旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・マツダ・デミオ(DY型) 

150615a01.jpg

150615a02.jpg

150615a04.jpg

150615a05.jpg

150615a06.jpg

 2002年にマツダから発売された2代目デミオ(DY型)です。これ、うちの家族のメインカーです。既に購入からまる10年経っていますが、先日洗車してコーティングしたらまだまだピカピカ。とはいえ、うちのデミオ、洗車するとあちらこちらについている小傷が目立ち、恥ずかしいから拡大画像はアップすることができません。コーナーポールを付けているところからも、メインドライバー(私ではありません)の運転技術を察してください。(まったく、こんな小さなクルマでどうやったら右側のドアをこすることができるんだろうか?流石に近所の目が気になり、コーナーポールの二刀流まではできません。)

 さて、この2代目デミオ、初代デミオでブレイクしたハイトコンパクトスタイルを踏襲し、グローバルなプラットフォームで一新された車体です。初代に比べると明らかに造りが良くなっており、車格も一段上がったかのように感じられるほどです。実際に少々大きく、そして重くなっていますが、数値以上にどっしり感が増しているように思います。

 うちにあるのは1.3Lの4ATモデルですが、大人4人が乗車した状態で高速道路を走っても特に非力さを感じることはありませんし、直進安定性も十分すぎるほどです。一家に一台というファミリーカー用途としては、見栄を張らなければこのデミオでまったく困ることはありません。MTで私しか運転できないアクセラとこのデミオ、一台削らなくてはならないとなったら確実に私のアクセラが削られると思います。

 ところでこのデミオ、3枚目の写真の通り、後席をたたんだ時の荷室スペースがかなり広く、おまけに開口部がとても広いです。うちのデミオは普段からこの状態となっており、毎日この広大なスペースに収穫した野菜を積み込んで出荷しています。コンテナやダンボールを何箱も載せた上に、台車まで積み込むことができるのでとても重宝しています。デミオは3代目、そして現行型の4代目もこの広大な荷室スペースを放棄してしまいましたから、スタイル、性能は魅力的ですが我が家の用途を満たすことができなくなってしまいました。買い替えなくてもいいように、このデミオを大切に扱っていこうと思っています。

 6月に入り、東海地方も梅雨入りして、暑い日が続くようになってきました。写真の通り、ミニトマトも色づき始め、ピーマンは既に出荷を開始しています。いよいよ夏野菜の季節、これからは毎日収穫作業が忙しくなってきます。どんどん収穫してどんどん出荷して、一儲けしなくてはなりません。このデミオにはまだまだ働いてもらわなくてはなりませんね。

デミオ・カジュアル(DY3W型)
全長×全幅×全高 : 3925×1680×1530mm
ホイールベース : 2490mm
車両重量 : 1080kg
エンジン : 直4DOHC 1348cc 91PS



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/06/15 16:26 ] 2000年代マツダ | TB(0) | CM(6)
 この「デミオ」のトランク部分ってこんなに広いんですか?この車は一度だけ代車でディーラーから借りたことはありますが、そのときは全然知りませんでした。
 3代目の先代デミオは、(これも代車ですが)確かにトランクルームが少々狭く、アテンザの夏用タイヤ4本で目一杯になってしまいました。デザインを優先すると車内スペースが犠牲になってしまうんですね。
 「シルビア」のオクラの写真でも、またこのミニトマトの写真にもある畑の地面に敷く黒いビニール「マルチ」これって何の効果があるのですか?近所の畑にも当然敷かれており、よく目にするのですが。保温、防虫それとも雑草よけ、農家生まれのくせに全然知らないのです。
 そういえば、昔子供の頃、畑にわらが敷いてあり、スイカを栽培していた記憶があります。あれと同じ効果があるものですか?プロの農家のkurumamaniacs様どうかご教示願います。
[ 2015/06/17 19:08 ] [ 編集 ]
この2代目は初代のコンセプトキープの『正常進化系』でしたが、
3代目が出たときは衝撃的でした。個人的にはミニプレマシーのイメージ、それはそれで良かったのですが、3代目からスタイリッシュになったのはちょっと躊躇でした。完全にコンセプトをスイッチしたのかなと・・・

