんの?」というようなクルマですから当然の帰結にも思えますが・・・。

 時代はどんどん変化していますが、それに応じて変化する人と頑なに変化しない人がいます。現状維持を主張する人と現状打破を主張する人、いろいろな立場の方がおられますが、それぞれの根底には「経済」というキーワードがあるようです。でもここでいう「経済」とは本来の「経世済民(世をおさめ民をすくう)」という意味での「経済」ではなく「経済成長」の意味だけのような気がします。ほんの一側面のみから「経済」を考えると、歪な社会になってしまうかもしれませんね。現在よく耳にする「経済」が、本当は「経世済民」のほんの一側面だけなんだということを認識して、「経済」とうまく付き合っていきたいものですね。

スプリンター・1500・SEサルーン(AE91型)
全長×全幅×全高 : 4215×1655×1365mm
ホイールベース : 2430mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1498cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/06/17 14:48 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)

旧車・トヨタ・スターレット(EP71/NP70型) 

120218a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120218a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年にトヨタから発売された3代目スターレット(EP71/NP70型)です。トヨタのボトムレンジを担うスターレットもこの代からカローラ等と同様にFFとなりました。3代目には100PSオーバーのターボエンジンが搭載されたグレードも用意され、“かっとびスターレット”という愛称で走り屋の方々からも人気があったクルマでしたね。

 さて、3代目スターレット、このカタログはモデル末期のものなので“辛口ターボ”というキャッチフレーズが記載されていますが、その言葉通り、本当に辛口なクルマでした。こういう“辛口”(じゃじゃ馬的?)が好きな方にはたまらないクルマなんでしょうが、個人的にはこのクルマは“中辛”ぐらいがちょうど良いのではないかと思っていました。まあそう考える方はノンターボのグレードを選べば良いだけですから、辛口も中辛も甘口も用意してくれていた当時のトヨタはある意味、とても良心的でしたね。

 この“辛口ターボ”、当時近所のガソリンスタンドの息子さんが乗られていました。スタンドへ行くたびに、オーナーが苦い顔で、「また息子が事故を起こした」と何度も愚痴をこぼしていたことを覚えています。スタンドの隣に住居もありましたから、常に生傷の絶えない“辛口ターボ”をよく見ていました。

 最初のうちは板金修理をしていたようですが、そのうちに素人タッチアップだけの修理となり、最後にはガードレールの白と思われる白いラインもそのままで、どこにこすったのか容易に想像できそうな様々な傷を勲章の如く近所に披露していました。

 オーナーはいつも「スターレットが走りすぎるから」と愚痴をこぼしていましたが、息子さんのスターレットを見るたびに、「これはスターレットの性能が問題なのではなく、息子さんの性格か運転技術に問題があるのでは?」と思っていました。(もちろん思っただけで、口には出していません)

 あれから四半世紀が過ぎ、現在そのガソリンスタンドは営業していません。息子さんが亡くなったという話は聞いていませんので元気でおられると思いますが、同居はしていないようです。まだご健在のオーナーが乗られている軽がひっそりと停められた隣の住居を見るたびに、「やっぱりスターレットの性能ではなく息子さんの性格だろう」という思いと、当時の勲章だらけのスターレットを思い出します。

スターレット・3ドア・ターボS(EP71型)
全長×全幅×全高 : 3770×1600×1380mm
ホイールベース : 2300mm
車両重量 : 790kg
エンジン : 直4OHCターボ 1295cc 110PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/02/18 12:10 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(12)

旧車・トヨタ・セリカ(ST160型) 

120117a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120117a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1985年にトヨタから発売された4代目セリカ(ST160型)です。同時期に発売されたカリーナED、コロナクーペと姉妹車関係に当たりますが、三者三様でどれもそれぞれに特徴があってカッコよかったですね。個人的にはコロナクーペが一番好きでしたが、このセリカも映画『私をスキーに連れてって』で派手なアクションシーンを披露したこともあり、とても印象に残っているクルマです。最近では姉妹車というと名札が違うだけのクルマが多いですが、このようなそれぞれに特徴があってカッコいい姉妹車というのは大歓迎ですね。

 さてこの4代目セリカ、掲載したカタログはセリカ登場時のものなのでちょっとラインナップが寂しいですが、後にフルタイム4WDのGT-FOURやオープンカーのコンバーティブルといった個性的なグレードが追加されます。セリカの中だけでも魅力的なクルマが選び放題、姉妹車のカリーナEDやコロナクーペ、さらには上級のスープラやソアラ、下級のレビン/トレノと、当時はスペシャリティカーのオンパレードですね。出るぞ出るぞと騒がれながらハチロク1台の話題で2年以上も時間が稼げてしまう現在では考えられない状態です。

