旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・クレスタ(X90型) 

141006a01.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a02.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a03.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a04.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a05.jpg
(画像クリックで拡大)

141006a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1992年にトヨタから発売された4代目クレスタ(X90型)です。この代から3ナンバーのワイドボディ仕様となり、初めて実車を見たときにはずいぶんボテッとしていると感じたものでした。しかしながらそれから20年以上が過ぎ、さらにボリューム感満点のクルマばかりとなった現在、たまにこのクレスタを街で見かけるととても華奢に見えてしまいます。人間の感覚は相対的にしか物事を捉えられないものなんですね。

 さて、この90型クレスタ、当時取引先の会社の方が営業車として乗られていたので、たまに運転させていただくことがありました。とはいえそのクレスタはディーゼルのグレードでしたので、運転感覚が特に印象に残っていることもなく、ただただ「フツーの大きなクルマ」としか思っていませんでした。それからしばらく時が経ち、車検の代車として廃車間際の90型マーク2のツアラーVに乗る機会がありました。姉妹車でほとんど同じようなクルマのはずなのにエンジンが異なるとこれほどクルマの印象が変わってくるものなのかとびっくりした記憶があります。もっとも、個人的にはクレスタクラスのクルマにツアラーVグレードのエンジンなんて必要なのだろうかと感じ、クルマのキャラクターとしてはディーゼルのほうが合っているような気がしました。ディーゼルといっても、さらに一昔前の2.2Lディーゼルのように悲しくなるようなトロさは感じませんでしたし・・・。

 クレスタに限らず、昔も今もほとんどのクルマで異なるエンジンを載せた様々なグレードが用意されています。そしてユーザーは自分の用途にもっとも合っていると思われるグレードを選択します。ディーゼルのクレスタに乗られていた取引先の方は北陸の小さな会社の専務さんで、自社商品の売り込みのために日本全国を飛び回っておられる方でした。私が運転させていただいた時、まだ新しかったにも関わらず既にオドメーターは10万キロを超えており、彼の移動距離に驚いたものです。そのような用途にはディーゼルグレードが最適だったんでしょうね。

 最近また国会が始まって偉い方々が『世のため人のため』にいろいろと議論しているようです。アベノミクスがどうこう、消費税がどうこう、地方創生がどうこう、毎度毎度同じようなことばかり延々と言い合っていますね。まあ頭の良い偉い方々ですからきっと素晴らしいビジョンを思い描いておられることと思います。とはいえ一つ気になっていることは、なんだかツアラーVのグレードしか選択肢がない世の中に向かいつつあるように思えてなりません。ツアラーVのツインターボエンジンは、クレスタのラインナップの中でもっとも高回転、高出力、そしてプレミアムガソリンをもっとも多く消費します。

 そして皆様ご存知の通り、この代や次の代のツアラーVはドリフト族にとても人気が高いクルマです。ドリフトの語源って確か「漂流」でしたよね。人々が高速回転して、高いアウトプットを生み出し、銭をどんどん循環させた結果として、行き着く先が「漂流」ということにならないように、自分自身のコンパスはきちんと持っていたいものですね。


クレスタ・シュフィール(LX90型)
全長×全幅×全高 : 4750×1750×1390mm
ホイールベース : 2730mm
車両重量 : 1380kg
エンジン : 直4OHCディーゼル・ターボ 2446cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/10/06 12:12 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(12)
私もkurumamaniacs様と似たような・・・というより殆ど同じ経験をしています。最初に転職した会社の社長の車がこのディーゼルでよく運転させられました。特にこれと言った走りの印象もなく、驚いたのは、エアコンのスイッチ類が普段は隠れていて、プッシュするとスライドして出てくる点でしょうか。その後、そのお友達の自動車ディラーの人がマークⅡのツインターボ(型式不明)に乗っておられ、運転させてもらったら、その速さにびっくりしました。何と言う偶然でしょう。ただ、ちょっと違うと思われるのは、そのクレスタには当時出始めの自動車用移動電話が付いていて、ディーゼルエンジンのクレスタに移動電を装着したクレスタは日本でただ1台じゃないかなー・・・って、思っていました。
[ 2014/10/08 12:45 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
エアコンのスイッチまでは覚えておりませんが、ディーゼルモデルとツインターボモデル、まったく違うんですよね。あの違いには本当にびっくりしました。ツインターボのほうはまるでジェット機が離陸するときのような加速でした。(とはいえ、私自身、数えるほどしかジェット機には乗ったことはありませんけど・・・)
自動車電話、懐かしいですね。もちろん私はそんな高尚なものは使える立場にありませんでしたので、会社からはポケベルを持たされていました。クレスタの専務さんも当然自動車電話などなく、お互いピッピーと鳴ればSAに寄って、会社払いのテレホンカードで連絡をとっていました。ほんの20年前のビジネススタイルですが、今から考えればまるで化石の世界ですね。
この先どんな世界になっていくのか、楽しみですね。
[ 2014/10/08 20:36 ] [ 編集 ]
 この頃までは、トヨタもディーゼルを搭載した車種が色々ありましたね。
 今では、ランクルやハイエースなど一部を除いて絶滅しましたが。トヨタ=ハイブリットが主流ですから当然の成り行きでしょうね・・・。