ところで『ピーマン』ですが・・・

野菜の中で一番好きなものを挙げろ!と言われたら、間違いなくピーマンと言ってしまうほど大好きです。幼稚園児だった頃(笑)昼食が弁当だったのですが、時々母親がバターと醤油でピーマンをシンプルに炒めたおかずが入っていて、それが子供心にミョーに美味くて、よくリクエストしてましたっけ・・・

肉詰めや回鍋肉もよいですが、久々にこのシンプルな『ピーマン炒め』を作ってみて、今度晩酌してみます(笑)


[ 2015/06/17 21:03 ] [ 編集 ]
古い(良い)車を大切に乗られているようですね。私も、今のハイゼットの前に乗っていた初代ステージアを街中で見かけると、やっぱりいいなーと涙が出そうになります。ところで、現在は所有が軽自動車だけで自動車税が口座引き落としで全然知らなかったのですが、今年度から古い車は更に税金が15%引き上げられたんですね。
http://car-me.jp/articles/2128
ひょっとして、kurumamaniacsさんのこのデミオも?
先日参加した「昭和の車展示会」のオーナーの方々はどう思っているんでしょうか。全ての皆さんがお金に余裕が有って所有しているとは思えないのですが。
[ 2015/06/18 08:46 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
この型のデミオは後席の背もたれを倒すだけでなく、座面ごとライトバンのように前にたたむことができるので、全長のちょっと短いプロボックス、のように使うことができるんです。産直農家にとってはちょうど良い使い勝手で、とても重宝しています。

マルチにはいろいろと効果がありますが、やはり雑草の防止と保湿対策ですね。マルチをしないと夏場の盛りの時期には見事なジャングルになってしまいます。37度とか38度という時期に草刈りなんてやってられないんですよね。

スイカに藁を敷くのは、ビニールマルチの効果に加え、ツルを絡ませるためです。スイカ等の瓜系のものはツルが伸びて広がっていきますから、藁にそれらが絡まることによって強風のときでも苗が破損しにくくなるんです。(と、お袋が言っていました)
[ 2015/06/18 09:50 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
デミオは3代目からキャラが変わりましたよね。あれはあれで大英断だったと思いますが、うちの用途としてはちょっと残念な方向性となってしまいました。
幼稚園児でピーマンをリクエストって、珍しいですね。よほどお母様の味付けが上手だったんだと思います。子供にピーマンを食べさせるのって一苦労でしたから。(ピーマンをよける作業のために箸の使い方が上手になったり・・・)
以前、ジャンボ甘長唐辛子というものを作ったことがあるのですが、ピーマンがお好きな方にはぴったりの野菜だと思います。20cm近くある大きな細長いピーマンのような野菜で、唐辛子という名前ですが、まったく辛くはありません。
オーブントースターで丸焼きにして生姜醤油を少し垂らして食べると酒の肴にはもってこいのつまみとなります。スーパーで見かけたらぜひお試しを。

[ 2015/06/18 10:01 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
うちのは現在11年目ですから、まだ加算されてはいません。とはいえ、この記事によると、もうじきデミオもアクセラも39600円になってしまうようですね。2台で年間10200円の負担増・・・、支払うためにもっと野菜の作付けを増やさなくてはなりませんね。
この記事を書かれた方も言及されていましたが、この制度っておかしなものですね。個人的には、物を大切にできない人間はヒトも大切にできないでしょうし、さらには自然に対しても同様の「使い捨て」感覚で接するようになってしまうと思います。その成れの果てが今の先進国の状態のような気がするんですけどね。
[ 2015/06/18 10:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。