旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・スカイラインGT-R(KPGC110型) 

150313a01.jpg

150313a02.jpg

150313a03.jpg

150313a04.jpg

150313a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150313a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1973年に日産から発売された2代目スカイラインGT-R(KPGC110型)です。この型のGT-Rはわずか4ヶ月の間に197台が生産されたのみの幻のGT-Rであったことは皆様ご存知の通り。残念ながら私はこのスカイラインGT-Rのカタログは持っておりません。過去に見た記憶もないので、倉庫を隈なく探しても出てこないと思います。ということで、写真は京商製の1/18ミニカーです。普段は応接間の棚に飾ってあるので、親戚の子供がおもちゃ代わりにして遊ぶこともたまにありますが、奇跡的にまだ無傷です。もっとも、ショーケースに入れて飾ってあり、子供でもそれなりの高級感を感じるようで、「西部警察ごっこ」はしないようですから助かっています。

 さて、このスカイラインGT-R、恥ずかしながら私は公道で実際に走っているところを見たことがありません。箱スカGT-Rは何度か見ましたが、やはり台数として約10分の1しか存在していないクルマですから、希少価値としては相当なものなんでしょうね。このミニカーを購入したのはかれこれ7、8年前のことですが、おそらく私自身もケンメリGT-Rに対してはその希少性への憧れを無意識のうちに持っており、箱スカではなくてこちらを選んだのだと思います。

 それにしてもこの手のミニカーって、とても精密にできていて重量感もあって素晴らしい出来なんですが、高いですね。テレビでショーケースにずらりと並べておられるマニアの方が紹介されているのを見たときに、漠然と自分の部屋もあんな感じにしてみたいと思って初めて購入したのがこのケンメリGT-R。その時点で私の財布は底を尽き、一旦終了。数年後、念願の2台目としてRX-8を購入し、そこで財布の底と同時に意識も底を尽き、永遠に終了となりました。そのような経緯から、うちの応接間には何の関連もないケンメリGT-RとマツダRX-8が2台仲良く並んでいます。

 当時のプリンスのラインナップ小冊子によると、ケンメリGT-Rが生産終了となった後は、GTX-E S TypeというグレードがGT-Rの立ち位置を継承したようですね。とはいえ、クルマ好き、特にスカイラインやGT-Rに夢中だった方々は、まさかその後、R32の時代までGT-Rが出ないなんて夢にも思わなかったでしょうね。現在は日産GT-Rとして更なる進化を遂げ、世界中から愛されるスーパーカーになっています。もはやかつてのGT-Rに憧れた人々が興味を持つようなクルマではないような気がしないでもありませんが、あれはあれで「日産GT-R」として新たな伝説を作っていくんでしょうね。うちの応接間に加わる予定は、・・・きっとないでしょうね。

スカイライン・2000GT-R(KPGC110型)
全長×全幅×全高 : 4460×1695×1380mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1145kg
エンジン 直6DOHC 1989cc 160PS

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/03/13 16:40 ] 1970年代日産 | TB(0) | CM(6)
このカタログを見て初めて知ったのですが、ケンメリにも「バン」がラインナップされていたんですね??
ケンメリは小学生の頃、実家がお蕎麦屋さんを営んでいた仲のよい同級生宅の車庫に鎮座しているのを、いつも羨望の眼差しで見ておりました、勿論GT-Rではなかったですが(笑)

今のダイキャストミニカーは本当に精巧な造りですよね。
京商やEBRROなどから発売されているミニカー、お値段もそれなりですが、特に旧車のコレクターアイテムとしてはなかなか魅力的です。ボディや内装のディテールも忠実に再現、ミニカーと言えど、旧車をみつけて購入すると、なんかかつて憧れたクルマを所有した気持ちになって、ちょっとドキドキしてしまいます・・・

ところでこの前、近所のホビーショップのプラモデルコーナーで『西部警察シリーズ』というのを発見しました。マシンXやRS、スーパーZもさることながら、なんと劇中でクラッシュ要員(?)の430セドのパトカーや覆面のプラモもありました!(勿論トレードマークのエンケイのアルミも履いています!)