 ところで話は全然変わりますが、一昨日、行きつけの商店からナスを沢山頂戴しました。昨日、麻婆茄子にして食べたのですがいやーうまかった
まだまだいっぱいあるので次はなすの上にピザソースととろけるチーズを上げて「なすのピザ風」にでもして食してみようかな。
 ちなみに我が家には「ぬか床」はないので古漬けはできませんが、シンプルに「焼きなす」というのもいいですね。
 秋茄子がおいしかったので、本題のクルマから逸れて失礼しました。
[ 2014/10/10 23:26 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
うちのナスはこの前の台風で傷物ばかりになってしまったので、ご近所さん等へずいぶんおすそ分けしました。おそらく今度の台風で、今大きくなりつつある実も傷物になると思いますから、もう台風が過ぎたらナスを引こうと思っています。
それにしても今年は本当に台風の当たり年で困りました。おまけにうちからはるかかなたにそびえ立つ御嶽山は今も噴煙をあげていますし・・・。私が住んでいるのは愛知県ですが、空気が綺麗な日の朝には噴煙を出している御嶽山がよく見えるんです。
日々雑草に追われていると大地が生きていることをとても実感しますが、噴煙をあげている御嶽山を見ると大地というよりも地球が生きていることを実感します。
自然に対してはいつも謙虚でいたいものですね。
[ 2014/10/11 11:07 ] [ 編集 ]
コメントが送れなくなってしまったので、一旦テスト送信させてください!
[ 2014/10/13 14:07 ] [ 編集 ]
コメントできるかな?

このX90型、かつて友人がチェイサーのツアラーVに乗っていましたが事故って全損、その後同じX90のクレスタのツアラーVに買い替えました。クレスタの助手席に一度乗せてもらいましたが、もの凄い加速力でバカッ速だったイメージがあります。

そんなグレードは置いておき、マークⅡ3兄弟のイメージ・・

マークⅡ
周囲の人望も厚い、長男で生徒会長
なんでもそつなくこなす「世渡り上手」タイプだが
人気とは裏腹に、個性に欠けるのが玉に傷・・・
同じ生徒会に所属する彼女は、自他共に認める優等生

チェイサー
トンガリが売りで、クラスでも目をつけられている次男坊
「家系の血筋」でトンガリきれないが、理不尽を許さない正義感を持つ
女子には興味が無く彼女はいないが、いじめられている女子を助けるなど
実はクラスの女子からの隠れた人気はピカイチ

クレスタ
物事を論理的に考える兄弟唯一の「理論派」の末っ子
兄貴達の行動を目の当たりにしているので、長男とは違う処世術の持ち主
普段は目立たないが、クラスで何かあると必ず相談される
同じく地味ながら「鉄壁」の彼女がいることは、周囲にはあまり知られていない

