旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・三菱・ミラージュ(CA4A/3A/1A型他) 

150213a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150213a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年に三菱から発売された4代目ミラージュ(CA4A/3A/1A型他)です。精悍な顔つきでミニギャランを思わせる先代のスタイルから一変し、丸みを帯びたかわいらしいデザインになりました。当時のテレビCMでは、チィ兄ちゃんと呼ばれていた頃の福山雅治さんとまだあどけなさが残っている深津絵里さんがイメージキャラクターとなっており、そのあまりのさわやかカップルぶりに羨ましさを通り越して不自然さすら感じたものでした。それにしてもあのお二人、あれから20年以上経っているのに相変わらずさわやかですね。

 さて、この4代目ミラージュ、キーコンセプトは『ピュア・イノベーション』とのことです。「虚飾をすて、素地の美しさをを本質から磨きぬいた」デザインが美しいかどうかは個々の好みによりますが、少なくともさっぱりして飽きの来ないクルマのようには思えますね。虚飾に満ちた新型ミニバンなどと比べれば個人的にはずっとこのミラージュのほうが好ましく感じられます。最近の押しの強いコンパクトカーほど存在感もありませんが、意外とサスペンションなどの要素はこちらのほうが立派なものが付いていたりするんですよね。

 ところで、虚飾といえば、最近はクルマに限らずあらゆるものが虚飾に振り回されているような気がしますね。景気回復するためにお金を使え、デフレ脱却するためにお金を使え、地方創生するためにお金を使え、雇用を確保するためにお金を使え・・・。世の中そんな掛け声の大合唱です。既に身の回りの必要な物が揃っている人間は「虚飾」の部分にお金を使うしかありません。なんだかフォアグラ生産農家が無理やりガチョウに餌を与えている光景が頭に浮かんでしまいます。

 虚飾の部分で成り立っている経済は結局のところ虚飾でしかありません。この4代目ミラージュのように、「虚飾をすて、素地の美しさを本質から磨きぬく」ことに目覚めてしまった時点で経済は崩壊します。逆に言うと、普段から虚飾に頼らない自分の生活を確立しておけば、虚飾の経済が崩壊したとしても自分の生活を守ることができるんですよね。これは何も山にこもって自給自足の生活をするということではなく、自分の生活の中で虚飾の部分とそうでない部分を認識しておくことだと思います。

 ちょっと話がずれてしまいました。久しぶりになんともさっぱりした4代目ミラージュの地味なカタログを眺めていたら、妙に清清しい気持ちになりました。このところ、残酷な海外のニュース等が多く、あまり良い話を聞きません。こんな時こそ、たまには自分自身の「虚飾をすて、素地の美しさを本質から磨き抜いて」、自分の中でそれぞれのニュートラルを再確認しておく必要があるのかもしれませんね。自分の中のニュートラルを見失ってしまうと、巨大な虚飾に飲み込まれてしまいかねませんからね。

ミラージュ・スーパーR(CA4A型)
全長×全幅×全高 : 3950×1690×1365mm
ホイールベース : 2440mm
車両重量 : 980kg
エンジン : 直4DOHC 1597cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2015/02/13 16:24 ] 1990年代三菱 | TB(0) | CM(4)
このミラージュ、今でもたまに近所で見かけます。

当時はコンパクトクラスへは正直あまり興味がなかったのですが、
今のコンパクトカー主流の時代を見ていると、当時はこのクラス、
ミラージュに限らず、各メーカークルマはいろいろとチョイスの幅がありましたね・・2ドアクーペのアスティとか、結構よいクルマでしたし。

「虚飾をすてる」コンセプト・・・

このコンセプトをミラージュに託すばかりでなく「企業」として貫いていたならば、このミラージュを発売した10年後の「三菱自動車」はあり得なかったですよね・・・

このカタログを見て、こんな謳い文句があったなら
ちょっと残念な気がしました・・・
[ 2015/02/22 19:33 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
このミラージュはカタログのコンセプト通りすっきりしたクルマでしたが、同時期に販売されていたGTOは『全身虚飾』みたいなクルマでしたね。
企業としては完全にGTO側に傾いていたようで、その影響が未だに根強く残っており、現在では国内最下位メーカーになってしまっています。
最近は三菱に限らず、軽自動車にも虚飾が増えてきたように感じられます。この路線を続けていくのか、どこかでリセットするのか、どうなるんでしょうね。
[ 2015/02/23 13:02 ] [ 編集 ]
冬のスキー大会イベントと年度末で、ゆっくり書き込み出来ませんが拝見しています。それにしても、最近の軽自動車は高い。このミラージュのベーシックモデルならオプションをいっぱい付けても買えそうです。
[ 2015/03/02 12:52 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
本当に軽自動車の価格帯がずいぶん上がってしまいましたね。私の感覚では150万、200万といった軽自動車なんて考えられません。
とはいえ、高くてもどんどん売れているから不思議なものですね。不思議といえば、1990年以降の非正規労働者の比率と新車販売における軽自動車の比率がほぼ同様の割合で推移しているんですよね。なにか関係があるのかもしれませんね。
[ 2015/03/03 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。