旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・キャロル、トヨタ・パブリカバン、昔の新聞から 

090417a.jpg

090417b.jpg

090417c.jpg

 倉庫の整理をしていたら面白いものを発見しました。昔の新聞紙です。日付を見ると、昭和37年6月26日、「中部日本新聞」となっています。現在の「中日新聞」ですね。昭和37年といえば1962年、今から47年前です。作業を中断して新聞紙に目を通してしまいました。
 すると期待するものが載っているではありませんか。マツダ・キャロルとトヨタ・パブリカバンの大きな新聞広告、1頁の3分の1ほどを占める大広告です。
 キャロルの広告には「水冷エンジン・・・4人乗り・・・軽免許の乗用車として発売以来、圧倒的な好評をいただいておりますマツダキャロル!もっと豪華にして・・・デラックスの登場です」
 パブリカバンの広告には「新発売 全く新しいクラス(七〇〇CC二八馬力)の商用車<パブリカバン>が誕生しました。商用にレジャーに、能率よく働きます。」
 なんとも時代を感じさせるコピーですね。それもそのはず、その紙面の裏には「大鵬、佐田そろって土」、「西鉄、首位東映に挑戦」とあります。相撲記事には柏戸の名前も見えますね。
 キャロルデラックスやパブリカバンが発売されたときは「巨人、大鵬、卵焼き」の時代だったんだな~なんて、旧車カタログを個別にながめているときにはとても味わえないような「時代の臨場感」を味わうことができ、ちょっと得した気分になってしまいました。
 ちなみに発見場所は「長持」の中。「長持」って分かりますかね?180cm×70cm×70cmぐらいの直方体の桐でできた箱で、両端に竿を通せる金具が付いたものです。昔は嫁入りの時にそこへ新婚用具を入れて、担いで行列したらしいです。キャロルやパブリカが走っているときに担いで行列したとは考えられないので、きっと後に中身の整理をした折に下に敷いたんでしょうね。

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/17 15:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。