旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

番外編・名大スーパーポンプ 

140626a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140626a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 写真の空気入れ、今では粗大ゴミ置き場でも見かけることができないほど古臭くて錆だらけの物体ですが、我が家の自転車用空気入れとして立派に現役で活躍してくれている物です。その名も『名大スーパーポンプ』、名大といっても名古屋大学のことではありません。「大橋鉄工株式会社」という現在も自動車部品メーカーとして愛知県で活躍している会社が1933年から製造していたという、自転車に詳しい方ならもしかしたら知っているかもしれないというブランドの空気入れです。

 2007年には自転車部品製造から撤退しているようなので、現在ではもう『名大ポンプ』を購入することはできないようですが、メイド・イン・ジャパンの空気入れを造っていた最後の会社だそうです。この空気入れ、父が購入したのか、祖父が購入したのか、現在は二人ともいないので私にはわかりません。ただ記憶にあるのは、今から30年ほど前に私自身がこの空気入れのピストンパッキンとホースを交換しました。ホース止め金具の位置が移動しており、以前金具があった位置の錆が少ないのはそのためです。少なくとも、30年前の時点でホースやパッキンが劣化していましたので、購入時期はそれからさらに数十年前だと思います。

 それにしてもこの空気入れ、写真でお分かりの通り、無駄にごついです。土台、足踏みはもちろん鉄の塊、本体も鉄、取っ手は木製、実際にかなり重いです。私が物心付いたときには既に写真のような錆だらけの状態であり、補助輪を付けた自転車に乗り始めた頃にも親父がこの空気入れで自転車のタイヤに空気を入れてくれていたことをなんとなく覚えています。それから数十年、うちの家族は皆この空気入れで自転車に空気を入れ、我が家ではこの『名大スーパーポンプ』こそが自転車の空気入れです。

 よく「良いものは一生もの」と言いますが、少なくともこの空気入れは「一生もの」ではなく、「二生ものか三生もの」です。「日本はものづくりの国」と言われているようですので、自信を持ってこのような物を造り続けてほしいものですね。親父かじいちゃん、誰が買ったかわからないけど今も問題なく使えるよっ!という製品がどの家庭にも普通に存在するようになってくれば、生産資源が今の世の中に本当に必要な方向へ自然と向けられていくようになるかもしれませんね。

 国語、英語、数学、理科、社会。数学と理科はいつも5だったけど国語、英語、社会は3の子がいました。その子は国語と英語と社会を4や5にすることは考えず、数学と理科を「限りなくトップに近い5」にすることだけに全精力を注いでいるようです。とっても頑張り屋さんなんだけど、オール5の子からはいつも少し馬鹿にされているようです。「あいつに仮に数学と理科でほんのちょっと負けても、トータルで俺のほうが上だから・・・」。何事も、バランスが大切ですね。


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/06/26 20:33 ] その他 | TB(0) | CM(10)
久しぶりに見ました。あったあった。私の所のこれはラベルが剥がれてたりしていたので、てっきり「名犬ポンプ」だと思っていました。我が家のは、空気を入れる口がこの様に洗濯バサミ式ではく、普通の差し込み式でしたので、貴殿の物のⅠ型か或いは安いスタンダードタイプだったのかもしれません。
数年前にホームセンターで購入した足踏みポンプは2・3回踏んだら、根元がグニャリと曲がりました。取扱説明書を読まなかったので何とも言えませんが、ひょっとして足で踏んではいけなくて、手で優しく押しつける商品だったのでしょう(笑)。
[ 2014/06/27 12:57 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
うちの空気入れも、私がホースを交換する前は差込式でした。真鍮製で、注射器をデフォルメしたようなやつですよね。きっと同じタイプのものだったと思います。愛知県だから流通していたのかと思っていましたが、全国区だったようですね。
足踏みポンプの件、思わず笑ってしまいましたが、私も数年前にホームセンターで購入しました。その名も「踏むゾウ」、いかにも象が踏んでも大丈夫なものに思われるネーミングでしたが、私は下にダンボールを敷いたうえで、手で押して使っています。同じものかどうかはわかりませんが、いかにもグニャリとなりそうなものですね。
英式バルブの自転車は名大ポンプ、米式のクルマや耕運機等はコンプレッサーでずっと空気を入れていましたが、震災を機に米式バルブ用として「踏むゾウ」を購入しました。「手で優しく押し付けて」使っていると、今のところなんとか問題なく使えています。でも、最近の空気入れって、本当にヤワですね。
[ 2014/06/27 21:28 ] [ 編集 ]
 この空気入れ、「名大スーパーポンプ」と言う名称があったのですね。
 その昔、私が幼少だった昭和40年代、近所の家に確かありました。
私の家にあった空気入れは、「Super」のラベルが貼り付けてあるサブタンク?がない同じく木製の柄がついている「一本立ち」の空気入れでした。
 ところでこのサブタンク、私が思うに圧縮した空気を一旦溜めて1気圧以上にした後に噴出させる機能があるとみました。それが証拠にこのポンプで自転車に空気を入れた後、やおらバルブを引き抜くと「ブシュー」と勢いよく空気が出る音がしました。

