旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ローレル(C230型) 

090515a01.jpg

090515a02.jpg

090515a03.jpg

090515a04.jpg

090515a05.jpg

 1977年に日産から発売された3代目ローレル(C230型)です。威風堂々としていかにも「私は上流階級の人間なんですよ!」と言わんばかりのオーラが出ていますね。現在の感覚からすると決して大柄な車体ではなく、全長・全幅・全高、そしてホイールベースも現行ブルーバード・シルフィのほうが大きいんです。にもかかわらずこれだけ高級車オーラが出せるのですから、クルマはやっぱり大きければいいというものでもないみたいですね。
 先代のC130型は4ドアセダンと2ドアハードトップのみでしたが、この代からはセドリックで好評だった4ドアハードトップも設定されました。2枚目の画像がそれなんですが、流れるようなスタイルにもかかわらず凛とした存在感があって本当にカッコいいですね。
 昔勤めていた会社の上司で、ローレルに乗られていた方がいました。課長時代もローレル、部長時代もローレル、取締役になられてからもローレル、定年退職されてからもローレルでした。何十年も大切に一台のローレルに乗られていたわけではなく、何度も買い換えておられましたがいつもローレルでした。理由を尋ねたところ、決してローレルが好きなわけではなく、社長がずっとセドリックに乗られているからだとのことでした。社長はあまり派手な方ではなく、バブル期で周りがシーマだベンツだと言っていた時でも古いセドリックにずっと乗っておられました。若い社員でもBMWやクラウンに乗っていた方がいたのですが、とんとん拍子で出世していく上司を見ながら、サラリーマンで成功するにはこういう心配りも必要なのかな~なんてしみじみ考え込んだ記憶があります。

ローレル・4ドアハードトップ・2800SGL(C-KNC230型)
全長×全幅×全高 : 4525×1685×1395mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1290kg
エンジン : 直6OHC 2753cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/05/15 10:37 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(14)
この230型ローレル、発売当時のロードテストでゼロヨン17.85秒!という当時としては驚異的データを出していました。どうも狐につままれたようなので謎を探ったところ、この2000ハードトップの5速マニュアル、何かテスト用に特別に点火時期を調整して混合気も一般の市販車とは変えてあったとのこと。道理で一般市民が乗るローレルとカー雑誌のテスト用のローレルではパワーの出方が全く違うわけです。
事実、巷に出回っていた230型ローレルは排ガス規制ゆえに象のように鈍足で、公称130馬力なのに80馬力ぐらいにしか感じないという評判が強かったです。
[ 2009/07/31 12:50 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
なんといっても『ローレル』ですから、きっと5年落ちぐらいの段階で、中古で購入した血の気の多い次のオーナーが本来の性能を存分に引き出して活用されていたことと思います。もちろん静粛性と上品さはなくなっていますが。
[ 2009/07/31 17:51 ] [ 編集 ]
230現役です^^
まあ、ほとんど駐車場の置物ですが。。。

カタログ。。。
うちにあるのと表紙が違う。
[ 2010/06/22 01:19 ] [ 編集 ]
CF様

コメント、ありがとうございます。
230型ローレルに乗られておられるとはすごいですね。私もこのカタログとは異なる230型ローレルのカタログを持っておりますので、何種類もあるようですね。
[ 2010/06/22 12:01 ] [ 編集 ]
懐かしいですね、
中古のブルーバード→コルトギャラン→ローレル
今は亡き父が最後に乗った車で、一緒に洗車しました。
このカタログよりももっとカッコよかった様な気がしますが?
年のせいでしょうか?昔の車がカッコよかったな~?
この車、今でも展示されているところあるのでしょうか?
見てみたいですね!
[ 2011/03/10 21:24 ] [ 編集 ]
masarumo様

コメント、ありがとうございます。
この型のローレルは途中でヘッドライトが丸目4灯から角目4灯へ変更されています。イメージがちょっと異なるのであれば、もしかしたら角目のローレルに乗られておられたのかもしれませんね。
さすがに30年以上前のクルマですからあまり見かけなくなりましたね。かといってトヨタ博物館に展示されるほど古くはないので、旧車を扱う中古車店にたまに入庫することがある、という状態だと思います。
[ 2011/03/11 09:33 ] [ 編集 ]
関東方面なら、ここに展示してあるかもしれません。

http://www.ikaho-omocha.jp/index.html

私も何回か行きましたが、涙物です。
[ 2011/03/11 12:45 ] [ 編集 ]
カルロス様

参考リンクをあげていただき、ありがとうございます。面白そうなところですね。

ところで、地震は大丈夫でしたか?新潟も大きな地震が発生しているようなので、くれぐれもお気を付けください。
[ 2011/03/12 10:41 ] [ 編集 ]
ご心配いただきありがとうございます。
私のところは、12日の震源地の長野の栄村が比較的近いのですが、被害はありませんでした。
それにしても、東北はひどい状態ですね。私はCBXのオーナーズクラブの会員で、全国に仲間がいます。昨日はその安否確認で掲示板をずっと見ていました。どうやら福島や宮城のメンバーの無事は確認できましたが、避難している仲間もいます。私も中越地震で被災し、一時避難所にいましたが、今回の地震はその規模をはるかに超えています。
お見舞い申し上げます。
[ 2011/03/14 12:58 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
大丈夫とのことで安心致しました。宮城県の沿岸部に住んでいる知人がいるのですが、グーグルが公開した地震後の衛星写真をグーグルアースで見た限り、知人の自宅は津波でなくなっていました。
ただ無事を祈りながらずっとNHKのニュースを見続けることしかできない自分の無力さに、少々気が滅入っています。
一人でも多くの方の命が救われることを祈っています。

[ 2011/03/14 17:23 ] [ 編集 ]
このローレルですが、顔の雰囲気がプレジデントに似ていますね。
シャコタンの80年代暴走族仕様とかにしたらかっこいいです。
これでエンジンをL28あたりにして(それもソレタコデュアルにして)すれば面白いです。
[ 2013/12/27 18:09 ] [ 編集 ]
永山修一様

コメント、ありがとうございます。
『暴走族仕様』というのがカッコいいのかカッコ悪いのか私にはわかりかねますが、少なくとも私自身、カッコいい方が乗られているクルマはカッコいいし、逆にカッコ悪い方が乗られているクルマはどんなにいいクルマでもカッコ悪く思ってしまいます。
1966年式のボルボで480万キロ走っている方が、1台のクルマでもっとも長距離を走った方ということでギネスに載っているそうですが、おそらくもっともカッコいいクルマとオーナーは、そのボルボとオーナーだと思います。
[ 2013/12/28 20:19 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/01/22 20:14 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
オーナーさんは流石に詳しいことまでご存知ですね。私には丸目と角目の違いぐらいしかわかりません。
現在のクルマと比較するとサイズは少し小さいかもしれませんが、存在感はずっと大きそうですね。
[ 2014/01/23 13:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。