かつての『プラモ少年』としては、どちらかというと裕次郎さんや渡さんが乗っていたスーパーマシンよりも、この430のほうに惹かれてしまい、未だに本気で購入しようか悩み中です(笑)

[ 2015/03/14 17:02 ] [ 編集 ]
こんにちは
今回は我が家のマイカー歴に大きな影響を与えたケンメリですね。
今まで、ファミリア1300バン(二代目)やボンゴ1000(初代)をマイカーとしてきた父親が何を思ったか、中古ではありましたがケンメリの4ドア2000GT(エクストラ仕様)を購入したのです。
排ガス規制で牙を抜かれているとは言え、今まで商用バンしか乗ったことのない家族はL20エンジンの走りにすっかり魅了されたのを覚えています。
昨年、テレビで知った岐阜県の駄知町にある「駄知旧車館」で久し振りにケンメリのシートに収まる機会があったのですが、「こんなに小さかったかなぁ?」という印象でした。
小学5年生当時の自分にとっては長大なノーズや補助メーターがずらりと並んだインパネが強烈なインパクトで新型アルトのキャッチコピーじゃないですが、「好きになるのに一秒もいらない」のでした。
[ 2015/03/14 21:54 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
スポーティーなイメージが強いスカイラインですが、バンはかなり後の代まで用意されていたと思いますよ。もっとも、あまり見かけませんでしたけどね。
ミニカーは本当によくできていて、眺めているだけで幸せな気分になれます。とはいえ、もう少し安価に買えるといいのですが、ちょっと高すぎますよね。3000円ぐらいならコレクションしようという気にもなるのですが・・・。
プラモデルも懐かしいクルマがたくさんあるようですね。私も欲しいと思っているものがありますが、ミニカー並みに仕上げるにはミニカーよりも高価になってしまいそうでなかなか手が出せません。
ということでタダでもらえて手間もかからないカタログを眺めるだけで満足しています。
[ 2015/03/15 12:04 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
岐阜にそのような旧車館があるということは知りませんでした。岐阜ならうちからでも行けない距離ではないので、ちょっと調べて行ってみようかと思います。
ケンメリスカイラインって、昔は大きく感じましたが、オーバーフェンダーで大きくなったGT-Rでも全幅は1695mmしかないんですよね。標準仕様は1625mmですから、パッソよりもさらに40mm狭いんですよね。
ケンメリスカイラインに限らず、当時のクルマを今見ると、とても小さく感じてしまいますね。
[ 2015/03/15 12:13 ] [ 編集 ]
 ご無沙汰をしております。私事で恐縮なのですが、この4月から職種が変更となるので、馴れないパソコン操作で四苦八苦どころか八苦十二苦をしていた次第です。家に帰ってまでパソコンの操作はしたくないので、このような沙汰となりました。それはさておき。
 KPGC110型のスカイラインGT-Rってどのくらい速かったのかな?ついこの間同じくこの世代のZがL型エンジン音バリバリで(多分キャブはソレックスかウェーバー)疾走してゆく姿を見ましたが、正直私のアテンザの方がガチで勝負したら絶対勝つと思いました。
 やはり伝説は伝説であって、現実には技術の進歩というものがあるのですね。
 最後にやはりこの間、初代コスモスポーツを偶然見かけましたが、現行型デミオの2/3くらいのスケールに見えました。
[ 2015/03/22 23:37 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
この時期、お勤めの方はいろいろと変化が多い季節で大変ですね。あまり無理をなさらずに、お仕事頑張ってください。
このスカイラインGT-Rがどれぐらい速かったのかはわかりませんが、100km/h超えるとキンコンキンコン鳴っていた頃のクルマですから、現在のスポーツカーとはやはりずいぶんと感覚が異なるのではないかと思います。
逆に言うと、この頃のスカイラインと同等の性能を現在の我々はごく普通に手に入れられるようになっているんですよね。
世の中、格差格差と騒いでいますが、技術の進歩は下々にもかなり恩恵をもたらしてくれているんですよね。しかしながら『格差』は相対的なものですから、より恵まれた条件の方を基準に考えてしまい、自分がいかに恵まれているのかになかなか気付けないんですよね。
[ 2015/03/24 09:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。