旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・スズキ・アルトワークス(CL11V/CM11V型) 

090513a01.jpg

090513a02.jpg

090513a03.jpg

090513a04.jpg

090513a05.jpg

 1988年にスズキから発売された2代目アルトワークス(CL11V/CM11V型)です。初代アルトワークス(CA72V/CC72V型)は前年に2代目アルトの特別シリーズとして誕生しました。88年にアルトが3代目にフルモデルチェンジしたことにより、アルトワークスも初代のじゃじゃ馬ぶりそのままに2代目となりました。
 87年に初代アルトワークスが誕生したとき、軽自動車でありながらツインカムターボエンジンを載せたホットモデルとしてずいぶん話題となりました。現在も続いている軽自動車の64馬力規制は初代アルトワークスの出力が元となっています。
 さてこのアルトワークス、550ccで64PS・リッターあたり117PSと、カタログでもエンジンの高性能さが詳しく紹介されています。現在でも根強いマニアが存在しているように、その走りは軽快を通り超えてちょっと怖いぐらいでした。
 昔よく行っていたスナックのお姉ちゃんがちょうどこの型のアルトワークスに乗られていたので、何度か運転させてもらったことがあります。まるでカートを運転しているような感覚で、好きな人にはたまらない運転フィーリングだと感じましたが、ちょっと過激すぎるような気もしました。いずれにせよ軽自動車の世界に新しい価値観を持ち込んだ名車であることは間違いないですね。
 アルトワークスには何度か乗らせてくれたお姉ちゃんでしたが、お姉ちゃん自身には一度も乗らせてくれませんでした。まあ会社の交際費でちゃんと取引先の方と一緒に「仕事で」行ってただけだから別にいいけど・・・。バブル期ならではの感覚ですね。

アルト・ワークス4WD・RS/R(CM11V型)
全長×全幅×全高 : 3195×1395×1400mm
ホイールベース : 2335mm
車両重量 : 660kg
エンジン : 直3DOHCインタークーラーターボ 547cc 64PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ


[ 2009/05/13 18:56 ] 1980年代スズキ | TB(0) | CM(2)
元気いっぱいなキャラクターで実に楽しい軽自動車でした。何といってもゼロヨン15秒台、同じエンジンがマツダの軽ガルウィング・オートザムAZ-1に積まれたぐらいだからエポックメーキングな一台だったことは明らかです。
[ 2009/08/02 06:02 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
旧規格軽の車体にあのエンジンでしたから、個人的には「楽しい」を通り越して怖かったです。普通の軽はあまりスピードが出ていなくてもスピード感を感じるものでしたが、あのアルトについていえば、スピード感に伴ったスピードが出ちゃっていましたからね。
[ 2009/08/02 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。