旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダットサン・ブルーバード(410型) 

090122e01.jpg

090122e02.jpg

090122e03.jpg

090122e04.jpg

090122e05.jpg

1963年に登場した2代目ブルーバード(410型)です。当初は1000ccと1200ccでスタートしましたが、後に1300ccに拡大、そしてスポーツタイプの1600SSSもラインナップに加えました。このブルーバードも130型セドリックと同様、ピニンファリーナによるデザインで、当時「尻下がり」と不評を買ったそうです。「尻下がり」で不評といえば約30年後に登場するレパードJフェリーもそうでしたね。日産が「尻下がり」を造ると売れないという歴史はどうやら繰り返しているようですね。車自体のデザインセンスはともかく、女性を見るセンスはかなり良いようです。カタログ中でわんちゃんを連れている女性、とても美人です。40年以上前のカタログに載っている女性とは到底思えません。クリックすると拡大するのでぜひご覧ください。

4ドアデラックス
全長×全幅×全高 : 3995×1490×1440mm
ホイールベース : 2380mm
車両重量 : 915kg
最高速度 : 140km/h
エンジン : 直4OHV 1299cc 62PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ


[ 2009/01/22 16:17 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(6)
カタログ中のわんちゃんを連れている女性、クリックしたんですけど美人でした!ほんと、40年以上前とは思えないですね!
この人が二十歳だっても、今は76歳になられているんですかね。
[ 2009/05/10 09:06 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
細かいことで恐縮ですが、二十歳だとしたら66歳ですね。加賀まりこさんが1943年生まれ、山本陽子さんが1942年生まれですから、きっとそんな美しいご婦人になられていることと思います。
[ 2009/05/10 14:28 ] [ 編集 ]
素晴らしいお嬢さんとピニンファリナデザインのブルーバード。日産のこのカタログは時空を超えて色あせないセンスを持っていると思います。
ブルーバードのボディの面処理とそれを彩るメタリック中心のペイント。メッキのエンブレム。これらが渾然一体となって艶やかな表情を醸し出していると感じられます。そこへ件のお嬢さん....上流家庭の女性をイメージしたのでしょうか。
彼女は一匹のワンちゃんのママ、小生は一匹のネコ(アメリカンショートヘア)のパパ、この410型ブルーバードのホライズンブルーメタ(水色メタ)で程度極上の物件に巡り会えたら一台手に入れたい衝動に駆られますが、レクサスISとヴィッツで一杯一杯の駐車スペースをどうするか、維持費をどう払うか、現実は思ったように行かない物です(笑)。
[ 2009/08/04 13:36 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
さすがにこの年代の旧車となると仮に極上車が見つかってもちょっと躊躇しちゃいますね。この手の旧車を楽しんでおられる方はほとんどが部品取り用として同型車を複数台確保しておられるようですから、庶民の私にはとても手が出せない趣味ですね。
[ 2009/08/04 18:50 ] [ 編集 ]
セダンの410 411 ブルーバード捜しています。私自身42年にモデルチェンジされた510よりはダサいと思う。しかし今自分もボロダサ デブ オヤジになって410ブルーバードがなぜか欲しくなった。捜しています。腐ったボロをレストアしたい
[ 2014/01/15 17:21 ] [ 編集 ]
鉄骨おじん様

コメント、ありがとうございます。
最近、Gyaoでルパン三世の『カリオストロの城』が配信されていましたが、劇中では銭形警部とともに410ブルが活躍していましたね。
私は農家なのでうちに年代物の農機がいくつかありますが、ボロをいじっている時間って楽しいですね。
[ 2014/01/16 13:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。