旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・パブリカスーパー(UP20-KS型) 

090215a01.jpg

090215a02.jpg

090215a03.jpg

090215a04.jpg

090215a05.jpg

090215a06.jpg

 1961年に当時の国民車構想に基づきトヨタから発売された初代パブリカ(UP10型)。その後1966年には排気量が800ccに拡大され、UP20型としてマイナーチェンジしました。その時にスポーティモデルとしてラインナップに加えられたのがこのパブリカスーパー(UP20-KS型)。このモデルは1965年に発売されたトヨタスポーツ800と同じ、空冷800cc45馬力のエンジンを搭載したものです。
 カタログの表紙からして見るからにスポーティです。帯には「新発売・行動派のスポーティ・セダン!」の文字。皮手袋をはめた左手がシフトノブを操るカットがいい雰囲気出していますね。
 この時代、まだカローラが登場する前なので本格的なマイカー時代というわけではありません。仕事で使う商用車ならともかく、ごく普通の家庭の若者にとってこのカタログ写真のようにパブリカスーパーで女の子とドライブに出かけ、ギターを奏でるなんて姿は夢のような話です。お金持ちの若者にとっての「クルマ」は四輪の自動車でしたが、庶民の若者にとっての「クルマ」は二輪のオートバイでした。
 さて、話は変わりますがこの不況下でホンダが赤字にならなかったのは二輪を造っているからです。途上国での二輪需要のおかげで他社のように赤字転落せずに済みました。さらに新型インサイトに続くハイブリット戦略で、小型ハイブリットスポーツ、CR-Zを近いうちに発表するとの話も聞かれます。なんだか原点に立ち返って再スタートをしているようですね。
 トヨタさん、御社のハイブリットスポーツはレクサスブランドだけですか?

パブリカ・スーパー(UP20-KS)
全長×全幅×全高 : 3620×1415×1380mm
ホイールベース : 2130mm
車両重量 : 620kg
最高速度 : 130km/h
エンジン : 空冷2気筒水平対向 790cc 45PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

人気ブログランキングへ

[ 2009/02/15 12:22 ] 1960年代トヨタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。