旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次世代の「クルマ」に関する独り言 

 最近の自動車業界、海外も含めて「次世代のエコカー」に関する話題ばかりですね。いったいどんなクルマが「未来のクルマ」になるのでしょうか。クルマ好きに限らず関心の高い問題です。
 国内ではハイブリット一色といっても過言ではない状態です。ハイブリットというのはもちろんガソリンエンジンと電気モーターの混合動力源。このタイプはきっと後々にはガソリンエンジン部分がなくなり、電気モーターだけになると思います。三菱が近々発売予定の「アイミーブ」は完全な電気自動車ですね。
 さてそれ以外の次世代車といえば、昨今話題になった「クリーン・ディーゼル車」。日産がエクストレイルにて先鞭を付けましたがちょっと影が薄いようですね。いかんせん国内においては「ディーゼル」という響きがちょっと悪印象を与え過ぎです。それに一時期ガソリン価格がとんでもなく高値になりましたが、現在はまた元通りの水準に落ち着きました。あのガソリン高騰はいったいなんだったんでしょうね。そんなこんなでディーゼル車のメリットがまたなくなってしまいました。
 ホンダが開発している燃料電池車、これも理想的ではありますがコストが非現実的。マツダが独自の道を歩んでいる水素ロータリー、これもすばらしい技術だと思いますが、いくらクルマの技術が優れていても、水素ステーションが現在のガソリンスタンドと同程度の利便性で活用できる状態にならないとなかなか普及は難しいと思います。
 こうして考えてくると、次世代のクルマが普及するためには、車自体の技術開発とともにそれを取り巻くインフラ環境の整備が必要になってくることが分かります。電気自動車が普及するためには「充電ステーション」が全国どこでも気軽に使える環境がなくてはなりません。同様に水素を燃料とする燃料電池、水素ロータリーについては、「水素ステーション」がなくてはなりません。
 たまたま現在は金融危機を発端とした自動車業界大不況の真っ只中ですが、それとは別にして、次世代自動車への移行期の真っ只中でもあります。運悪く二つのショックが同時に来てしまいました。
 「充電ステーション」なのか「水素ステーション」なのか、今後の主流はどちらになるのか。もしいまどちらかを購入して、それが主流でないほうのものだったら淘汰されてしまうのか。消費者心理としてはそんなことも購入に二の足を踏む理由のひとつとなってしまいます。
 古くはVHSとベータ、最近では次世代DVD規格、いずれにしても主流とならなかったほうを購入した消費者は結局不利益を蒙ることになってしまっています。
 各メーカーが莫大な研究開発費を費やして育ててきた技術ですからその全てが主流となって花開いてくれることが理想ですが、おそらくそんなに世の中は甘くないでしょう。
 こんなときこそ「国民車構想」や「50年排ガス規制」のような国主導の方針が必要だと思うのですが皆様のお考えはいかに?まあ現在のお役人には自動車会社に対して技術指導できるような見識と知識を持った方がおられるとは毛頭考えてはおりませんが、アメリカのGMやクライスラーに対して、どうしようもなくなってからつなぎのために巨額の税金を費やすよりは、先を見据えて「非主流となるであろう」側にそれまでの研究開発費を補填するから今後は「主流となるであろう」方向にて新車開発をしてほしい、そしてそれに必要なインフラ整備は国策として進めていく、ぐらいの指針を出して欲しいなと思います。(ホントは今後は「これを国内の主流にします!」と断言してほしい)
 「小さな政府」「大きな政府」というのは不況になるたびに言われることですが、小さくても大きくてもどっちでもいいんです。権限を持っている以上、国民に有用な政策を実行してくれれば。いま「公務員倫理なんとか」って騒いでますけど、税金使って公務員に「道徳教育」ですか。まったくふざけた話です。
 今は国民一人当たり1万2千円を出すかどうかなんてことを言っている時ではないですから。


[ 2009/02/15 19:21 ] その他 | TB(0) | CM(2)
ほんとに共感出来ます。各会社の競争は技術等の進歩において、とても有効で、消費者に買ってもらい、消費者に認められれば成功となりますが、それだけではどうにもならない事もありますよね。買い損はほんとによくある話ですね。それにより警戒し安心して買わせないから会社も縮小または、破綻になってしまうんですね。大発展してきた車産業だけに、失業者もすごいです。世界の社会の資本は逆回りで沈んでいっています。金は一定に出回ってるんですから、ぐるぐる回さないとですね。金持ちが使えば会社の人件費にも余裕で回って、そこから新たな消費を生みますよね。車産業の車の価値も上がり、価値のある車が出来、また、その価値のに目をつけた金持ちが買いますよね。それが雇用費に…。世界の経済の活性が素晴らしい車を生み、面白い未来を作ってくれますよね?未来の車はどんなかな?今は大事な転換期。未来を占う転換期、ですね。今、しっかりしなければ。ずるずる時間だけが過ぎて、つまらない未来が来てほしくないです。
[ 2009/05/05 18:42 ] [ 編集 ]
コメント、有難うございます。
他記事にもコメントをいただき、誠に有難うございます。
まだお若い年齢にも関わらず、このようなオヤジのブログにコメントをいただき、誠に恐縮しております。
「未来の車」、楽しみですね。私はオヤジですが、根っからのクルマ好きです。電気モーターのクルマになろうが、バイオ燃料のクルマになろうが、はたまた「電動アシスト四輪車」になろうが、その時々のクルマに心ときめかせてしまうと思います。
貴兄のおっしゃる通り、現在の自動車産業は世界経済の中心といってもいいほどの影響力・存在感があり、この産業がうまく回転するかどうかで世界中の人々の生活レベルが変わってしまうかもしれないような状態だと私は考えています。
経済学の巨匠であるケインズ氏やサミュエルソン氏も難しい書物で述べていたことですが、噛み砕いて考えると『風が吹けば桶屋が儲かる』なんですよね。
私は「アンチ・トヨタ」で、マツダ・アクセラをこよなく愛するマツダファンですが、生まれも育ちもトヨタのお膝元、愛知県民です。今日の自動車不況というものがとてつもなく大きなものだということは身にしみて実感しております。
「つまらない未来」にならないように、「素晴らしい車を生み、面白い未来を」作っていきましょう!『未来』なんて、文字通り「未だ来ず」の状態なのですから、若者がこれから作っていくものです。私はオヤジですが、私もこれから「未来」に口出ししていくつもりです。(現にもうしていますが!)
根っからの(ちょっと偏屈な)クルママニアの私が欲しいと思うクルマがトヨタから発売されるようになれば・・・とてもうれしいことですね。(現時点では一台もありません。いくら地元民といえども、クルマ好きにはちょっと?のクルマしかラインナップにないですから)
[ 2009/05/05 21:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。