旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ハイラックス(N60型) 

140726a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140726a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1983年にトヨタから発売された4代目ハイラックス(N60型)です。このカタログは84年に、FRP製のルーフを被せて造られたRVである初代サーフが登場したときのものです。サーフは後にパジェロと並んでRVの代名詞的な存在になりましたが、まだこの頃はトラックというイメージが強いですね。

 さて、このハイラックス、カタログでも至るところに記載されているように、『アメリカン』な性格がいちばんのセールスポイントでした。30年前のこのカタログには『僕たちが待ち焦がれていた、陽気でしかも力強いアメリカそのものだ』なんて書かれていますが、当時は後にビッグスリーが窮地に立たされることになろうとは考えもしませんでしたね。良くも悪くも、この30年間で世界は大きく変わり、30年前に『これこそ、待ちに待ったアメリカだ』として登場したハイラックスサーフは、リーマンショックの翌年である2009年に日本市場から姿を消しました。2009年といえば、GMとクライスラーが連邦倒産法第11章の適用を申請した年、サーフは最後まで『アメリカン』を貫いたようですね。

 ところでこのハイラックス、サーフも含め、この段階ではあくまでもトラックベースで、前後輪ともにサスペンションはリーフスプリング方式が採用され、抜群の耐久性を誇っていました。その耐久性を実証するためかどうかはわかりませんが、かつて英国の自動車番組でこのハイラックスをとことんまで痛めつけるという企画がありました。原形をとどめない状態になっても何とか無事に動いていたようです。それにしてもあの番組は滅茶苦茶なことをしますね。興味のある方はYouTubeにアップされているようですのでご覧になってみてください。(https://www.youtube.com/watch?v=xnWKz7Cthkkhttps://www.youtube.com/watch?v=xTPnIpjodA8https://www.youtube.com/watch?v=kFnVZXQD5_k)とはいえ、個人的にはいくら娯楽のためとはいえあそこまでやるのはちょっと見ていて不快な気持ちになってしまいます。紳士の国のはずですけど、ちょっと品がないですね。

 クルマもどんどん進歩して、コンピュータ制御の安全装置、快適設備が当たり前となり、サスペンションの硬さまで制御できるクルマも出てきました。動力源はドライバーが意識することなくエンジンになったりモーターになったりしますし、ぶつかりそうになったら止まってくれ、高速で走行レーンがずれそうになったら自動で舵を切ってくれるそうです。そのような最新のクルマが、あの下品な番組でハイラックスと同様の試練を受けるところを見てみたいものです。ソロバンは水没しても乾かせば使えますが、パソコンは使用不能ですからね。

ハイラックス・サーフ・SR(N60V型)
全長×全幅×全高 : 4435×1690×1745mm
ホイールベース : 2610mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直4OHV 1998cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/07/26 10:21 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
ハイラックスサーフって今はもう無いんですか?昨日見たばっかりなのに・・・。
 一昔いやふた昔前ならサーフ、テラノ、パジェロにランクル、etc色んなRV車がありました。時代とともに今はエコカー。かつての社員駐車場には沢山のRV車が今はプリウスをはじめ、こじんまりとした車ばかりで少々物足りなさが。おっと失礼、これも時代の趨勢ですね。
 今、車に乗らない若者が増えていますが、どうなんでしょうねー。車の運転ならpcで出来るという御仁もいますが、バーチャルと現実では明らかに違いますから「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ。」ということわざもあるぐらいですからね。
[ 2014/07/28 20:31 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
このところ「バーチャルと現実」がゴチャゴチャになってしまっているように感じられるような事件がよく起こりますね。私が子供だった頃は「恐怖で支配する体育教師」が各学年に1人ずつおられ、体罰は当たり前、それどころか生徒の親が子供をしつけてやってほしいと言ってその教師に竹刀を渡しにいくような時代でした。
だからといって教師からの体罰で怪我をするようなこともありませんでしたので、「現実の痛み」を上手に教育に使っていたんでしょうね。
今は体罰をする側も手加減ができないようで大怪我をさせたり自殺に追い込んだり・・・。また「現実の痛み」を知らない子供は平気で他人に取り返しのつかない「痛み」を与えたり、最悪命を奪ったり。
「時代の趨勢」で終わらせることができないような状態になっているような気がしてなりませんね。
[ 2014/07/29 12:52 ] [ 編集 ]
出ましたね、ハイラックスサーフ。私がランクル60の次に購入した車です。但し、私のは5ナンバーのワゴンタイプでしたので、この後のモデルチェンジタイプですが。このサーフ、海外では後部のFRPが簡単に取り外せるようになっていたのに、国内版は当時の運輸省?からの御通達でがっちりボルト締めになっていました。しかし、貨物とワゴンの違いは明らかで、まだ4ドアタイプはありませんでしたが、オートマ、サンルーフ(取り外し式)、後部シートとずいぶんデートで利用しました(あ、決して変な意味ではありません)。
ところで、昨今の若者の話題で盛り上がっているようですが、忘れはしません、このサーフが私にとって初めての新車で、納車された日、私は庭のサーフを眺めながらトラークターで田んぼに入っていました。
[ 2014/07/30 12:52 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
このサーフ、サンルーフ付きもあったんでしたね。私のサンルーフ初体験は初代タウンエースでした。一応取り外し式ではなくスライド式でしたが、両手でつまみを持って「えい、やっ!」と動かすタイプでした。初代タウンエースについてのブログ記事を読んでいただくとわかるかと思いますが、私にとってのサンルーフ初体験は、ゲロの悪臭対策に役立ちました。
若者の件、カルロス様もさすが新潟だけあって、若い頃からトラクターで田んぼに入っておられたんですね。私も子供の頃からトラクターには乗っており、中学の時に先生から夏休みの思い出を聞かれ、「トラクターの運転を覚えた」と答えたら、先生から形式上のお叱りを受けた記憶があります。(私が住んでいる地域はみんなそうでしたから)
小さな液晶画面の中ですべて完結するのではなく、自分が生きていくためにはいろいろなものを殺し、壊していかなくてはならないことを教えつつ、命の大切さも教えるというのはなかなか難しいものですね。佐世保の事件を知ってから、とっても気持ち悪い毎日を過ごしています。


[ 2014/07/30 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。