旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・カムリ(V40型) 

150411a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150411a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にトヨタから発売された5代目カムリ(V40型)です。北米でベストセラーになっている現在の大きなカムリと同じ車名を名乗っているのが信じられないぐらいコンパクトで控えめなセダンですね。この代は国内専用カムリとしての最終型で、このカムリが販売されていた期間に途中から世界標準のカムリがカムリ・グラシアとして併売されることとなりましたから、歴代カムリの中でもちょっと影が薄い存在でしたね。

 さて、この5代目カムリ、当時うちにありました。亡くなった父が最後に乗っていたのがこのカムリでした。病気を患い、大きな手術をした後に、それまで乗っていたクラウンから何を思ったのか、このコンパクトなカムリに乗り換えました。世間体と見栄を重要視する戦前生まれの典型的な『田舎の』重鎮だった父はずっとセドリックやクラウンを乗り換えていましたが、長い入院生活でいろいろと考え方が変わったように感じられました。

 数年後、病気が再発して今度は手術をしてもダメでしたので、このカムリに乗っていた期間はそれほど長くありませんでしたが、亡くなる数ヶ月前にこれに乗って家族で北陸のほうへ旅行へ行き、千里浜なぎさドライブウェイを走ったことはとても懐かしい思い出です。旅行へ行った時にはまだ美味しく物を食べることができ、お酒も飲むことができる状態でしたので、氷見の美味しい魚をたらふく堪能してもらうことができました。思い立ったときにすぐ行動しておかないと、次の機会はないかもしれないということを、この旅行を思い出すたびに実感します。

 ちょっと話がずれてしまいました。このカムリ、うちにあったのは1.8Lのグレードでしたが、とても車両感覚が掴みやすくて運転しやすいクルマでした。まるで教科書に載っているかのような典型的なセダンスタイル、パワーは必要十分で乗り心地は当時のトヨタ車そのもの、車格の割には大きな室内空間とトランクルーム、非の打ち所もない一方、取り立てて強調する点もないクルマでしたね。クルマに存在感がない分、そのクルマに乗って行ったところやドライブ中に話したことなどの記憶が鮮明に残っていますから、それこそがこのクルマのいちばんの魅力かもしれませんね。

 国産車の黎明期からとっかえひっかえクルマを乗り換えてきた父が最後に選んだのはごくごく普通のオーソドックスなクルマ。今でこそダウンサイジングという言葉はあまり抵抗のないものになっていますが、当時は、特に田舎では少なからず抵抗があったに違いありません。以前別の記事で書いたことがあるかもしれませんが、うちで法事をやると見栄っ張りの親戚連中が乗り付けてくる高級車がずらりと並びます。そしてご先祖様の供養そっちのけで自慢大会。父は最後に自分の行動で、ああいう馬鹿者どもは相手にするな、と教えてくれたような気がします。

カムリ・ルミエール(SV40型)
全長×全幅×全高 : 4625×1410×1695mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHC 1838cc 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/04/11 11:30 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(7)
カムリと言えば、それまではミニマークⅡのようなハイソなセダンのイメージがありましたから、この5代目は地味に見えますね。プロミネントのようなV6・2Lモデルも存在したりと、華やかなセダンの印象が強かったです。でも個人的には、この5代目はそれまでの華美なイメージよりもしっかりとした「真面目?」なクルマの造りに思えて、印象は悪くなかったですよ。

先日、私の叔父が亡くなりましたが、その叔父はスカイラインをこよなく愛しており、歴代モデルを全て乗り継いでいました。子供の頃両親の帰省のたびに、ハコスカ、ケンメリ、ジャパンとクルマが変わっていて、よくドライブに連れて行ってもらったのを子供心に覚えています。最後に会ったのは20年位前、R33に乗っていた時で、当時は私自身もR33オーナーだったので、酒を酌み交わしながらいろいろと語り合ったものでした・・・

最後はどのモデルに乗っていたのかは分かりませんが、やはりそうやってスカイラインに対するこだわりを最後まで叔父は貫いていたのでは・・・と、今あらためて思います。
[ 2015/04/12 16:54 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
歴代のスカイラインを乗り継いでおられる方が身近にみえるとクルマ好きとしてはとても嬉しいですね。残念ながらうちはスポーティー系といえばルーチェSSのみ、それ以降はずっとセドリックやクラウンでした。事業をやっていた関係でずっと複数台ありましたが、スカイラインは一度もありませんでした。もし父が今も元気でいてくれたなら、もしかすると軽にダウンサイジングしているかもしれませんね。
間違いなくばかでかい現行のカムリには乗っていないと思います。
[ 2015/04/13 11:02 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/04/13 23:58 ] [ 編集 ]
 kurumamaniacs様のお父様は、最後はこのカムリにお乗りになってみえたのですね。この車は歴代カムリの中でも一番人気があったような気がします。kurumamaniacs様のお父様は立派な方ですね。自分の考えをご子息である貴殿に対し物言わずともちゃんと伝わっているようですから・・・。
 私の親父の最後の車はE70型カローラでした。詳細を書くと悲しいことばかりなので割愛させていただきますが、自分の愛車とともに逝ってしまいました。
 その後の手続きでカローラディーラーがあまりよい対応をせず、そのため私の母は心証を害して「アンチトヨタ」となり、まもなく母が四十の手習いで運転免許を取得してB11型サニーを購入し、それからずーと日産で今は「モコ」に乗っています。
 
 その家庭でそれぞれの家族のかたちがあると思います。私は自分の父親を反面教師としてきました。現在家庭を持ち、一応の仕事もして曲がりなりにも一家の主となっているわけですが、今の生活が幸せであるほど私は親父のことを赦すことができないのです。

 申し訳ありません。kurumamaniacs様がお父様との楽しかった思い出をアップしてみえるのに、私がこんな恨み言のコメントをしてしまいまして、本当ごめんなさい。
[ 2015/04/18 16:02 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
このカムリのCMの途中で、「いかに裕福になるか、より、いかに幸福になるか。」というフレーズが出てきます。父が私に言おうとしたことは、このフレーズだったのではないかと今では思っています。
形こそ違えど、「今の生活が幸せである」という結果は同一ですので、私も貴兄も父から同じ目標を違う手段で学んだのかもしれませんね。
恨み言、って、誰にでもあるんじゃないですか?私も腹の中には恨み言いっぱいですよ。自分自身が父が担っていた立場になって、父がいかに「恨み言」を腹の中に溜めていたのかも理解できるようになりました。「一家の主」って大変ですよね。
私は、自分が死んであちらへ行ったら、大きな顔して父に「お父さんより僕のほうがすごいでしょ!」と言えるようになりたいと思っています。
[ 2015/04/18 21:25 ] [ 編集 ]
 kurumamaniacs様からの返信に対し、御礼申し上げます。
 そうですよね。私がいつか黄泉の国へ行くことがあれば、胸を張って「どうだ俺は(恨みつらみごとを並べて)凄いだろ。」と親父に言ってやりたいです。でも、後ろをばかり向いていては決して前には進めませんよね。今回はkurumamaniacs様からの返信で、少し(失礼?)肩ひじの力が抜けた気がします。
 ありがとうございました。
[ 2015/04/18 23:05 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
田舎という小さなコミュニティで生活をしていると、耳に入ってくる話はたいていが「人の不幸は蜜の味」系のものばかり。そして、貶しあっているのはほぼ間違いなく血縁同士です。
最近家具屋のネタがマスコミを賑わせていましたが、あんな話はどこにでもあることなんですよね。世の中そんなもんだと思っていたほうが気が楽ですよね。
[ 2015/04/19 17:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。