すみません、完全に妄想・私見タップリですので
オーナーだった方、気になさらないでください(謝)
[ 2014/10/13 16:52 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
無事コメントを拝見することができて安心しました。どんな言葉が引っかかってしまったのかはわかりませんが、単純に文字列が何らかのNGワードと重なってしまったんでしょうね。スパム対策とはいえ、ひとつの言葉でも前後の文脈によって意味合いが異なると思いますので、そのあたり、どの程度考慮されているのかはちょっと疑問ですね。
この三兄弟、メーカーとしてはそれぞれにキャラクターを与えていたようですが、個人的には三兄弟ひっくるめて「課長グルマ」というイメージが強く付いてしまっており、それぞれの個性まではあまり気にしていませんでした。
ライバルの日産ローレルを含め、このクラスのクルマは後にドリ車や族車となって活躍しています。まるで長い間我慢に我慢を重ねてきた中間管理職が出世の望みを絶たれてプッツンしてしまい、会社を辞めて家族も捨ててロックンローラーになったような感じですね。 再塗装の色やエアロパーツ、アルミホイール等が微妙に似合っていない点が余計に悲壮感を漂わせているような気がします。
もちろん、世の中にはオヤジバンドでブレークする方もおられますから一概には言えませんが・・・。
[ 2014/10/14 10:13 ] [ 編集 ]
しかし、グレード名の「シュフィール」ってヒドい名前ですね


フランス語で「十分」(英語で言うenouph)ですからね…


スーパールーセントでなくとも「十分」と言うことか………
[ 2014/10/20 04:37 ] [ 編集 ]
なかけん様

コメント、ありがとうございます。
シュフィールって「十分」という意味だったんですね。私はフランス語を勉強していませんので、まったくわかりませんでした。ディーゼルモデルを運転したとき、確かに「これで十分」と思いましたから、実情に見合ったグレード名だったようですね。
[ 2014/10/20 15:38 ] [ 編集 ]
「お父さん」様へ
チェイサーの項の「いじめられている女子」とは誰のことですかね?
小生には同時代のセブンススカイライン(R31)とも日産ローレル(特にC32)、或はマツダルーチェ(HB/HC)とも取れますが妄想の行き過ぎでしょうか。
[ 2014/10/30 22:26 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
「女子」ネタを全て当時のライバル車に例えてしまうなんて、さすが、博識の真鍋清様ですね。小心者の私としては、スカイラインもローレルもルーチェも、ちょっとスカートが長いヤンキー系のお姉さまに思えてしまいます。(私の身近なところ限定かもしれませんが、ヤンキー系のお姉さまってみんな美人なんですよね)
久しぶりに中学生の頃に憧れていたA子さんのことを思い出してしまいました。中学校の同級生で、いわゆる「スケバン」といわれていた子。当時、私は級長をやらされていたので、担任の先生から彼女を職員室まで連れてくるようにと、よく言われていました。
彼女を職員室まで連れて行くときは憧れの彼女と二人で廊下を歩けるので、私にとっては至福の時間でした。
あれから何十年も過ぎましたが、いまだに地域の行事で近所の同級生と飲むときには当時A子さんとツーショットで歩いていたことを羨ましがられます。彼女、「スケバン」という位置付けで通っていましたが、決して粗野乱暴な方ではなく、とても素敵な方だったんですがね・・・。
いろいろと「妄想」できるのはある程度人生経験を積んだ人間の特権でしょうね。
[ 2014/10/31 21:13 ] [ 編集 ]
「真鍋清さま」へ

お世話になります、ご質問ありがとうございました!
また、ご返答遅くなり申し訳ございません。

過日のコメントは無責任に思いつきのまま書いたもんで、「いじめられた女子」をクルマに例えるという発想は正直なところ全くなく、真鍋清さまのコメントを拝読してかえって「なるほど・・・」と感心してしまいました(驚!)

と思って、あらためて「妄想たっぷり(笑)」で考えてみたところ、これは私もオーナーであった日産「初代プレセア(R10型)」でしょうか??

プレセア
時代の流行に敏感だが、同じクラスのトヨタカリーナEDやコロナEXIV(T18#型)と比べるとちょっと華がなく、また「転校生」のちょっと大柄な三菱エメロードともその後比較されてしまう・・・
性格はおとなしいが小柄な故に足が速く、クラスリレー代表に選ばれることしばしば・・・

すみません、またしても妄想全開ですみません!
ちなみにですが、私も中学時代に仲のよかった女子のひとりに、「スケバン」ではなかったのですがちょっとアウトローな女子が居ました。見た目は当時の中森明菜さんっぽくて、髪型はサイドを少し流しめのロングヘア、制服のスカートも長めで周囲から眼をつけられるタイプでしたが、テストの成績も良かったし、部活での後輩の面倒見もよかった・・・

中学卒業後全く交流がないのですが、コメント書いていて久々にタイムスリップさせて頂きました(笑)










[ 2014/11/02 17:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。