旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・ホンダ・HR-V(GH1/2型) 

140711a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140711a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1998年にホンダから発売されたHR-V(GH1/2型)です。当時ホンダが提唱していた「J・ムーバー」なる概念に沿ったクルマの第2弾として、トールワゴンのキャパに続いて世に出されたロゴベースのSUVライクなクルマでした。ちなみに、「J・ムーバー」とは、オデッセイ、ステップワゴン、S-MX、CR-Vからなる「生活創造車」で新たな生活の形を提案した次の段階として、「Small is Smart」を念頭に置いた、楽しさ(Joyful)を創造するコンパクトなクルマとのことらしいです。次々とクルマを販売し続けるためにはメーカーももっともらしい口実を考えなくてはならないので大変ですね。

 さて、このHR-V、個人的には運転しやすくて使い勝手も良く、初代オデッセイ等よりもずっと良いクルマだと思っていたのですが、私見とは裏腹にあまり販売は芳しくなかったようですね。このカタログは発売時のものなので3ドアモデルしか載っていませんが、HR-Vは後に5ドアモデルが追加され、さらにモデル後半には3ドアモデルが廃止という、ちょっと変わった運命を辿りました。このクルマのキャラクターとして3ドアモデルがもっともまとまっていると思っていましたので、3ドアモデルが廃止された時にはちょっとホンダの営業戦略に疑問を感じたものでした。このクルマ、発売時の3ドアモデルと生産終了時の5ドアモデルとではずいぶん印象が違うんですよね。

 HR-Vは新型が出ることなくこの代で消滅してしまいましたが、現在ホンダから発売されている新型SUVのヴェゼルが米国ではHR-Vとして販売されるようですね。HR-VはロゴベースのSUV、ヴェゼルはフィットベースのSUVですから成り立ちは同じようなものだとはいえ、両者のキャラクターはずいぶん異なるように感じられます。HR-Vは今までにないJoyfulを持ったコンパクトなクルマとして開発されたクルマ、ヴェゼルはSUVやクーペ、ミニバンそれぞれの良いところを融合させることをコンセプトとして開発されたクルマ、コンセプトが違うとクルマのイメージもずいぶん違いますね。

 ホンダに限らず、新型車が世に出されるときには先代のキープコンセプトであったり、新しい価値観を前面に出したものであったり、複数の要素を融合させたり、またはある要素に特化したりと、それぞれにテーマを持って開発されます。それらのテーマは時代背景に大きく左右されているようですが、クルマの歴史もこれだけ長くなってくると、びっくりするような目新しさを感じることは少なくなってきました。もうじきヤマハがかなりカッコいい125ccの3輪スクーターを発売するようですが、自動車メーカーもそれに匹敵するような新たなテーマを提案してほしいものですね。

HR-V・J(GH1型)
全長×全幅×全高 : 3995×1695×1590mm
ホイールベース : 2360mm
車両重量 : 1110kg
エンジン : 直4SOHC 1590cc 105PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/07/11 10:37 ] 1990年代ホンダ | TB(0) | CM(6)
このHR-VやCR-VやSM-X、それにこの前ご紹介頂いたRAV4然り、90年代は若者をターゲットにした個性的なクルマが多数ラインナップされてましたね。シルビアやプレリュードのような「デートカー(・・もはや死語ですな笑)」以外にも、普段の生活やレジャーでのシーンで、若者が「好きなクルマ」を自分で購入して自分で操る・・・というのが、まだごく普通の時代だったような気がします。

今の若者はそもそも「クルマを買わない」「クルマを所有する必要性を感じない」という人が多いみたいですが、あらためて今、彼等からみた「自動車」ってどう映っているのか、ちょっと気になってしまいます。

いよいよヤマハから「TRICITY」が発売されましたね。
CMでも元AKBの大島優子さんを起用、若者へコミュータの楽しみを訴えかけていますが、自転車や原チャリ以外に自分でハンドルを操り移動する媒体として、クルマと同様にこの斬新で画期的な3輪が、今の若者の眼にどう映るのかが、同様に気になります・・・

