旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・セドリック(330型) 

090302a01.jpg

090302a02.jpg

090302a03.jpg

090302a04.jpg

090302a05.jpg

 1975年に日産から発売された4代目セドリック(330型)です。MS60型クラウンで失敗し、MS80型クラウンで見事に保守路線に戻ったトヨタとは正反対に、230型セドリックで成功した日産はさらに抑揚の激しいグラマラスなボディラインの330型を発売しました。
 トヨタ・クラウンと日産セドリック、永遠のライバルなのですが、いい意味で個性的だった競争をしていたのはこの代までで、この後は双方似たような方向性のモデルチェンジを繰り返していくことになります。トヨタが「ゼロ・クラウン」と声高に叫び、日産が「フーガ」と名前を改めた現在でもそれは変わりません。
 70年代も後半になってくると、自動車会社は2度のオイルショックを乗り切り、公害問題による環境意識も芽生えています。なにより社会全体が豊かになり、自動車がごく普通の耐久消費財という扱いになったため、ほとんどの車種が5年前後でフルモデルチェンジを繰り返し、買い替え需要に応えていくという流れを作ることになりました。
 中国やインドなどはこのような流れでまだしばらくの間は自動車産業が栄えていくと思いますが、自動車先進国となっている日米欧は新たなスタイルを見つけ出さなくてはなりません。目指すものが何なのかわからない状態というのはとても辛いですね。

セドリック・4ドアセダン2800SGL(A-P330)
全長×全幅×全高 : 4785×1705×1440mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1445kg
最高速度 : 180km/h
エンジン : 直6OHC 2753cc 140PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ



[ 2009/03/02 11:11 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。