旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

豊作貧乏! 

151202a.jpg
(ダイコン、大豊作)

 このところニュース等でも報道されている通り、過去最大級のエルニーニョ現象により季節外れの温暖な日が続いています。おかげで畑の野菜はどんどん成長し、収穫時期は軒並み前倒し。日本全国ほとんどの地域でこの傾向となっているようで、農家の方々はみな豊作貧乏状態になっているようです。ほんのちょっと前まで「野菜が空前の高値となっている」なんて報道されていたのが信じられないですね。大規模農家の中には、ダイコンなどを廃棄処分して出荷調整しているところもあるようです。

 うちも他の農家の方々と同様、珍しくほとんどの作物がとてもよくできており、大量に収穫して袋詰めし、タダの隣りのような安値で出荷しています。うちは栽培技術が未熟なので今まであまり「豊作貧乏」状態を体験したことがありませんでしたが(うちはいつも「不作貧乏」)、うちでさえ豊作となるのですから技術が伴った農家の方々の「豊作貧乏」度合はとてつもないものでしょうね。

 さて、昨今偉い方々は農業を成長分野に、とか、輸出ができるような大規模化を、とかいろいろとおっしゃっています。いろいろとおっしゃっている方々はきっと農業をしたことがない方々だと思います。数少ない成功事例を大々的に報道して、「さあ、若いやる気のある君、魅力ある農業で存分に力を発揮して稼いでみないか!」といった類の話をよく耳にしますが、あれは真に受けていいものなのでしょうかね。

 個人的には、農業に魅力があることは否定しませんが、稼ごうと思っているのなら農業はやらないほうがいいと思います。今の世の中、農業よりもリスクが低くて効率よく稼げる仕事はたくさんありますからね。逆に言うと、農業で稼げるような方はどんな仕事をしても稼げる方ですので、他で行き詰ったから農業で、という考えの方はまず間違いなく稼げないと思います。

 私自身、ある小さな事務所を経営しており、収入のメインは農業ではなくそちらの仕事のほうです。やがては農業だけでやっていきたいとは考えていますが、なかなか難しいものですね。管理できないほどの自分の農地があり、倉庫も農機具も作業場もすべて揃っていてもこの状態ですから、若者が見ず知らずの地域で農地を借りて農業を始めるなんて、ほとんど自殺行為のような気がします。農業に興味を持つ若者が増えることは大歓迎ですが、「農業でバリバリ稼ぐ!」なんてことは考えないほうがいいような気がします。

 農家の平均年齢がどんどん上昇しているなか、後継者不足を心配して若者を農業へ振り向かせようと一生懸命なのはわかりますが、そのような状態になったのはそれなりの理由があってのことだと思います。偉い学者先生が農業の可能性について数少ない成功事例をもとにもっともらしく解説されている番組をよく拝見しますが、そのような学者先生はまずご自分では農業をされません。また、農業に携わっていて、現在何とか食べていくことができているような方は、自身のノウハウを他人には言いません。農業って本当に難しいんですよね。

 農業の魅力とは、実際に農業をしてみて初めて感じるものであり、その内容は人それぞれに異なると思います。場合によっては何も魅力を感じないまま、苦痛を味わうだけで挫折するケースも多々あると思います。いや、苦痛を味わうだけならまだましで、いわゆる「専門家」のおっしゃることを真に受けてハウス等の投資をしてしまい、魅力を感じることなく借金を抱えてしまうことすらあります。農業を成長産業にするなんてことをまるで合言葉のように偉い皆さんはおっしゃっていますが、おそらくとてつもなく困難な道だと思います。

 私は農業が好きで、魅力も感じています。バリバリ稼げるとは思っていませんし、また稼ごうとも思っていません。しかし体が動く限りどんな高齢になっても続けようと思っています。もしこれから就農をお考えの方がおられるなら、くれぐれも昨今の偉い方々の言うことは真に受けず、冷静にご自分の状況を分析したうえで、ご自分なりの取り組み方をしてくださいね。取り組み方を間違えなければきっと素晴らしい農業の魅力を感じることができると思います。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/12/02 18:31 ] その他 | TB(0) | CM(6)
こうして読ませて頂くと、「古いクルマ」「古いバイク」の所有や維持と
全く同じ道のりですよね・・・「好きにならなきゃやってられない」と。

お国の偉いサンも追随する学者さんも、自分と身内のことしか頭にない。
政治家皆さんって、ヨメサンの出自が大企業の御令嬢ですから・・・。
どんな政党に変わっても結局皆、代々カミサンの実家の大手取引先である
アメリカの言いなりになり、己の都合の良いほうにしか動きません。

