旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・レパード(F31型) 

090429a01.jpg

090429a02.jpg

090429a03.jpg

090429a04.jpg

090429a05.jpg

 1986年に日産から発売された2代目レパード(F31型)です。トヨタ・ソアラに対抗するため、初代レパードには存在していた4ドアハードトップをなくし、2ドアハードトップのみが投入されました。しかしながら発売時、まだターボエンジンをラインナップに加えていなかったこともあり、完全にソアラの陰に隠れてしまう存在となってしまいました。
 販売面ではソアラに完敗のレパードでしたが、ある2人の男性により、マニアが熱烈に支持する名車となりました。2人の男性、もうおわかりですね。舘ひろしさんと柴田恭兵さんです。彼らが主演の『あぶない刑事』で主人公が使用するクルマとなったおかげで、このF31型レパードは現在も根強い人気を持ち続けています。それほど古い旧車というわけではないのですが、オークションではこのF31型レパードのカタログが結構いい値で取引されているようですね。
 確かにカッコいいクルマですから、これにあの2人が乗って犯人を追跡するシーンが毎回放送されれば人気がでるのも当然ですね。もし『あぶない刑事』の放送期間がもう少し遅れていて、レパードが3代目のJフェリーになっていたら・・・、きっと主人公のクルマには採用されなかったことでしょう。
 レパードは初代、2代目までは刑事ドラマの主人公が乗ってもおかしくないクルマでしたが、3代目と4代目は性格がガラリと変わり、刑事ではなく悪どい商売で私腹を肥やしている犯人に似合うクルマとなってしまいました。
 それもそのはず、2代目レパードで「レパード」としての開発はいったん中止され、販売の都合上、3代目は北米向けの「インフィニティJ30」がレパードとしてあてがわれたものです。そして4代目は、セドリック/グロリアとほぼ同じクルマに「レパード」の名札を付けただけのものです。当然のことながら、こんなことをしていてはとても商売上成功するはずがありませんので、レパードは4代目を最後に消滅しました。
 それにしてもテレビドラマの影響力というのはすごいものですね。

レパード・アルティマ・V30ツインカム(E-UF31型)
全長×全幅×全高 : 4805×1690×1370mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1460kg
エンジン : V6DOHC 2960cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/29 18:12 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(2)
是非前期型もお願いします!
[ 2010/12/10 13:16 ] [ 編集 ]
良様

コメント、ありがとうございます。
この型のレパードについては、このカタログしか手元にございません。ご期待に沿えず、誠に申し訳ありません。
[ 2010/12/11 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。