旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・日産・スカイラインGT-R(BCNR33型) 

150107a01.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a02.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a03.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a04.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a05.jpg
(画像クリックで拡大)

150107a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

     - - - - - - -

 1995年に日産から発売されたスカイラインGT-R(BCNR33型)です。まだまだ新しいクルマだと思っていましたが、1995年1月発売ということは、ちょうど33型GT-Rが世に出て20年になるんですね。オヤジ世代になるとあっという間に1年が過ぎてしまいますが、このGT-Rが世に出た年に生まれた子が来週成人式を迎えると思うと、なんだか複雑な気持ちになってしまいますね。

 さて、この33型GT-R、実は私は街で見かけたことは何度もありますが、一度も実車に乗ったことがありませんし、間近でじっくり見たこともありません。32型と34型は知人が乗っていたのでほんの少し乗ったことはありますが、33型に乗っている知人はいなかったんですよね。巷では32型に比べて大型化したのでどうのこうのと言われていたようでしたが、本当のところはどうなんでしょうね。もっとも、このレベルになってしまうとおそらく私が運転したところで『マイナス21秒ロマン』など感じることはないでしょうからどうでもよいことですが・・・。

 そういえばこのGT-Rの頃から、ニュルブルクリンクでのタイムがどれだけということが高性能の証であるように言われ始めましたね。ポルシェが何秒、GT-Rが何秒等々、きっとすごいことなんだと思ってはいても、ニュルブルクリンクがどんなところなのかまったく知らない私にはいまいちピンと来ずに今日まで至っています。ちなみに、あのタイムというのはドライバーは皆同じ方が運転しているんでしょうかね?恥ずかしながらもし私がGT-Rでニュルを走ったとしても、F1ドライバーが運転する軽トラに負けると思います。今でも時速100キロを超えると頭の中でキンコンキンコン鳴り出してしまうんですよね。

 20年前に、32型GT-Rと比べて21秒速い7分59秒というタイムを記録して、『マイナス21秒ロマン』というキャッチフレーズができましたが、現在の日産GT-Rが記録した最速タイムは7分8秒とのことだそうです。ここで『マイナス51秒のロマン』を感じられる方って、いったいどれぐらいおられるんでしょう?少なくとも私自身はこれらのタイムにまったくロマンを感じることができません。当時500万円前後という超高額車だったGT-Rはデフレ下の失われた20年だったにも関わらず現在は1000万円前後の超々高額車となりました。『マイナス51秒のロマン』を実感するためにはお金がかかるようですね。


スカイラインGT-R(BCNR33型)
全長×全幅×全高 : 4675×1780×1360mm
ホイールベース : 2720mm
車両重量 : 1530kg

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?


[ 2015/01/07 17:22 ] 1990年代日産 | TB(0) | CM(10)
そう言われれば、この33型はあまり存在感が無かったような・・・。私は、R34型が一番好きです←買えませんがi-241
ところで本日の新潟の地方新聞に、中古のR33GT-R VスペックⅡが368万円で出ていました。走行距離が43,000Kmと少ないとはいえ、平成6年式のこれを買う人がいるのかな←私は10万でも買いませんi-182
[ 2015/01/09 12:18 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
私もR34型がいちばん好きです。もちろん買えませんが・・・。
368万円、まあ、価値観は人それぞれですから。ハコスカGT-Rやトヨタ2000GTがたまに信じられないような値で出ていますが、当時物を知っているからこそ金に糸目を付けず、という方がおられる一方、当時物を知っているからこそとてもそんな金額を出せないという方もおられます。(もちろん私は後者)
時間を金で買うことを別に私は否定しませんので、金で買える時間であればどんどん費やしてご自身の郷愁を満足させればよいと思います。とはいえ、これからは金で買えない時間が出てくると思いますので、自分自身の脳内デジカメをフル活用しないといけませんね。
[ 2015/01/09 20:45 ] [ 編集 ]
お久しぶりです、自動車ニュースのゆうすけです。

R33型、人気が無かったようですが、自分はそんなに悪くないと思いました。そういえばR33と同じように大型化した、S14シルビアも不人気でしたね。

R34は某人気レースゲームでなら、乗っていました。改造しまくりのそのR34は、1000馬力のモンスターマシンでした(パワーだけの直線番長でしたが)。




[ 2015/01/10 00:46 ] [ 編集 ]
ゆうすけ様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

R33型が出たときには大型化に否定的な声が多く上がっていましたが、今の感覚からすると特に大きいわけではないんですよね。今となっては全幅1.8mオーバーのクルマも全然珍しい存在ではなく、スーパー等の駐車場がとても狭く感じられます。どこまで大きくなるんでしょうね。
[ 2015/01/10 11:12 ] [ 編集 ]
あけまして、おめでとうございます。

