旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・レグナム(EA1W/EC5W型他) 

150906a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150906a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1996年に三菱から発売されたレグナム(EA1W/EC5W型他)です。同時期に登場した8代目ギャランのステーションワゴン版で、ギャラン同様、精悍な顔つきをしており、当時そこそこ人気があった車種だったような記憶があります。個人的にはとてもカッコいいクルマだと思っていましたが、その後のGDIの不具合やリコール問題等で徐々に影が薄くなっていき、中古車市場に流れてからは同クラスのワゴンの中でかなり格安に販売されるケースが多くなっていたようですね。

 さて、このレグナム、2002年8月に生産終了となっていますから最終モデルでも13年落ちとなっており、現在街中で走っているものや中古車屋で販売されているものはすべて自動車税が割増しとなるクルマです。まだ新しいクルマのような気がしていましたが、13年って意外とすぐに経ってしまうものですね。そういえば私のアクセラも現在11年目に突入、13年経過も目前ですが、これと言って不具合もなければ調子が悪いと感じたこともありません。

 中古車サイトでレグナムを検索してみると、1.8Lモデルはほとんど諸経費のみのような金額、V6ツインターボのVR-4でも物によってはとても安価な車両が簡単に見つけられます。もちろん前オーナーがどんな使い方をしたのかはわかりませんし、車庫が屋根付きだったかどうかだけでも年数が経つと状態に大きな差が付くようですので、それなりにリスクはあると思います。しかしながら、ある程度の知識と見る目がある方ならば、割増し自動車税を考慮に入れてもあまりお金をかけずに快適なカーライフを送ることが可能かもしれませんね。

 このところ世界的に株価が不安定な状態になっており、アベノミクスの終焉だなんだと週刊誌が面白おかしく書いているようです。アベノミクスの是非は置いておくとして、その説明でよく言われていた「トリクルダウン」(いわゆる、お金持ちがお金を使えば下々までその恩恵がしたたり落ちる、というやつですね)について思うところがあります。アベノミクスが想定していた「お金のトリクルダウン」がうまく機能しているのかどうかはわかりませんが、昨今の急速な技術進歩によって「技術のトリクルダウン」は確実に機能していますね。

 走行3万キロに満たないレグナムが一桁万円で販売されていますし、アマゾンでは著作権の切れた文学作品をスマホで読みやすい形式のファイルにして無料で配信してくれるし、GYAOでは見逃しドラマを配信してくれるから『花咲舞』を見るためにレコーダーを買わなくても済むし、Windows10はタダだし(先日アップグレードしました)・・・。「最底辺」である私のところにはなかなかお金はトリクルダウンしてきませんが、「技術のトリクルダウン」を享受して何とか毎日を過ごしています。株価のように思惑で激しく上下するものに依存するトリクルダウンよりも、しっかりと蓄積されたものが下流へしたたり落ちてくるもののほうが確実ですからね。「技術のトリクルダウン」、身近なところにたくさんあるようですよ。

レグナム VR-4 type S(EC5W型)

全長×全幅×全高 : 4740×1760×1470㎜
ホイールベース : 2635㎜
車両重量 : 1570㎏
エンジン : V6 DOHC 2498㏄ 280PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/09/06 16:34 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(6)
レグナム、今あらためてカタログ拝見してもカッコイイですね。
メーカーの不具合などで存在感が無くなりましたが、オーナーカーとしてのステーションワゴンの見地で、当時最強のスペックだと思います。
当時はステージアとか、ハンドル握って楽しいステーションワゴンが各メーカーにありましたよね・・・

ところで、今回のレスは、先週買い替えた新たなノートPCから送信してます。これまでは使っていたPCが経年劣化(?)にてHDDがお釈迦になり、
必要に迫られてPCを買い換えました。

買い替え検討時、タブレットやサーフェイスのようなモバイルも考えましたが、いつぞやコメントした通り、やっぱりPCならではのカチッとしたキータッチとディスプレイの精度にて、オジサンにはこれが最高のアイテムだという結論に
あらためて至りました(笑)
お約束のWindows10にアップグレードしましたが、前機種はWin7だったので
見た目以上に機能とハンドリングの違いに悪戦苦闘中です(汗)

