旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産セドリック・カスタム(H31型) 

090216a01.jpg

090216a02.jpg

090216a03.jpg

090216a04.jpg

 1962年に日産から発売されたセドリック・カスタム(H31型)です。初代セドリックは1960年に発売され縦4灯のヘッドライトでしたが、これはマイナーチェンジ後、横4灯ヘッドライトになったものです。
 さすが日産の「最高級車」、品があります。3枚目の画像、インパネ周り紹介のコピーは「このクラシックな雰囲気は、最高級車のみがもつ味わいです」となっています。このカタログが発行されたのはまだ国産車が出始めた頃ですので、「クラシックな雰囲気」とはどんな雰囲気をさしているのでしょうか?
 さて、今でこそクラウン、セドリック(フーガ)クラスの高級車をマイカーで持つことは別段珍しくもなんともない状態ですが、やっぱりこの時代は違います。2枚目画像のコピーでは「会議 式典 会見 フォーマルな行事へのご出席に!」とあります。会議、式典はわからないこともありません。しかし「会見」なんて一般人には縁のない行事です。こんな文面からも当時のセドリックがどんな位置づけのクルマだったのかがうかがい知れますね。
 「トップマネージメントのアシスタント!」、つまり大企業の社長さんや重役さん向けのクルマだったんです。

セドリック・カスタム(H31型)
全長×全幅×全高 : 4650×1690×1505mm
ホイールベース : 2690mm
車両重量 : 1260kg
最高速度 : 140km/h
エンジン 直4 1883cc 88PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/16 15:24 ] 1960年代日産 | TB(0) | CM(2)
 以前の投稿と似たような内容で、申し訳ありません。
 私は毎週日曜日夜9時から「運命の人」というドラマを見ているます。内容は割愛しますが、昭和46~47年頃が舞台です。でも、そこに出てくる車たちがいまひとついただけません!首相の車がこのH31セドリック、タクシーに使われているのがプリンススカイラインです。というのも「三丁目の夕日」でCG合成された旧車が秀逸だったからというのが理由で、ドラマスタッフが実車へのこだわりであればその努力には拍手しますが、当時の車を知っている子供だっただけにこんな偏屈な考えをするのは私だけでしょうか?
 ちなみにセドリックで当時のタイプといえば230型ですよね。もしかしたら石原プロに吹替えスタント車であるかも(冗談)あとPスカを使うよりまだ「ケンメリ」タクシーの方が私的には許せます。(誰も許してくれなんて言ってないか)戯言ですみません。
[ 2012/02/21 22:57 ] [ 編集 ]
nishiyan様

ドラマを観ておりませんのでちょっとどのようなクルマが劇中で使われているのかはわかりませんが、山崎豊子さんの「運命の人」なら、総理のモデルは佐藤栄作さんだったはず。佐藤首相のクルマは確か日産プレジデントでしたよね。
当時、230セドリックはうち(田舎の農家)にもありましたから、もし首相のクルマとして使われていたらもっと違和感があると思いますよ。
[ 2012/02/22 10:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。