旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ホンダ・アコードワゴン(CE1型) 

150125a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150125a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にホンダから発売された2代目アコードワゴン(CE1型)です。カタログにも記載されている通り、『ワゴンの本場アメリカという絶好の環境のなか、アメリカ人開発者の自由で大らかな発想』から生まれた生粋のメイド・イン・USA車種であり、米国で生産されたものが国内で輸入販売されていました。

 さて、このアコードワゴン、国内ではかなりの人気車種だったことは皆様ご記憶にあると思います。一般的に海外現地法人にて開発、生産された車種を輸入して国内販売すると不人気車になるケースが多いですが、このクルマは稀な事例でしたね。当時、知人でこの型のアコードワゴンに乗られていた方が、自宅駐車場で盗難に遭ってしまいました。幸い保険に入っていたようで、また同じクルマを購入したようですが、盗難に遭うのも人気車種だからこそですね。きっと同時期のトヨタ・セプターなら盗難に遭わなかったと思います。

 ところで、この型のアコードワゴンは派手なエアロパーツで着飾っておられるオーナーさんがとても多かったような記憶があります。人気車種だから数多くのパーツが販売されたのか、数多くのパーツがあるから人気車種になったのかはわかりませんが、おそらく双方の条件が良い方向へ重なって絶大な人気を勝ち得ることになったんでしょうね。個人的には、ぬめっと垂れ下がっているように感じられるお尻があまり好みではありませんでした。もっとも、その部分がこのアコードワゴンの魅力でもありましたから、人気車種となる秘訣というのはわからないものですね。

 2代目アコードワゴンの時代からさらに時は進み、グローバル経済の度合いも当時とは比較にならないぐらい大きなものになってきました。人、物、金、情報がいとも簡単に世界中を駆け巡り、グローバル企業だけでなく、個人レベルでも簡単に国境を越えられるような時代になりました。私のラジコン仲間は近所の模型店で部品を購入するのと同じ感覚で海外の模型メーカーに部品を発注し、航空便で受け取っています。海外アーティストの楽曲をネット経由で家にいながらにして購入することなどいまどきは高校生でもまったく珍しい行為ではありません。

 しかしながら、いくら国境を越えることがごく普通のことになったといえども、国境の向こう側の人々は言葉も異なれば文化も習慣も異なります。クルマの輸出入が上手くできるからといって文化や習慣の輸出入ができるわけではありません。誰もが手軽に全世界に向けて情報発信できる時代だからこそ、その情報を受け取った側がどんな感情を持つのかということもしっかりと考えて日々の行動を行いたいものですね。

アコードワゴン・2.2Vi(CE1型)
全長×全幅×全高 : 4770×1780×1455mm
ホイールベース : 2715mm
車両重量 : 1370kg
エンジン : 直4SOHC 2156cc 145PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/01/25 15:25 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(4)
この時代は、乗用車ベースの『ステーションワゴン』全盛期でしたね。
レガシーのヒットに始まり、各車種のラインナップにワゴンモデルがこぞって連なるのが当たり前の時代でしたが、やはり乗員数や荷物の積載量に優れたミニバンの主流に、その後飲み込まれてしまったかのような印象がありちょっと残念でした。

かつてもコメントしましたが、私見ではある意味『ステーションワゴン』ってすごく理想的なクルマなんですよね。ハンドル握って走るオーナーカーとしての楽しさをスポイルすることなく、時には荷物を積んでツーリングもできる最高のクルマだと、今でも思ってます

スポーツカーまではいかなくとも、自分でハンドルを操る楽しさを
普段の街乗りでも体現できるクルマがもっとあればよいのに・・・
と感じる今日この頃です。
[ 2015/01/25 17:03 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
レヴォーグ、アテンザ等、辛うじて国内で残っているステーションワゴンもほんの少しだけありますが、本当に寂しくなりましたね。
つい先日、地域の役員をしていたことから、同じく役員の方の最新型カローラフィールダーに乗せて頂く機会がありました。初めて最新型のフィールダーに乗りましたが、あれはヴィッツそのものですね。「ハンドル握って」と感慨を持てるようなステーションワゴンではないように個人的には感じました。
グーグルを初めとした最先端のIT企業はハンドルすらない「自動運転自動車」を開発しているようですので、自動車に「ハンドル」があるうちにハンドルを操作する醍醐味を味わっておかなくてはなりませんね。

[ 2015/01/26 19:42 ] [ 編集 ]
 この「アコードワゴン」USA製だったんですか?初めて知りました(恥)。
 以前、投稿した際にアメリカ製逆輸入車を、乳牛に例えた私でしたが、このアコードワゴンは牛どころか正にサラブレットの「牝馬」を彷彿とさせるようなデザインでした。本当は欲しかったけれど、車両価格が懐事情と合わなくて諦めました。

 私、車のデザインは顔(フロント)と車体(ボディー)もさることながら、尻(テール)のデザインも大事だと思うんですよ。今までのUSA逆輸入車が好きじゃなかったのは、多分、尻が鈍重で何かしまりが無いデザインだったからかな。
 そのうえでもアコードワゴンはでかい尻なんだけれど、なにかキュッと締まる、「ナイスバディー」なクルマでした。
[ 2015/01/27 20:50 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
個々の車種によってはもちろん例外もありますが、基本的にUSAとJAPANは理想とする「ナイスバディー像」が異なっているからクルマのデザインの大まかな傾向も異なってくるんだと思います。
あちらのグラビア雑誌はボン、キュッ、ボン、のモデルさんばかりですが、こちらではスレンダー系のモデルさんも人気が高いですしね。
お尻のデザインといえば、私事で恐縮ですが、自分が乗っているアクセラのお尻をとても気に入っています。気に入っているお尻ですから掘られないように注意しなくてはなりませんね。
[ 2015/01/28 13:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。