旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ギャランΣ(A131/A133型) 

090413a01.jpg

090413a02.jpg

090413a03.jpg

090413a04.jpg

090413a05.jpg

 1976年に三菱から発売された3代目ギャランです。この代からセダンには「Σ」というサブネームが付きますので、初代ギャランΣでもあります。
 「Σ」というサブネームを浸透させるためなのかどうか分かりませんが、表紙は「Σ」の一文字のみ。かなり手を抜いています。「Σ」といえば数学で頻繁に使うギリシア文字で、ある出版社では「シグマベスト」として学習参考書を展開しているぐらい。文系人間にはちょっとアレルギーのある記号です。そんな記号を車名にしてしまうぐらいですから、三菱の技術者魂はなかなか侮れませんね。
 さて名前はともかく、このギャランΣ、日本車離れしたスタイルのためか、当時実際の大きさよりもずっと大きな車に見えた記憶があります。Σ登場前の三菱車はどちらかというと地味な車が多かったのですが、このギャランΣが成功してからは、ちょっと「派手系」の車が多くなっていきましたね。
 ギャランΣのクーペ版がギャランΛ、かなり派手な車でした。ギャランΛの後継となったスタリオン、とても派手でした。スタリオンの後継となったGTO、派手を通り越していました。
 いろいろな面白い車を発売して車好きを楽しませてくれた三菱ですが、リコール隠し問題後、正統派のすばらしい車を出すようになりましたね。現在のギャラン・フォルティス、とてもいい車だと思います。

ギャランΣ・2000スーパーサルーン
全長×全幅×全高 : 4330×1670×1360mm
ホイールベース : 2515mm
車両重量 : 1130kg
エンジン : 直4OHC 1995cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆


マイナーチェンジ後ではありますが、当時のCMがありましたので引用させていただきます。

にほんブログ村 車ブログへ


[ 2009/04/13 07:59 ] 1970年代三菱 | TB(0) | CM(2)
初めまして。ギャランΣ今見ても良い車です。

プラモデルではこの車は改造車(シャコタン)で登場しています。
[ 2013/10/15 16:26 ] [ 編集 ]
シルバー☆シャーク様

コメント、ありがとうございます。
プラモデルではこの時代のクルマもいろいろと販売されていますね。作って飾りたいものの、なにぶん塗装が大変そうでなかなか手が出せません。
[ 2013/10/16 10:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。