旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・トヨエース(PK32型) 

090317a01.jpg

090317a02.jpg

090317a03.jpg

 1959年にトヨタから発売された2代目トヨエースです。このカタログは1971年まで製造された2代目の最終型(PK32型)のものです。
 1954年にトヨペット・ライトトラックとして誕生したトヨエース、現在もトヨタの代表的トラックなのですが、実は歴史的にとても重要な意味を持つクルマです。1950年代の小型トラックといえば、まだオート三輪が主流で、初代発売当時も価格が高価であったことから、売れ行きはそれほど良くありませんでした。
 しかし1956年、トヨペット・ライトトラックの車名を一般公募し、『トヨエース』と名付けると同時に価格を大幅に引き下げたため、「トラックの国民車」としてベストセラーになりました。
 そして翌年には小型トラックの販売台数で三輪と四輪が逆転することとなったのです。それ以降、オート三輪は衰退の一途をたどり、現在はありません。
 この『トヨエース』の成功により、後にトヨタから発売される商用車にはほとんど『エース』が付くようになります。
 もし公募で決まった車名が『エース』ではなく『キング』だったら・・・
 『トヨエース』 → 『トヨキング』
 『ミニエース』 → 『ミニキング』
 『ライトエース』 → 『ライトキング』
 『ハイエース』 → 『ハイキング』
 となります。現在職人さんにもっとも愛用されている『ハイエース』が『ハイキング』となりますから、「明日現場にハイエースで行きます」が「明日現場にハイキングで行きます」となってしまいますね。
現場監督が怒ってしまいそうです。

トヨエース標準型1t積み(PK32型)
全長×全幅×全高 : 4235×1690×1920mm
ホイールベース : 2500mm
車両重量 : 1130kg
最高速度 : 100km/h
エンジン : 直4OHV 1345cc 65PS

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/03/17 16:17 ] 1950年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
♪使ってうれしいトヨエース 積んでうれしいトヨエース 仕事がはかどるトヨエース 早く乗りたいトヨエース♪~
そんな「コマソンもどき」が口を突いて出るほど、我が国の代表的な小型トラック・トヨタトヨエースですね。
現行トヨエースは日野デュトロとの共同開発で、環境性能・人間工学共にいすゞエルフの良きライバルたる小型トラックの第一人者に成長していますが、初期のトヨエースは質朴な工業デザインとシンプルな構造を生かした「トラックの国民車」だったことが伺えます。
事実小生が幼児の頃、近所の鉄工所もマーケットも、八百屋も左官屋さんもこぞってトヨエースを愛用しており、そのぐらい信頼できる商用車だったことも事実です。特に二代目トヨエースはそのP型、R型の長閑なエンジン音と素朴なキャビンスタイルがうまくマッチし、ぞうきん感覚(好意的意味で)の魅力を振りまいていました。そんなトヨエースも1950年代生まれなだけに高速時代には適応しきれず1971年に三代目にバトンタッチ、丸形二灯のシャープなマスクと若々しいキャビンスタイル、最高速度120km/h(1600スペシャル/1.5トン積み)の高速性を持つナウ感覚のトラックに生まれ変わったものです。こうしたジーンズが似合うファッショナブルな商用車たる三代目トヨエース、家の新築工事に職人さんがダブルキャブに乗って来ていてそのスタイリッシュさに幼心をそそられました。
こうして「トラックの国民車」として生を受けたトヨエースも日本が豊かになっていくにつれて年々キャラクターを変容し、エンジニアリング的にも人間工学的にも「小型トラックに乗る負い目を感じさせない」充実した商用車へと成長しているのは心強いことではないでしょうか。
[ 2010/01/05 02:59 ] [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます。
個人的にカッコいいスポーツカーはもちろん大好きですが、「働く車・商用車」にも昔からとても興味を持っています。華々しさはありませんが、こういうクルマが世の中にあるからこそ社会が成り立っているのだと思っています。
少々マニアックなので大部分の方には興味のない分野だと思いますが、このサイトでも今まで以上に商用車を取り上げていこうと思っています。虚飾と無関係な『男のクルマ』の魅力を感じていただけたら幸いです。
・・・などとカッコいい文言を並べておりますが、「トラック野郎に憧れて大型免許を取ったにもかかわらず、教習所以来ここ数十年一度も大型トラックの運転をしたことがない自称自動車マニア」の独り言でした・・・。
[ 2010/01/05 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。