 ところで、少し前に近所のホームセンターでサブタンク付の空気入れが398円で売っていました。丁度手ごろな空気入れを探していたところだったので買って家で使ってみると、プラスチックの取っ手は持ちにくくバルブを抜いたときも「シュー」程度で何かだまされたような心境になり結局そのポンプは2年ほどでだめになりました。
 農業用の鎌など100円のものから3000円以上するものまでありますが、値段にかかわらず良い物って結局一番長く使える分安くつくんですね。
[ 2014/06/27 22:53 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
名大ポンプ、かなり普及していたようですね。うちのポンプは昭和40年代には既に今と同様のくたびれ具合でしたので、いつ頃生産されたものなんでしょうね。今まで気にもしていませんでしたが、だんだん興味が出てきました。
タンクの構造についてはよくわかりませんが、確かに空気を入れた後にタイヤから外すとすごい勢いで「プシューッ」と空気がでますね。かなり昔のことですが、調子に乗ってどんどん空気を入れていたら自転車のチューブが破裂したことがありました。圧力がどれぐらいなのかはわかりませんが、かなりの高圧まで入れられるのかもしれませんね。
物の良し悪しに値段が正確に反映されているのであれば物を選ぶのも簡単ですが、今は高ければ良いとも限りませんし、逆に安ければそれなりとも限りません。物があふれている時代ですので、良い物を見極めるのも何かと大変ですね。
[ 2014/06/28 12:31 ] [ 編集 ]
そう言えば、同じブランドかどうかは不明ですが、同じ様な型でサブタンクの上に圧力計の付いたタイプもありましたね。消費者の意見が反映された改良型だったのでしょうか。
[ 2014/07/03 12:36 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
「名大ポンプ」については、うちにあるもの以外を知らないので圧力計付があったのかどうかはわかりませんが、今は圧力計が付いたタイプの空気入れもちょくちょく見かけますね。
当時、日立のベビコンがなぜかうちにあったので、圧力計が必要なときはそちらを使っていました。残念ながら10年ほど前にベビコンは壊れてしまったので、今はホームセンターで購入した「日立ではない」小型コンプレッサーを使っています。クルマのタイヤに空気を入れるときにはやはり圧力計があったほうがいいですね。
[ 2014/07/03 19:48 ] [ 編集 ]
初めまして。名大スーパーポンプ、
携帯型をバイクの非常用装備として積んでました。
自身、病気でバイクに乗れなくなってしまったので、
今は息子が自転車整備で使ってます。
携帯型でも最近の製品と違って堅牢な造り、
当分は現役で活躍してくれそうです。
[ 2014/12/30 22:53 ] [ 編集 ]
KEI様

コメント、ありがとうございます。
名大ポンプって本当に堅牢な造りですよね。携帯型がどのような形なのかは存じ上げませんが、おそらくそうそう簡単には壊れることはないと思います。
うちの名大ポンプも、きっと孫の代までは大丈夫だと思います。こういう製品が一般的になるといいですね。
[ 2014/12/31 20:41 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/04/04 16:29 ] [ 編集 ]
ご質問の件、ホームセンターで売られている汎用の空気入れ用ホースで大丈夫だと思います。(当方は大丈夫でした)
ねじサイズについては、ご自身のポンプのねじ径を測定されるのが一番確実だと思います。
切れたホースを取り外し、それを持参のうえでホームセンターなり自転車屋さんなりで確認されてはいかがでしょうか。
[ 2016/04/05 12:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。