旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・B360 

090225a01.jpg

090225a02.jpg

090225a03.jpg

090225a04.jpg

090225a05.jpg

 1961年にマツダから発売されたB360です。61年の発売当初はR360クーペと同じVツインエンジンを搭載していましたが、63年にはキャロルと同じ直4エンジンに変更となりました。その後68年まで生産が続けられ、以降はポーター、ポーターキャブへバトンを渡すことになります。
 さてマツダといえばアルミエンジンのことを『白いエンジン』と呼び、この時代のカタログには必ずエンジン性能に関する記述が詳しくあったものなのですが、B360の後継であるポーターキャブは、排気量が550ccとなってからは三菱製エンジンを積むようになります。そして20年にわたりフルモデルチェンジをすることなくポーターキャブを生産した後は、スズキの軽トラ・キャリイをスクラムという名前で販売することになります。つまり現在はマツダ製軽トラックは存在しません。
 三輪トラック『マツダ号』から自動車生産をスタートした会社なのですが、軽トラックにはあまり積極的ではないようですね。
 個人的にはマツダの起源でもある軽トラック製造をぜひ復活していただき、『平成のマツダ号』を誕生させてもらいたいものです。どうせCMキャラクターに劇団ひとりさんを使うのなら、ビアンテではなくマツダ製新型軽トラックに乗っていただき、『マツダの軽トラ、サイコー』と言っていただいたほうが効果的な気がするんですが・・・。
 現状ではビアンテのセールスポイントである広々としたスペースには大沢親分が怖い顔で乗られているような気がしてなりません。

マツダB360(KBDA33)
全長×全幅×全高 : 2995×1295×1470mm
ホイールベース : 1990mm
車両重量 : 575kg
最高速度 : 79km/h
エンジン : 直4OHV 358cc 20PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/25 14:22 ] 1960年代マツダ | TB(0) | CM(8)
ポーターキャブのお父さんなんですね!
勉強不足でした。自身のマツダ書籍を引っくり返して見ております。R360クーペとは違った魅力があり、かわいいです。バンもいい味だしていますね。現代のクルマが失ってしまった何かを感じます。それが何なのかすぐに説明することはできないのですが。

是非マツダに軽自動車生産復活…
ところで、先月の生産・販売実績が発表になりました。予想以上の悪さ、国内海外とも最悪ですね。どうするどうなる。私にできることはマツダを信じて愛車を乗りまわすのみ。過去どんな困難をも克服してきたとはいえ非常に心配でたまりません。
[ 2009/02/25 23:19 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
他メーカーも悪いですが、マツダ・三菱は半減なのでかなり厳しいですね。中国新聞社のHPで『Stories on MAZDA』(http://www.chugoku-np.co.jp/MAZDA/index.html)を読みながら、きっと何とかなるだろうと自分に言い聞かせております。
[ 2009/02/26 11:13 ] [ 編集 ]
何とかなってもらわないと、ただの1ファンではありますが、困ります。今までマツダがつちかってきた信念だけは、何としてもかたくなに守りぬいてほしいです。私がマツダを愛する理由もそこにあります。
[ 2009/02/26 22:52 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
私も一マツダファンとして、「ロータリーのマツダ」「スポーツカーのマツダ」をずっと続けて欲しいと思います。素人の個人的な考えなのですが、プレマシーで実験しているロータリーハイブリットは他社のレシプロハイブリットと異なり、回転運動の動力源どうしを組み合わせた最高のシステムに化けるのではないかと期待しています。
[ 2009/02/27 11:24 ] [ 編集 ]
 オート三輪とともに絶滅した車種は「ボンネット軽トラ」ですよね。積載量が小さいから仕方がないことです。
 確か、私の知る限り最後のボンネット軽トラは「スズキマイティーボーイ」だったと思いますが、平成に入りこれも生産中止になりましたね。もっとも「マーボー」は元来の軽トラとは違ったコンセプトの車でしたが。
 このB360私の幼少時の原体験では、畑のなかで荷台に白菜やら大根などが高く積まれ上に莚をかけて農道を上下左右に車体を揺らしながら行く光景です。
 ところで、私の実家の近くに「筋金入りのマツダ車乗り」の方がみえました。もう既に亡くなられているのですが、そこの家、グランドファミリアやルーチェと車が変わることはあっても多分初めて買われたB360(不動車)のバンが一緒の車庫に置いてありました。よっぽど思い入れがあったんでしょうか?今は、跡継ぎの息子さんがセルシオをいわゆるローダウンした少々恐めの車に乗っていますが、あのB360バンどうなったのかな?代が替わったので処分(売却?)されてしまったのかな?ちなみにその家は「大農家」です。
[ 2012/03/11 10:38 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
うちにはB360はありませんでしたけど、ポーターキャブがずっとありました。エンジンは三菱製でしたが、一応クルマとしてはマツダ車です。懐かしいですね~。
ところで、その「大農家」のセルシオに乗られている息子さん、きっといろいろな重荷を抱えておられることと思いますよ。
今日、早朝に訪問客があり、誰かと思えば近所の○○さん。来年度の実行組合の役員が私に回ってきてしまったそうです。は~、これでまた雑用に振り回されてしまう・・・。「大農家の跡継ぎの息子さん」って、意外と大変ですよ。
[ 2012/03/11 19:52 ] [ 編集 ]
私は大農家ではありませんが、農家の後継ぎです。しかも本家。
昨日も町内の若手から、神社の役員の相談がありました。次の役員候補がもう受けられないと相談してきて、どうしようかと。あーあ、いますね何かと理由をつけて断る人。自分が出来ないなら、自分でできる人を探す努力をしましょうよ。私もこの先、神社とお寺の役員は一生続けなければなりません。
あ、車の話題では無かったですね。失礼しました。
[ 2012/03/12 18:07 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
本家の農家の後継ぎ、まったく私と同じ立場ですね。ご苦労お察しします。神社、お寺、町内会、実行組合・・・、まあいろいろと面倒くさいことが多いものですね。愚痴っていても仕方がないので、それらもひっくるめてこなしていくのが後継ぎの役割だと諦めています。
とはいえ、私はまだご先祖様方が残された地域を現状維持で次に引き継ごうと考えているかなり珍しい人種の一人みたいですが、この地でも、長老方が亡くなられ、その次の代は東京で勤め人をしているから農地はいつの間にやら分譲住宅(法的には建たないはずなんですけどね?)や除草剤付けの不毛の地に変わっているところが多いです。
私も東京で勤め人をしていましたから人のことはあまり言えませんが、なんだか寂しいものですね。日本にない資源を輸入加工し、それを輸出して儲けるのが日本のあるべき姿、なのかもしれませんが、身近にある資源をまったく使わずに(それどころか、身近の資源を潰して)、無いものに注力するのが本当にあるべき姿なのかな~、なんて下らないことを最近よく考えるようになってしまいました。
[ 2012/03/12 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。