旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・昔のマツダの商用車 

090326a01.jpg

090326a02.jpg

090326a03.jpg

090326a04.jpg

090326a05.jpg

 1966年開催の第13回東京モーターショーで配布されたマツダの商用車カタログです。表紙は「近く発売予定」のルーチェ・バンです。カッコいいですね。現在ではアテンザ・スポーツワゴンに相当するのでしょうか?そしてボンゴにファミリアバン、三輪トラックT2000まで、マニア垂涎の名車が勢揃いです。
 この第13回東京モーターショーというのはある意味で歴史的なモーターショーです。トヨタ・カローラと日産・サニーが出品され、「マイカー元年幕開け」と呼ばれたショーでした。最先端のルーチェ・バンと三輪トラックが同じカタログにラインナップしているところを見ても、当時の自動車産業がいかに活気があり、急激に進歩していたのかが分かりますね。
 それにしても今あらためて三輪トラックを見ると、とてもバランスが悪そうですね。昔はそこらじゅうで見ていたから特に違和感は感じませんでしたが、重い荷物を積んで高速道路のインターチェンジ等をこれで走れと言われてもちょっと怖くて走れません。

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/03/26 12:08 ] 1960年代マツダ | TB(0) | CM(4)
マツダ車がいっぱいだぁ!
このカタログを見た子供は大喜びマチガイナシ。現に私も喜びのあまり、よだれが… 見慣れない旧車のため、目であるライトが魚のようで、現代の子供にはちとキツイかな。
いろんな形があって、飽きないですね。これを見た当時の子供が寝そべって、ずっと見ている光景が目に浮かびます。

そう。私は死ぬまで“Zoom-Zoom”
おっさんになっても、じいさんになっても少年の心は忘れません。
マツダさん、お願いですから子供達(おっさんの私を含む)があこがれるクルマをつくり続け、そしてそういう企業活動を行ってください!
それが現在もできているのが、もしかして日本ではマツダだけでは。
[ 2009/03/26 21:30 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
ほんとにいろいろな形がありますね。マイクロバスなんて現代の感覚から見ても未来的に見えます。
こうやってまとめて見てみると、ボンゴだけちょっと異質な感じがします。現在でもビアンテだけちょっと異質な感じがしますから、その意味でもマツダは変わっていませんね。
[ 2009/03/27 10:01 ] [ 編集 ]
この初代ルーチェバン、まさしくバンにしておくには勿体ないベルトーネ・デザインの商用車ですね。当時はちょっと洒落た高所得の商店主が自家用を兼ねた商業車として選んでいた形跡が伺えます。
このテールゲートを備えた2ボックス・スタイルゆえこうしたバンタイプはベースとなった4ドアセダンと違い後部に乱気流が生じにくく高速での伸びはセダンにまさるという説も頷けます。もっともトラックタイヤと補助バネの悲しさ、乗り心地やロードホールディングはセダンに一歩及ばなかったのも確かです。乗用5ナンバーワゴンという発想がマツダを始め国産メーカーに希薄だったのはモータリゼーション発展途上期の限界でしょうか。
小生もこのルーチェバンが我が家に小生のランドセルを届けに来た1976年の出来事を鮮烈に覚えております。この当時マツダルーチェ・シリーズは二代目のLA22シリーズとなって数年経っており、初代の面影を残さずアメリカンスタイルをアピールしておりましたが、小生の家に来たルーチェバンは初代モデルで軽やかなエンジン音と走り去る姿の美しさが幼心にも印象的でした。
この他リアエンジンのボンゴは当初4気筒800cc/37psを搭載し後に1000cc/52psに換装しましたがその小動物を思わせる面構えと走り去るときの軽快な音に心を打たれました。がま口を開けたようなフロントマスクが特徴的なE2000系トラックは2トンクラスのいすゞエルフ対抗馬でしたが小生が生まれてからは殆どタイタンに生まれ変わり見る機会に中々恵まれませんでした。そのタイタンが今ではいすゞエルフのOEMである辺り、今昔の感に堪えません。
[ 2009/08/09 23:50 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
子供の頃、親父が初代ルーチェに乗っていたので、このルーチェの顔は個人的にとても思い入れがあります。近所の鉄工所にはこのカタログに載っている三輪トラックがありましたし、ちょっと前までは初代ボンゴと顔がそっくりなポーターキャブがうちにありました。
現在は商用車中心にメーカー間でOEM契約が盛んになり、メーカー毎の色がなくなってしまいましたね。マツダの軽はスズキの軽、マツダのライトバンは日産のADバン等など、ちょっと寂しくなってしまいました。
[ 2009/08/10 17:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。