旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・セリカ(T230/231型) 

160121_01.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_02.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_03.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_04.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_05.jpg
(画像クリックで拡大)

160121_06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1999年にトヨタから発売された7代目セリカ(T230/231型)です。先代よりも少しダウンサイジングされ、かなり特徴的なヘッドライトを備えて登場しました。発表直後はこのヘッドライト形状にとても違和感を感じていましたが、この手の縦長つり目形状は最近の車種でとてもよく見かけますね。そのせいか、たまに街中でこのセリカを見かけてもまったく古さを感じません。まあ、実際まだ比較的新しいクルマですしね。

 さて、1970年代にスペシャリティカーの元祖として登場し、若者を中心としたクルマ好きから代々人気を博していたセリカも、折からのスポーツカー不遇の時代には抗うことができず、この代をもってひとまず打ち止めとなってしまいました。流行というのは恐ろしいもので、人気がなくなるといくら価格を下げてもまったく売れないようですね。このセリカ、ベースグレードは1.8Lで168万円という、かなりのバーゲンプライスでした。さらにテレビCMで「そろそろ買い替えモードじゃない?新しいトヨタに」なんてバンバン煽っていましたがやっぱり売れず、セリカは生産終了。

 セリカを始めスープラ、MR-S、レビン等、一通りスポーツカーがすべてなくなってしまったら、今度はスポーツカー待望論が出て、お待ちかねの86が登場。あると誰も買ってくれないけれどないと欲しいという、消費者もなかなかわがままなものですね。そんなわがままな消費者を相手にしなくてはならないから自動車メーカーも大変です。「そろそろ買い替えモードじゃない?」なんていう控え目なお伺いCMはやめて、もっと直接的に「エコ替え!」と言い出しました。そのCMの是非はともかくとして、エコカー補助金の効果もあり3代目プリウスを始めハイブリットカーがバカ売れ状態。そして満を持して新型プリウスを発表したらなんと計画の8倍も受注してしまい、工場で働いてくれる方が足りません。さあ、困った困った、というのが現在の愛知県です。

 私の感覚では99年に発売されたこのセリカも、86も、先代プリウスもまだまだ新型車種なのですが、世の中の回転は速いものですね。見事にトヨタのCMが功を奏しているようです。200万円のクルマを15年間乗り続ける人が取得にかけるコストは200万円、一方、200万円のクルマを5年乗って下取り100万、追い金100万で買い替える方は15年で倍の400万円コストをかけることになります。まあこんな単純な計算通りにはならないかもしれませんが、現代のクルマは丈夫ですから15年乗り続けても5年ごとに買い替えてもそれほど維持費は変わらないと思います。

 一億総活躍して皆が「買い替えモード」になると経済成長するのかもしれませんが、個人的には買い替え頻度を半分にしてもよいので、活躍も半分にしたいと考えてしまいます。私は根が怠け者なので、できるだけ楽することを考えてしまうんですよね。

 そういえば、先日農家仲間で旅行へ行ってきました。その中には、私の同級生のお父さんがおられます。彼が言うには、息子さん(私の同級生)が実家へ戻って農業を継ぎたいと言っているとのことです。そのお宅は弟さんが継がれているので、「もうお前が帰ってくるところはない」と断ったそうですが、その話を聞いてなんだか複雑な気持ちになってしまいました。彼は東大出で、現在某メガバンクに勤めており、ちょっと前までニューヨークにいたエリート中のエリートです。以前同窓会で会ったときにはそんなことを考えているようには思えませんでしたが、きっといろいろと嫌なことがあるんでしょうね。

 どんどん活躍してどんどん稼いで、それで本人が幸せならそうすれば良いと思いますが、もう稼げなくてもいいから活躍したくない、なんて多くの方が腹の中で考えているような状態での一億総活躍であるのなら、ちょっと軌道修正が必要かもしれませんね。購入して15年経ったクルマでもテカテカに磨いて大切に乗っておられる方って、次々に新型車を乗り換えている方よりも豊かに見えてしまうのは私だけなのかな。まあ考え方は人それぞれですからね。

セリカ・SS-Ⅱ(T231型)
全長×全幅×全高 : 4335×1735×1305㎜
ホイールベース : 2600㎜
車両重量 : 1120㎏
エンジン : 直4DOHC 1795㏄ 190PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2016/01/22 17:30 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(2)
夜分遅くに、こんばんはです。
私、しつこいようですが、農家の長男です。今は給与所得者ですが。
老婆心ながらその東大卒の息子さんとやら、私から一言言えるとすれば「甘い。」ということです。以前にもコメントしましたが、農家を農業としていくには労力はもちろん消費者のニーズや好み、季節に応じた対応対処など、果ては作付け面積と収穫率など農業ってとても困難な仕事なのです。
最高学府の頂点を出て見える方なので、そのようなことは釈迦に説法かもしれませんが、先日、よく行く魚屋で農業の話になった時、私が何気なく「いちご農家って儲かるんですってね。」と言ったら、魚屋の店主に「儲かるったって、いちご農家は一年で400日働かなければならねんだから。サラリーマンだったら土日休みだけれど、休む訳にはいかねんだから。同じ様に考えんな。」と言われました。
農作物って『機嫌』があるんですよね。私にはよく分からないけれど、たすひく、かけるわるではわからないような。よく祖父が言っていました。
東大卒の息子さん、一度、ネギでもパセリでもいいからプランターで作ってみたらいかがですか。それからでも決断するのは遅くないと思いますよ。
あ、セリカのコメントひとつもしなかった。ごめんなさい。
[ 2016/01/31 01:10 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
彼の場合、大規模農家の長男で、農業を継ぐのが嫌で東京へ出て行ったケースですから、きっと農業の辛さ、大変さは十分承知していると思います。そのうえで戻りたいと言っているようですので、それ以上に嫌なことが銀行であったのかもしれませんね。(部下から「倍返しだ!」なんて言われていたりして・・・)
まあ、現実問題として、すでに弟さんがしっかりと土台を作っているようですので、戻ってこないほうが賢明でしょうね。兄弟で同じ仕事をするとたいていこじれますしね。
ちなみに私は「弟さん」の立場ですから、今になって兄に戻ってこられるとやっぱり困ります。
[ 2016/01/31 16:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。