旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・スポーツ800(UP15型) 

090217a01.jpg

090217a02.jpg

090217a03.jpg

090217a04.jpg

090217a05.jpg

 1965年にトヨタから発売されたトヨタ・スポーツ800です。トヨタ2000GTと並び、現在でもマニアから熱烈に支持されている名車の一台ですね。旧車雑誌の『ノスタルジックヒーロー』や『オールドタイマー』等では40年以上昔の車にも関わらず新車同様の状態で乗っておられるマニアの方が頻繁に紹介されています。あれぐらい大切にされればスポーツ800もさぞ心地よいことでしょう。
 さてこのクルマ、ご存知の通り初代パブリカをベースとしたライトウェイト・スポーツカーです。トヨタ2000GTがトヨタの象徴としてのスーパーカーなら、こちらはより多くの人がクルマの楽しさを味わえる現実的なスポーツカー。こういうクルマを現在のトヨタにも出してもらいたいものですね。トヨタ・スポーツ800の車体を復刻してヴィッツのエンジンを積み、120万円程度で出せばきっと売れると思います。300馬力、400馬力あって最高速度250キロオーバーのスポーツカーも魅力的ですが、80馬力のエンジンでも十分楽しいスポーツカーが造れると思います。
 模型メーカーの田宮模型は20年以上前に販売していたラジコンカーを当時のパッケージのまま復刻販売し始めました。それを子供の頃欲しくても買えなかった団塊ジュニア世代は当時の夢を叶えるために大人買いしているそうです。
 団塊世代が憧れた当時の車を復刻販売すればきっと売れますよ。なんといっても団塊世代は退職金いっぱいもらいましたから。

トヨタ・スポーツ800(UP15型)
全長×全幅×全高 : 3580×1465×1175mm
ホイールベース : 2000mm
車両重量 : 580kg
最高速度 : 155km/h
エンジン : 空冷2気筒水平対向 790cc 45PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/17 11:12 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(6)
ごぶさたしております。
でも毎日チェックさせていただいておりました。
だったらコメントしないとですね。ゴメンナサイ。

トヨタが本気出して現実的なライトウェイトスポーツカーをつくったら、我がマツダは脅威にさらされますね。さらに自社内で切磋琢磨してくれるのかな。私はそんなマツダを応援したいものです。
[ 2009/02/17 22:27 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
マツダが脅威を感じるぐらいのトヨタ製ライトウェイトスポーツカー、造って欲しいものですね。レビン、トレノ、MR-2、パルサー、シルビア、インテグラ、CR-X、ミラージュ、ジェミニ等、お手頃スポーツは全滅しちゃいましたから寂しい限りです。
今あるコンパクトスポーツは背が高いクルマばかり・・・・。
[ 2009/02/18 10:14 ] [ 編集 ]
本当に今のトヨタは走りを心から楽しめる、走って楽しいと思えるライトウェイトスポーツカーがないですね。私は旧車の事は無知な若僧ですが、このサイトや他の資料を見て思いました。スバルと提携する合理主義、技術の流用だけでなく、自分の名(トヨタ)を背負わせた心を持った車があれば、どれだけの注目を浴びるか、市場がどれだけ活気付くか、支持層がどれだけ増えるか考えて欲しいと思いました。それだけでもイメージアップなのに。惜しいというか、もったいないです。
私は初代インプレッサの1600ccの一番グレードの低いやつに乗ってました。それでも走りを楽しめました。
[ 2009/05/11 22:54 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
あれだけ豊富なラインナップがありながら、一台も欲しいと思うクルマがないのですから不思議ですよね。日産のスカイラインやZ、スバルのレガシィやインプレッサ、ホンダのタイプR、三菱のランエボ、マツダのロータリー、スズキ・ジムニー等、他社はそれぞれ熱狂的なマニアが存在する車種を抱えているのですが、現在のトヨタには見当たりませんね。
アルテッツァがレクサスに移行してしまった時点でトヨタは庶民に走りの楽しさを伝えることをやめてしまったようです。
でも次の社長はきっとかつてのレビンやMR2のようなクルマをどんどん出すと思いますよ。(根拠はありません。そんな気がするだけです。)
[ 2009/05/12 10:07 ] [ 編集 ]
ヨタハチっっっ!!!
子供の頃から大好きなんですよ~!

ファミリアNEOもサツマイモって思ったんですけど、ヨタハチもサツマイモ♪
なのにヨタハチはカワイイ~♪♪

ヨタハチの売りの一つでもある空力は、「サツマイモ」が理想的なんでしょうかね~?
いや.......F10セルシオもP10プリメーラもcd値いいけど全然わかんないデザインだし....?

ここで空気が剥離してココで巻き込んで....とか勝手に考えるのが楽しいんです、アタシ空力マニアなんでf^^;
cd値を記載している車種って最近減りましたよね。

そう見ると、ヨタハチって揚力もダウンフォースも発生しない完全バランスのデザインなのかな~、下回りが見れないから何とも言えませんけど。

助手席でいいんです。
どなたか乗せてくれません~?
室内から「空冷水平対向2気筒」のサウンドも体感してみたいです(^-^)


偽りの「エコ」が模倣してる昨今、今こそ「シンプル.イズ.ベストなこんなクルマ」が必要なんじゃないかな~。


[ 2012/03/04 16:52 ] [ 編集 ]
にゃんこママ様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、こういうシンプルなクルマっていいですね。ちなみにこのヨタハチ、カタログ燃費は31km/lです。現在とは計測方法も異なるでしょうから実際のところはわかりませんが、もしかしたら現在の「エコカー」よりも燃費が良かったのかもしれませんね。
[ 2012/03/05 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。