本年もkurumamaniacs様、またこのブログに集いし皆様方の
ご健勝を心よりお祈り申し上げます。

さてR33のGT-Rは、肥大化したボディで前後のモデルより評価が低いのですが、オーテックから4ドアのGT-Rモデルが、このR33で限定販売されてましたよね・・・

GT-Rの中古販売車はほぼ「イジられている」のが前提なので、
たまに「フルノーマル」なんてのが中古車販売サイトにでると値段が付かないようですが、いつぞやにコメントした通り、現行GT-Rはイジることさえ許されないので、このクルマの在り方もだいぶ変わりましたね。

かつては500万円出してベース車を購入し、自分なりのカスタマイズで追加費用を重ねて「自分仕様」を作るのと、現行のようにメーカーが「最適パッケージ」として1,000万を出してくれればあなたに完璧なGT-Rを与えます・・・みたいな雰囲気でしょうか(笑)
[ 2015/01/10 18:52 ] [ 編集 ]
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 R33ってデビューしてから、もう20年も経つのですか?確かにデザイン的には一昔前のクルマかなと思いますが、そんなに古いとは思いません。現に私の職場の方もこのセダンタイプ(GT-Rではありません)に乗ってみえます。(確か中古だと聞きました)

 kurumamaniacs様の仰るとおり、年齢を経るごとに、時間の進むスピードが速くなっている気が私もします。去年は年始早々有楽町の火災で新幹線が運休しとんだ帰省になるは、義母を見送ったのは春のことでした。
 でもそれがつい1月前、1週間前のことのように思えて、これからもどんどんそのスピードが速くなってゆくのでしょうか。
 

 
[ 2015/01/10 19:33 ] [ 編集 ]
管理人様
あけましておめでとうございます、今年もカタログコレクション楽しみにしています。

R33型GT-Rですが、日産自動車販売主催のイベントに抽選で当たって参加した時に試乗したことがあります、しかも鈴鹿サーキット(東コース)で・・・。

これは、1997年にR33型GT-Rのマイナーチェンジを記念したイベントで鈴鹿サーキットを会場とし、一泊二日で開催されました。

一日目は全日本GT選手権の観戦後、日産ワークスドライバーを交えての立食パーティー。(星野一義選手【現・監督】がキャンギャルのお姉さんのお尻を触りまくってたのが印象的でした。)

二日目はR33型GTS25-tタイプMを使用してのドライビングレッスン、R33型GT-Rを使用しての東コース二周の試乗とワークスドライバーの助手席の同乗してのフルコース一周体験試乗と言う内容でした。
(ちなみに私は影山正彦選手の隣に乗せてもらいました。)

当時のスター選手達は、今や殆ど監督やチームオーナーとなっているので、ずいぶん前のことだったんだなぁ~と今回の記事をみて感慨深く思っています。
[ 2015/01/11 02:17 ] [ 編集 ]
お父さん様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

4ドアのGT-R、ありましたね。当時自動車雑誌で「羊の皮をかぶった狼、復活」なんて紹介されていたような記憶があります。R33型のセダンは確かに大人しいスタイルでしたからね。
この頃のGT-Rは280PS自主規制に合わせて本来の性能を抑制している状態だったようですから、カスタムが盛んだったんでしょうね。それに映画や漫画などでこの手のスポーツカーのカスタムを煽る文化もかなりありましたし・・・。
[ 2015/01/11 11:37 ] [ 編集 ]
nishiyan様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

本当に20年ってあっという間ですね。このGT-Rも、阪神大震災も、地下鉄サリン事件も、みな同じ頃の出来事なのですが、あれから20年も経ったということが信じられません。
ちなみに、このブログも既に丸6年経っていました。小学校に通っていた頃の6年間はずいぶん長く感じましたが、今の6年間は本当に一瞬です。
貴重な時間を大切に過ごしていかなくてはなりませんね。
[ 2015/01/11 11:52 ] [ 編集 ]
きゅう@様

あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

鈴鹿でGT-R試乗なんてすごい経験をされていますね。ワークスドライバーの運転がどんなものなのかは想像もできませんが、きっとテレビで放送されている車載カメラの映像のような世界なんでしょうね。興味半分、恐怖半分、いや、この齢になると恐怖のほうがちょっと大きいです。
星野選手は今、息子さんが同じくレーサーをされていますね。才能の遺伝ってやっぱりあるようですね。
[ 2015/01/11 12:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。