旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・カローラ(KE70/AE70/TE71型) 

090220a01.jpg

090220a02.jpg

090220a03.jpg

090220a04.jpg

090220a05.jpg

 1979年にトヨタから発売された4代目カローラ(KE70/AE70/TE71型)です。このカタログはハードトップ、クーペ、リフトバックのもの。
 表紙からしてかなり走りを意識した「熱い」カタログになっています。
 「多くのクルマ達が虚飾の中に置き忘れてしまった走りの本能が、3つのフォルムとなって80年代の世界の道を駆け巡る」
 「カローラから広がる新しいライトウェイト・スポーツの世界。大切なのは、実際にコックピットに身をうずめ、ハンドルを握ったフィーリング。」
 どちらもカタログ中の文章です。「虚飾」ばかりのクルマを乱発しているメーカーのカタログとはとても思えませんね。
 カローラ・レビンといえば「頭文字D」の影響でこの次の代が根強い人気を持っていますが、それ以外のレビンも常にライトウェイトスポーツの代名詞でした。
 一昨日発売されたカローラアクシオGTが起爆剤となってまたこういうクルマがたくさん出てくれると嬉しいのですが、昨日カローラ店の店長さんとお話した限りではちょっと難しそうな予感。

小生:「最近のトヨタさんはこういうクルマ出してなかったから、こういうの出るとちょっと嬉しいですね。」

店長氏:「今の若い人はお金を持っていない。その親もお金を持っていない。お金持っている人はレクサス買っちゃう。このクルマ(アクシオGT)は今買っておけば絶対にプレミア付きますよ。」

 どうやら営業の最前線ではライトウェイトスポーツの復活なんてまったく念頭にないみたいです。新しいカローラGTのセールスポイントは希少価値による将来のプレミア価格。さすが販売のトヨタです。走りの楽しさよりもお金儲けの楽しさ。なんだか妙に納得してしまった店長さんとの会話でした。

カローラ・クーペ1600レビン(TE71型)
全長×全幅×全高 : 4240×1625×1325mm
ホイールベース : 2400mm
車両重量 : 990kg
エンジン : 直4DOHC 1588cc 115PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/20 16:48 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。