脱線しました、スミマセン!
[ 2015/09/08 23:51 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
PCってなんの前触れもなくいきなり壊れるから厄介ですよね。今まで何度もそんな経験をしているので、クルマがどんどんコンピュータ化していくことにちょっと疑問を感じています。
私もWindows10にアップグレードしてから初めて今回記事を書きましたが、スキャナーの起動ソフトが消えていたのでびっくりしました。エプソンのHPでWin10用が公開されていたので事なきを得ましたが、もし起動ソフトがなければ記事を書くことができなくなっていたところでした。「タダ」に飛びつくと思わぬところに落とし穴があるものですね。
[ 2015/09/09 16:18 ] [ 編集 ]
 欲しかったんですよ。この「レグナム」当時乗っていたカペラカーゴワゴンPWS-Dのフルタイム4WDがあまりにも走らなく、燃費も悪かったのでそこで登場したのがこのクルマです。「アコードワゴン」も良かったけれどなにせ先立つものが・・・・。
 2~3年したらレグナムならば現金一括払いで買えるかなと思っていた当時新婚の私は、日々つましく生活をしていました。ある日、新しくできたアンフィニのディーラーへカペラカーゴを点検に持っていくとそこの店長氏「見積もりだけでも」と懇願するので「じゃあ」ということで「カペラワゴン」の見積もりを取りました。諸経費込みで213万円だったかな。来年ぐらいに「レグナム」を買おうと思っていた私は「すべて込みこみでジャスト200万円なら考えるけど」言ったので「それはちょっと。」引き下がってしまいました。と、その日の夕方、件の店長氏から電話があり「社長からどうにか決済が出ました。今すぐ伺います。」とのことで「レグナム」が「カペラワゴン」になり、そのときの値引き額はなんと79万円。月刊自家用車の新車値引き額に投稿している人よりさらに20万円も安い金額でした。
[ 2015/09/15 18:38 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私もデミオ、アクセラの時にびっくりするような「マツダ値引き」をしていただきました。最近ではもう当時のような値引きはないようですので、マツダファンとしてはちょっと残念ですね。
それにしてもクルマの価格って色々なからくりがあってとてもあいまいなものですね。販売店自身による値引き、メーカーがからんだ値引き、国・自治体の補助金等々、時期や条件によって平気で数十万の差が付いてしまいます。
結局のところ、ユーザーにとってそのクルマの価値とは最終的に自分が支払う金額分ですから、値引きや補助金に頼っているうちはメーカーが考える価値とユーザーが考える価値が乖離しているんでしょうね。
その点、最近のマツダはメーカーとユーザーの価値観がかなり近づいてきたのかもしれませんね。
[ 2015/09/16 17:02 ] [ 編集 ]
当時、レグナムとステージアを比べてどちらにしようか悩みましたが、ステージアのリアドアがオートクローズだったのにやられてしまい、ステージアに決定。でも、レグナムの押し出しの強さも魅力でしたね。もう1点、レグナムはFFベース、ステージアはFRベースの4WD。それほど走りの違いが分かるほど腕はよくありませんが、なんとなくそれまで乗っていたものがFRベースの4WDだったもので・・・。
そういえば、私の担当の営業は「最近マツダは強気で、値引きは0、用品でサービスするしかない」と嘆いていました。
[ 2015/09/23 19:00 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
当時、職場の同僚でレグナムのVR-4を購入しようとしていた方がおり、彼は休み時間にいつもカタログを眺めていました。結局家族に押し切られ、シャリオを購入することになってしまい、彼はそれを機にクルマ趣味をやめてしまったとのことでした。レグナムはクルマ好きを惹きつける魅力を持っていたみたいですね。
マツダの強気姿勢は全国的な話のようですね。確かに最近のマツダ車はどれもカッコいいものばかりで、納得できないこともないのですが、値引きのないマツダってクリープを入れないコーヒーのようで、なんだか物足りないですね。
[ 2015/09/24 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。