旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・クラウン(MS112/MS110型) 

090303a01.jpg

090303a02.jpg

090303a03.jpg

090303a04.jpg

090303a05.jpg

 1979年にトヨタから発売された6代目クラウン(MS112/MS110型)です。同じ年にフルモデルチェンジされた430セドリック同様、直線基調のすっきりしたスタイルですね。典型的な「いかにもクラウン」のデザインです。
 ところで、4枚目までの画像と、5枚目の画像、ちょっと見難いかもしれませんが、何か気づくことがありませんか?4枚目までは2.8リッター、5枚目は2リッターです。外見からは排気量など分かりませんが、バンパーが異なるんです。
 今でこそ3ナンバーボディは一般的ですが、当時はまだ5ナンバー枠の呪縛がありました。排気量が2リッターを超えるクルマでも、3ナンバー専用ボディなどもともと作ってありませんから、バンパーをでかくして3ナンバーサイズの車体にしていたのです。今見るとかなり不自然なバンパーですよね。
 この慣習は後にシーマが大ヒットするまで続いていきます。
 さて、ネットで面白い記事を拝見しました。

 高級車ブームにご用心

 との記事で、証券会社のエコノミストが書かれた記事です。記事によると、「日経MJ」誌のヒット商品番付から面白いことが分かるそうです。

第1次高級車ブーム
・88年 「3ナンバー車」(東前頭)
・89年 「超高級国産車」(東前頭)
・90年 「スポーツカー『NSX』」(西前頭)

第2次高級車ブーム
・04年 「高級セダン」(東小結)
・05年 「レクサス」(東前頭)
・06年 「レクサスLS460」(東前頭)
・07年 「ニッサンGTR」(西前頭)

どちらもこの直後に景気が後退局面に入ったとのこと。

徐々に高級車ブームになっていき、究極のスーパーカーが出た後にズドン!というパターンですね。歴史は繰り返すといいますが、ここまで同じパターンだとちょっと気持ち悪いですね。

クラウン・セダン2800ロイヤルサルーン(MS112型)
全長×全幅×全高 : 4860×1715×1435mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1490kg
エンジン : 直6OHC 2759cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/03/03 11:37 ] 1970年代トヨタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。