旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・マツダ・ルーチェAP(LA22S型) 

090214a01.jpg

090214a02.jpg

090214a03.jpg

090214a04.jpg

090214a05.jpg

 1972年にマツダから発売された2代目ルーチェAP(LA22S型)です。ルーチェといえばこの時点ではまだマツダのフラッグシップ車種、初代ルーチェの洗練されたスタイルが好きだった私はこの2代目のスタイルを見てちょっとがっかりしたものでした。
 さてスタイルの話はともかく、この2代目ルーチェのポイントは「AP」の部分です。「AP」とは「Anti Pollution」、いわゆる低公害車のことです。この時代、公害問題がクローズアップされ、自動車の排気ガスは目の敵にされておりました。そこで当時の運輸省が排ガス中のCO、HC、NOx量についての低減目標を作ったため、各メーカーはそれをクリアしなければならなくなってしまいました。今でもよく耳にする「50年排ガス規制」というやつです。
 そんな中、マツダは他社に先駆けてマツダRE公害対策システム、「MAZDA REAPS」なるものを開発し、それを早々に搭載した車がこの2代目ルーチェです。面白いことに当時、マツダやホンダといったマイナーメーカーは排ガス規制対策を積極的に打ち出していたのですが、乗用車の7割を占めていたトヨタと日産は後手に回っていたようです。
 トヨタはホンダからCVCC技術のライセンスを受け、コロナやカリーナにCVCC搭載車をラインナップするという、現在のハイブリット王者・トヨタからすると想像もつかないことをやっていました。
 かたや日産は、なんと小型車サニーに低公害ロータリーを搭載しようとしていたのです。しかしながらこの計画は頓挫して実現しなかったのですが、もし実現していたら「ロータリー搭載のサニー」が存在していたわけですから、ちょっと見てみたかったですね。
 「50年排ガス規制」を様々な苦労をしながら乗り切った自動車各社、今回の不況も何とか乗り切ってほしいものです。この際、当時のように各社協力するところは協力したほうがいい部分もあるのではないかと勝手に想像しております。

ルーチェAP・ハードトップGS?(LA22S型)
全長×全幅×全高 : 4320×1675×1380mm
ホイールベース : 2510mm
車両重量 : 1080kg
最高速度 : 180km/h
エンジン : 2ローターロータリー 573cc×2 125PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

にほんブログ村 車ブログへ

[ 2009/02/14 12:18 ] 1970年代マツダ | TB(0) | CM(6)
 今から5年ほど前、この「ルーチェ」が、とある民家の軒先に置いてあり(多分、放置と言ったほうがいいかも。)当然ナンバープレートは外され、シルバーグレーの車体のボンネットとルーフは白くなっており、いつも側を通る度に、「ああ、俺に腐るほど金があれば、持ち主に頼み込んで譲ってもらいレストアするのに。カペラワゴンのセカンドカーにしたい!」と真剣に思いました。
 先々月、とあるラーメン屋の駐車場に初代サバンナ(RX-3)が、ナンバープレートが付いたまま駐車(状態からして、やはり放置)してありました。でもナンバーは付いたまま『栃56 さ○○ー○○』!!「おお、今は珍しい漢字一字ナンバー」金が捨てるほどあるなら店主に頼み込み(当然、名変で!)「アテンザスポーツワゴンのセカンドカーにしたい。」と思いました。
 ところで、両車とも当時のRE車のエキゾーストパイプの排気口はどうしてアルミの弁当箱をくり抜いたような形をしているのでしょうか?子供の頃から未だに謎です。
[ 2012/03/05 22:59 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
技術的な詳しいことまではわかりませんが、この弁当箱マフラーは確か当時APと名乗っていた低公害ロータリーエンジン搭載車に装備されていたものだったと思います。サーマルリアクターなる機構が関係していると思うのですが、どういう意味合いで弁当箱のような形になっているのかはちょっと私にはわかりません。
[ 2012/03/06 12:44 ] [ 編集 ]
弁当箱マフラーのことですが、あれはサーマルリアクターの熱対策だと当時のドライバー誌に、書いてあったと記憶しています。レシプロ車にも小型の弁当箱マフラーが装着してました。触媒になってから弁当箱マフラーは付いていません。
[ 2012/05/06 12:25 ] [ 編集 ]
エイト様

コメント、ありがとうございます。
レシプロ車にも弁当箱が付いていたんですね。勉強になります。当時は公害問題が盛んに取り上げられていた時代なので、各社排ガス対策に相当苦労していたみたいですね。
[ 2012/05/07 10:33 ] [ 編集 ]
はじめまして!ルーチェかっこいいですね~ノーマルでも十分な感じで良いです。
質問なんですがお持ちのルーチェAPのカタログにモスグリーンでオプションのスチールホイールを履いた車両は載ってるでしょうか?ネットで探してるんですがどうしても見つかりません(T-T)もしあれば見たいです!宜しくお願いしますm(_ _)m
[ 2013/04/13 01:53 ] [ 編集 ]
プレベ様

コメント、ありがとうございます。
ご質問の件、当方、この型のルーチェのカタログは簡易版しか持っておりませんので、ブログ及びHPに掲載している画像が全てです。
ご期待に沿えず、申し訳ありません。
[ 2013/04/13 13:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。