 そういえば、セリカもこの代から他車の例に漏れず、FF化されました。個人的にはセリカは4代目、5代目、6代目とどんどんカッコよくなっていったと思っていたのですが、私の思いとは裏腹に人気はどんどん落ちていきました。やっぱりFF化されたのが原因なんでしょうかね。セリカを始めとするFFスペシャリティカーの人気が落ちていく反面、それこそ中古の86レビン/トレノや日産シルビア/180SXは根強い人気を保ち続けました。さらにはセフィーロやローレル、チェイサー等でスポーツ走行(ドリドリ)する文化が生まれてきました。

 そして現在、“スポーツ走行”=“FR車でドリドリ”という図式が出来上がり、“FRでなければスポーツカーではない”というような風潮まで生まれていますね。豆腐屋の漫画が始まり、ドリフト雑誌が出始めたのは90年代後半から、そしてD1グランプリが開催されるようになったのは2000年代に入ってからです。スポーティーカーの人気が落ち、生産中止車種が出始めるようになった時期と完全にかぶっていますね。

 メーカーの言っている“クルマ本来の楽しさ”というのが私にはよくわかりませんが、ユーミンのカセットをかけながら彼女を隣に乗せてこのセリカでスキー場へ向かうドライブは、間違いなく“クルマ本来の楽しさ”を味わっていた時間だと思います。なんといっても“カッコいいスポーツカー”で“彼女とドライブ”ですからね。個人的には、“体育会系”よりも“同好会系”のほうがより“クルマ本来の楽しさ”が味わえるような気がしています。ユーザーの大部分はストイックなアスリートではありませんからね。

セリカ・2000GT-R(ST162型)
全長×全幅×全高 : 4365×1690×1295mm
ホイールベース : 2525mm
車両重量 : 1120kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 160PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/17 15:03 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(14)

旧車・トヨタ・セルシオ(F10型) 

120104a01.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a02.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a03.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a04.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a05.jpg
(画像クリックで拡大)

120104a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

 今年1台目は、1989年にトヨタから発売された“高級車の新しい世界基準。”、初代セルシオ(F10型)です。この初代セルシオ、非常にしっかりした作り込みがされている高級車ゆえに現在でも現役の車体が多く、3代目、4代目であろうオーナーの素晴らしい芸術的センスにより、初代セルシオの美しさを見事に封印した下品な姿で“高級車の新しい世界基準。”を形成していますね。まああれはあれで好みの問題ですから他人がとやかく言うことではなく、無意味な光沢インチアップホイール等のアフターパーツ販売によって経済効果が生まれているのでしょうからサブカルチャーとしては良いのかもしれませんね。

 さて、この初代セルシオ、私自身、実は一度もこのクルマを運転したことはないのですが、当時、取引先の社長が乗られていたので、後席に乗せていただく機会は頻繁にありました。初代セルシオといえばその驚異的な静粛性がいつも話題になっていましたが、初めて乗せていただいたときにはやはりその静粛性にびっくりしました。うまく表現できませんが、“クルマが走っていく”というよりも、“空間が走っていく”とでも言いましょうか。トヨタが徹底的に作り込んだ“高級車の新しい世界基準。”だけあって、ただただその素晴らしさに唖然としたことを覚えています。

 当時は中小企業の経営者の多くがこのセルシオや先にブームを作った日産シーマを競うように購入していましたが、そのような高級車に乗られていた経営者の方から、“うちも厳しいのでもうちょっと工事費上げてください”と言われてもまったく説得力がありませんね。セルシオに乗せていただき、その素晴らしさに感嘆する一方、頭の中では“次の案件ではもっと叩けるな”ということばかり考えていました。

 ところでこのセルシオ、初代に乗せていただいたときにはその素晴らしさに驚きすらありましたが、2代目、3代目となるに従い、素晴らしさを感じる度合いが減ってきたように思われました。単に私の感覚が麻痺して素晴らしさに気付かなかっただけなのか、セルシオの質感自体が落ちてきたのかはわかりません。ただ、価格だけは上がっていきましたね。まあいずれにせよ私には縁のないクルマなのでどうでもよいことですが・・・。

 最後にセルシオの価格表を載せました。この価格表について、人によってはいろいろな捉え方があると思いますが、現在この価格で初代セルシオに比肩し得るクルマってありますかね?個人的には、最近の国産高級車の価格設定にはとても疑問を感じています。

セルシオ・C仕様(UCF11型)
全長×全幅×全高 : 4995×1820×1400mm
ホイールベース : 2815mm
車両重量 : 1750kg
エンジン : V8DOHC 3968cc 260PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2012/01/04 17:40 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。