それによって、新たな創造的な「テーマ」をもった、若者向けのクルマがこれから出てくることを期待しつつ!
[ 2014/07/13 17:17 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私が「若者」だった頃はまだインターネットに接続できるPCも携帯電話もなかったので、少なくともそれらにかかるであろう月1万円ぐらいの通信費と、それらに費やす時間が不要でした。子供の頃からそれらが生活の一部になっている方々からすると、消費文化の考え方がオヤジ世代とはずいぶん異なるんでしょうね。
ヤマハ・トリシティの件、2年ほど前にヤマハのテッセラクトという四輪の乗り物について記事を書きましたが、トリシティでテッセラクトが半分実現したような気がしてちょっとワクワクしています。
願わくば、50ccモデルを出すか、普通免許で運転できる仕様で出してくれるとありがたいんですがね。ずいぶん安価な価格設定のようですので、あれぐらいなら私でも十分手が届きそうですし・・・。
あのトリシティという乗り物、若者の目にどう映っているのかはわかりませんが、個人的には「大当たり!」です。
[ 2014/07/14 07:13 ] [ 編集 ]
今日、会社の同僚(25歳、独身!)よりTRICITYの話題を持ちかけられました。

まぁ彼は「AKBオタク」なので(笑)、大島優子さんのCMに触発されてTRICITYの存在を知ったようですが、大島さんがヤマハサイトで「二輪免許をとる!」というブログに影響されて、自分もTRICITYを購入すべく免許をとる!・・・と豪語していました(笑)そんな彼、どうやら普通自動車免許も持っていないらしく・・

きっかけは「不純」ですが(笑)、他律要因ではあるもののこうしてTRICITYに興味を持ってくれたのは、ちょっと嬉しかったかもです!

すみません、HR-Vからの脱線2連ネタ、申し訳ございません
m(._.)m
[ 2014/07/14 21:57 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ヤマハのトリシティ、若者にもそうでない者にも、きっと人気が出ると思いますよ。ヤマハは「第3の移動体」として今後新たにあの類の乗り物を何車種か世に出していくそうなので楽しみですね。「2輪、4輪にはない新しい価値」の乗り物とのことですが、本来、新しい価値観の提案というのはこういうものなのかもしれませんね。
もっとも、トリシティと似たようなものは海外製で以前に販売されていましたが、国内大手があの低価格で出したということはすごいインパクトだと思います。
[ 2014/07/15 13:13 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。マキシマのコメント以来で失礼します。

HR-Vは2016年モデルとして発売されるようですね。来年の頭くらいでしょうか?

今、世界的にコンパクトSUVがブームで、日産はジューク、エクストレイル/キャシュカイ/ローグで珍しく世界的に成功しているようです。

対するトヨタにはあまりコンパクトSUVのイメージはありませんが、先日レクサスブランドからコンパクトSUVを発売しましたね。

ただし、おっしゃる通り、目の肥えた先進各国のユーザーはどんなクルマが登場したところで、今一つ目新しさを感じなくなっていますから、ますますクルマ作りが難しくなります。
そこで、トヨタが中東で売っているランクル70を日本向けに再販しましたが、各メーカーもやってみてはいかがでしょうか。

維持することも考慮して、中身は現行車の流用。けど外観は当時のまま。っていう。

[ 2014/09/24 03:08 ] [ 編集 ]
まきし丸様

コメント、ありがとうございます。
コンパクトSUVといえば、マツダからはデミオベースのCX-3というものが出るという噂もありますね。ブームになると各社から一斉に同タイプのクルマが出るという流れも昔からちっとも変わっていませんね。
ランクル70の再販がずいぶん話題になっているようですが、あれはランクルだから話題になるのであって、他のクルマではあそこまでのインパクトはないような気がします。古いとはいえ、最新型でもかなわない性能(走破性、耐久性、修理のしやすさ等)があるから受け入れられたんでしょうね。
もしトヨタ2000GTやハコスカGT-Rを現在の排ガス規制に合わせたうえで再販したとしても、当時物ほどの魅力はないような気がします。
これらのクルマがキャブレターではなくインジェクション方式となっていたら、ちょっとつまらないですものね。
[ 2014/09/24 16:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。