旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富士ハウス破産。その2 

 クルマネタではございませんが、ご了承を。
 一ヶ月程前、富士ハウス破産に関するコメントを書きました。私自身も最近自宅を新築したため、とても他人事とは思えなかったからついつい素人ながらブログに思うところを書いてしまいました。
 その後、約一ヶ月の時間が過ぎましたが、やっぱり他人事とは思えません。
 現状では、スピードパートナーズ社という会社がスポンサー企業として名乗りだし、「株式会社富士ハウス再建パートナーズ」という会社を設立して、建築途中の物件をなんとか完成させるべく奔走しているようです。スピードパートナーズ社という会社がどんな会社なのか、中年オヤジの私には分かりません。しかしながらひとりでも多くの、尋常でない損害を蒙ってしまった顧客が最低限の損害のみで当初の予定だったマイホームを完成させられるようにと切望するのみでございます。
 今日、私邸を面倒見ていただいた会社の営業の方が来られ、富士ハウスの件も含めて雑談しました。その中にはちょっと当方には刺激が強すぎる内容の会話も多々ありました。
 結局行き着くところは、「身分不相応なことに手を出すと取り返しの付かないことになってしまう」ということでした。私は建築・不動産関係の仕事をしているわけではありませんのでこの営業の方がおっしゃっておられた内容を全て理解することは出来ませんでしたが、きっと富士ハウスさんは「身分不相応なこと」をやっておられたんでしょうね。
 でもこの「身分不相応なこと」っていったい何なんでしょう。住宅会社に限らず、成長しようとする会社はみんなその時々に「身分不相応なこと」をし、それが実を結んでワンランク上の企業体となることができると思うんですが・・・。
 まあ、とにもかくにも今は世界中が大不況、そんな中で「身分不相応なこと」を軌道に乗せられた会社が今後きっと主導権を持っていくんでしょうね。ひょっとしたら自動車業界も構図が変わるかもしれませんね。現に頂点に立っていたビッグ・スリーは瀕死の状態ですから。

[ 2009/02/28 19:56 ] その他 | TB(0) | CM(2)
URLに片山さつき議員のblogを入れました。
東京の男性は、・・・・を読んでいただければわかりますが、最低限の損害のみで当初の予定だったマイホームを完成させることは難しいようです。
[ 2009/02/28 22:03 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
片山さつき先生のブログ、当方もちょくちょく拝見させていただいております。
月並みですが、当事者の方々には気を落とさずがんばってくださいとしか言えません。
私事ですが、拙宅建築とほぼ同時期にご近所さんが富士ハウスさんで普請しました。当時はお互いに意見交換等よくしていたものですが、最近は微妙に空気が重くなってしまいました。
それにしても、ミサワをトヨタが救済したときは同じ住宅メーカーということで納得していたのですが、今回のITベンチャー企業による住宅会社の救済というのはちょっと小生には理解できかねています。
[ 2009/03/01 07:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。