旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・プレーリー(M10型) 

090407a01.jpg

090407a02.jpg

090407a03.jpg

090407a04.jpg

090407a05.jpg

 1982年に日産から発売された初代プレーリー(M10型)です。現在主流となっている、いわゆる「ミニバン」の先駆けとなった車なのですが、当時まだ「ミニバン」という言葉が一般的ではなかったため、カタログではあくまでも「セダン」ということになっています。
 スライドドアも8人乗り3列シートも現在のミニバンではごく普通の装備とはいえ、「セダン初のスライドドアがついた」「8人乗れるから新しい。愉快なセダン」というコピーはちょっと違和感がありますね。
 さてこのプレーリー、その後リバティとなり、現在はラフェスタという名前で販売されています。同じ日産には売れ筋ミニバンのセレナがありますが、こちらはもともとバネットというキャブオーバー車が元祖。現在はどちらもボンネットミニバンとなっていますが、セダンの延長としてのミニバン、キャブオーバー型の延長としてのミニバンということで雰囲気はやっぱり違いますね。
 現在はミニバンブームで、日産に限らずどのメーカーもこの手の車はラインナップが豊富です。衝突安全性の問題からほとんどがボンネット型となり、セダン感覚の運転フィーリングをアピールしていますが、乗ってみるとやっぱりセダン感覚からは程遠く、とても中途半端な感じがします。それに目線が高い位置にあるにも関わらず、車両感覚が極めてつかみにくいですね。
 まあ「売れる車がいい車」なのでどんどん売れる車を造ればいいと思いますが、個人的には車体が大きいミニバンはキャブオーバー型のほうがずっと車両感覚がつかみやすくて運転が容易なうえに、中も広いので使い勝手が良いような気がします。
 大柄なうえに車両感覚がつかみにくい現在のミニバン、その点を補完するためにコーナーセンサーやバックモニター、アラウンドビューモニターなどの付加機能が開発されています。運転しにくい車体を造って高価な付加機能をオプションとして追加させる、こんなことをメーカーは考えていないと信じていますが、昔のキャブオーバー型ワンボックスの運転しやすさを実感している身としてはなんだか現在のミニバンは奇妙に感じます。

プレーリー・セダン8人乗り・JW(E-BM10型)
全長×全幅×全高 : 4090×1655×1600mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 975kg
エンジン : 直4OHC 1487cc 85PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/04/07 18:36 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(2)
この車の特筆すべき点は2014年現在私が知るかぎり他にない
両側ピラーレスのスライドドアではないでしょうか?
スポーツカーでさえカタログの謳い文句に車体剛性なんて
全く気にされてなかった時代ならではといえます
[ 2014/01/18 03:48 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
カタログで真横からの写真を見ると、玉突き事故に巻き込まれたときには見事に乗車スペースがクラッシャブルゾーンになりそうですね。なんだか壁がまったくない昔の木造家屋のようです。昔の家は襖や帯戸を取ったら大広間になりましたからね。
[ 2014/01/18 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。