実はこちらでは禁煙運動とタバコの値上げの煽りを受けて自ら命を絶った
農家の話を両手に余るほど聞いた故、今のエコ流行もゲンパツ再稼動も
全く以って支持する気になれずに暮らしている次第であります(嘆)。
[ 2015/12/03 21:10 ] [ 編集 ]
紺之介様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、好きでなければやっていられないと思います。そもそも私が農業をしているのは、農地を貸していた農家の方々が皆やめられて、農地の管理を自分でしなくてはならなくなってしまったからです。今では農作業に楽しみを見出すことができるようになったので私自身はまだ幸せなほうだと思いますが、楽しみを見出せない方にとっては本当に苦痛でしかないでしょうね。近所には「売地」の看板が立っている畑や田んぼがたくさんありますが、転用に制限のあるこの地域では、誰も農地など買ってくれません。
ちなみにうちは農地を貸していたといっても、地代をいただいていたわけではなく、無料で使っていただいていました。それでもそろばんが合わないから農家の方は農地を返却してくるというのが農業の現実です。国会の議論を聞いていると、いったいどこの国の農政について話し合っているのだろうかと疑問を感じることすらあります。
[ 2015/12/04 13:41 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しています。
農業って大変な仕事です。というのも私、元々は農家の長男です。幼少頃から祖父母がする農業を見て育ってきました。
私の親父は、農業に一切手を出さず年老いた祖父母だけで細々と「農家」をしていました。なぜ農家というと「業」とするには全くといっていいほど現金収入が無く、自家消費用に米や野菜を作っているだけでした。それでも祖父は不満を言う訳でなく、黙々と鍬を振るっていました。
うちより沢山の農地がある人でさえ「なんぼ米作っても、機械代で終わりや。休み潰して百姓しとんのに、銭金だけで考えたらやっとれんわ。」と言っていました。でも、嫌な顔はしていないんですよ。

零細農家は採算ベースを考えたら、やっていけないとおもいます。
先祖代々の農地を守って農家をしている方々には頭が下がりますが私には真似はできないなぁ。私のような輩がいるから日本の農業は発展しないのかも。

安倍政権が「一億総活躍社会」ということを言っていましたが、わが家の購読紙「下野新聞」に面白いことが書いてありました。
時の政権が「一億…」という文言を用いるとろくなことがない戦中の「進め一億火の玉だ」がいい例だ。とのことです。
採算ベースに乗らない農家を笑顔でできる人、何人いますか?
[ 2015/12/11 20:28 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
「一億総農家」社会になると、GDPはおそらく大幅に減少すると思いますが、大都市圏への極端な集中や社会保障問題等、現在課題となっている多くの問題が解消するでしょうね。「農業」という職業がなくなる代わりに各家庭で最低限の食料が確保できるようになるわけですから、セーフティネットが完備されることになります。国民皆が適度な運動をするので医療費も抑制できますし、最低限、食べていくことはできますからブラック企業なるものにしがみつく必要もなくなります。
うまく表現できませんが、農業をしていると懐の余裕はどんどんなくなっていきますが、心に余裕ができてくるんですよね。農業を始めて10年ほどになりますが、多少の技術・知識も身についてきて、今では自家消費分の野菜と生活保護レベルの現金収入なら農業で得る自信がついてきました。(全然自慢にはなりませんね。とはいえ、現状、兼業農家の方の農業による現金収入はほとんどが生活保護レベルに達していないと思います。)
お金にはなりませんが、自分の畑からスーパーで売っているような野菜が採れるととてもうれしいですよ。この喜びは本当に「プライスレス」です。
[ 2015/12/12 13:12 ] [ 編集 ]
久しぶりの書き込みですが、いつも楽しく拝見しています。今年も宜しくお願いします。
さて題名の通り、雪が全く降らなくて私の家の回りの田畑が出ている状況です。例年なら既に2m位の雪が有っても不思議ではないのに。ちなみに先シーズンは年末までに2回雪下ろしをした家もあります。
こうなると心配なのが、春からの田んぼへの水不足。そして、除雪を請け負っている建設業者。暖冬は除雪業者だけでなく、除雪機の燃料を入れるガソリンスタンド、整備工場にも影響します。先日ホームセンターに行ったら、いつもなら売り切れのスノーダンプ、スコップも大量在庫でした。やはり雪国は生活にはありがたいのですが、それなりに降らないと困ります。
農業の話題ですが、私も立場上就農を推進しなければいけないのですが、損益分岐点を考えると、スーパーで購入したほうが賢そうです。なにせ、農家は労働に対して対価を払うという意識がありませんから。
[ 2016/01/11 18:00 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
この冬は本当に暖かいですね。正月もポカポカ陽気、本来3月頃にちょうどよい大きさになるはずのワケギがすでに収穫時期の大きさになってしまっています。大豊作のダイコンも、いつもなら切干大根にするのですが、暖かい日ばかりなのでそれもできずにいます。切干大根は寒風がビュービュー吹いている時期でないとおいしくできないんですよね。ちなみに、今シーズン、干し柿はカビて全滅してしまいました。
農業って、労働コストを考慮して綿密な生産計画を立て、それに基づいて作業を行ったとしても、この暖冬のように気候の気まぐれによって簡単にすべてが狂ってしまいます。仮に自分自身は野菜工場のように年間通じて計画通りの収量で作物を栽培できるようになったとしても、他の農家が栽培する農作物の収量は気候まかせで増減しますから、収益が計画通りに得られることはまずないと思います。
そんなリスクばかりの農業ですが、農家は一年中何かしらの作物を栽培していますので、収入が得られなくとも飢え死にすることはありません。当てにできない年金制度よりは、毎年作物を生み出してくれる畑のほうがずっと頼りになるような気がしています。
[ 2016/01/12 09:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。