旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ギャランΛ(A131/A133型) 

090512b01.jpg

090512b02.jpg

090512b03.jpg

090512b04.jpg

090512b05.jpg

 1976年に三菱から発売されたギャランΛ(A131/A133型)です。同年発売された4ドアセダンのギャランΣの2ドアクーペ版として誕生しました。このカタログは1978年にカープラザ店用として発売されたギャランΛエテルナのものです。
 今見てもカッコいいですが、発売当時に見た印象は、「すげーかっこえー!外車みたい!」でした。当時は現在ほど外国車を見かけませんでしたから、見慣れないカッコいいクルマはすべて「外車みたい!」という感覚でした。
 ちなみにまったく同時期、76年12月にトヨタの3代目マーク?(X30型)が発売されていますから、両者を比較するといかにこのギャランΛが「外車みたい」なのかがわかります。
 すばらしいスタイリングで人気を博したギャランΛでしたが、80年のフルモデルチェンジではほとんどスタイルが変わっていない2代目となりました。「美人は3日で見飽きる」ではないですが、やっぱり多少はスパイスを効かせないと人気が続かないようですね。2代目ギャランΛは後継の地位をスタリオンに譲って消滅してしまいました。
 それにしてもギャランΛ、スタリオン、そしてGTOと続く三菱のスペシャリティーカーの流れは徐々に「外車みたい」度が激しくなっていきましたね。GTOに至ってはアメ車風なのかフェラーリ風なのかポルシェ風なのかまったくわからず、マイナーチェンジを繰り返す度に「痛車」風になっていきました。しかしながら「ブスは3日で見慣れる」ではないですが、最近中古屋でGTOを見ると、一度乗ってみたいなと思ってしまいます。人間、歳を重ねると許容範囲が広くなってしまうのかもしれませんね。

ギャランΛエテルナ2000・スーパーツーリング(A133A型)
全長×全幅×全高 : 4650×1695×1330mm
ホイールベース : 2515mm
車両重量 : 1165kg
エンジン : 直4OHC 1995cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/05/12 17:46 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(2)
ギャランΛ懐かしいです。35年前フジテレビでやってた刑事ドラマ「華麗なる刑事」で草刈正雄が乗る劇用車でした。色は赤で、相棒の田中邦衛が乗ってたのは同じ三菱の白いランサー・セレステでした。この二台が並走しながら二人が無線で言葉を交わす場面はよく憶えてます。かっこいい車でミニカーも持ってた記憶があります。
[ 2012/02/21 15:47 ] [ 編集 ]
鮫肌様

コメント、ありがとうございます。
当時もカッコよかったですが、今見ても十分カッコいいクルマですね。私の中で、草刈さんは今でもギャランΛのイメージですが、田中邦衛さんは、『北の国から』の影響で、日産ジュニアのイメージに変わってしまいました。
[ 2012/02/22 10:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。