旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・カレン(ST206/207型) 

140618_01.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_02.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_03.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_04.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_05.jpg
(画像クリックで拡大)

140618_06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にトヨタから発売されたカレン(ST206/207型)です。前年に発売された6代目セリカの姉妹車、というより、北米向けセリカクーペの日本版、というクルマでした。6代目セリカにはカリーナEDとコロナ・エクシヴという姉妹車もありましたが、それら姉妹車群の中でも一際存在感が薄く、「トヨタ・カレン」と聞いてもピンと来ない方がずいぶん多いかもしれませんね。

 さて、このカレン、つい先日近所のスーパーの駐車場で見かけました。オーナーさんがずいぶん大切に扱っているようで、現行車かと思うほど外観はピカピカ、ボディの色褪せもまったく感じられず、タイヤもコーティングしているのか、黒光りしているような状態でした。初めはそのクルマがカレンだとはわからず、今のトヨタにこんなカッコいいクルマってあったかな~と思ってしまったほどでした。

 まだ比較的新しいクルマだとはいえ、98年に生産終了となっているということは、もっとも新しくても既に16年落ちです。ピカピカのカレンを見て、そのオーナーさんのカレンへの愛情を感じるとともに、なぜこんな状態のクルマが様々な制度によって買い替えを促されなくてはならないのかと、常々思っている怒りにも似た感情がふつふつと沸き立ってきました。

 それにしても、販売されていた当時で既にマイナー車のレッテルが貼られていたクルマが、時代を超えてピカピカの状態で目の前に現れると、なんだか不思議なオーラを発しているように感じられますね。当時ベストセラーだったクルマでもこれだけの年数が経つとピカピカの状態で見られるのはかなり稀なことです。先日見かけたカレンのオーナーさん、きっと「珍しいクルマに乗っている」ということに快感を感じるタイプの方かもしれませんね。あれほどの状態のカレンが最近のクルマの中に混じって存在していると、カレンの存在を知っている方でも「トヨタ・カレン」だと認識できず、不人気車だったという過去などどこかへ消え去って、「カッコいいクーペ」にしか見えません。人間の感覚っていい加減なものですね。

 今回のカレンの件でつくづく実感しましたが、ちょっと我々の身の回り、時間の流れが速すぎるような気がします。経済の流れを促すには物のライフサイクルをさらに短くし、金の流れを速めなくてはなりません。物のライフサイクルの短縮化に限界があるのであれば、今度は物を回転させずに金を回転させなくてはなりません。ということで現在では携帯やパソコンのゲームの中で課金がされたり、さらにはカジノ云々なんて言っていますね。その昔、任天堂のゲームウォッチで巨大タコの足を避けながら海底の宝を取ってくるというものがありましたが、海底での動きを速めるウェットスーツを200円で販売、なんて発想は当時ありませんでした。なんだか現代のビジネスって派手で最先端なように見えますが、実際はあってもなくてもまったく困らないものが大半を占めているような気がしますね。時を経ても変わらぬ輝きを放っていたカレンを見て、ちょっといろいろと考え事をしてしまいました。ちなみにカレンという車名は「current」、つまり「現代の」という意味から付けられているそうです。先日見たカレンはまさしく由来どおりの「カレン」でした。

カレン・ZS(ST206型)
全長×全幅×全高 : 4490×1750×1310mm
ホイールベース : 2535mm
車両重量 : 1170kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 180PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/06/18 16:07 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
こんばんは。
カレンも20年前のクルマになってしまったのですね。

その頃に勤務していた会社で、同じ部署の女性社員が通勤に使用していた車をジェミニから二代目サイノスに乗り換えたと言う話をしていて、「予算が合えば、カレンが欲しかったのにな~。」と話してました。
その話の流れで、最近運転免許を取得したという新卒の女性社員に「免許取れたんだって?欲しい車あるの?」と話を振ったらとても気まずそうな顔で「あ、あの~、カ、カレンを契約しました・・・。」と言いました、そのあとにすかさず、「は、母親と共用ですけど・・・。」と付け加えていたのを強烈に覚えています。

[ 2014/06/18 23:08 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
カレンは「current」から名付けられているそうですが、「可憐」という言葉も連想されるように、女性にはそこそこ人気があったようですね。トヨタもその部分を意識したのか、セリカにあったGT-FOURのようなグレードは設定されていませんでしたね。
私はなぜかカレンと聞いて「current」でも「可憐」でもなく、版画を刷るときに使う「ばれん」を連想してしまいました。
[ 2014/06/19 12:05 ] [ 編集 ]
このクルマが出た時、素直にカッコイイと思いましたっけ。

セリカの姉妹車というイメージでしたが、このノッチバックスタイルのクーペは本当に美しいと思いました。当時私のクルマの購入条件は、同居していた免許を持っていない両親を乗せるというのが大前提で、4ドアの候補として同じ姉妹車のカリーナEDやコロナEXIVを検討してましたが、制約がなければ、このカレンも選択肢の一つとして検討したかったほどです・・・

カレンではないですが、うちの近所にはピカピカのR33のGT-Rがあります!
R33を最近街でみかけると、大抵塗装やヘッドライトカバーのプラスチックがくすんでいたりしますが、屋根のある車庫保管のおかげもあってか、このGT-Rはかなり美車の部類です。R33自体(特にGT-Rは)がカレン同様「不人気車」でしたが、そのモデルを未だに大切に乗っているのは、人気・不人気問わず「このクルマが好き」と思えてオーナーの方が大切に乗っていられるのかなと、それはある意味羨ましいとさえ思えてしまいます。

クルマ以外でも、時代や人気を問わず、「とにかく好き」だから使い続けるという感覚、最近の私には正直あまりないかな・・・ちょっと反省です。
[ 2014/06/22 18:11 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
私が見かけたカレンのオーナーさんも、そしてご近所のR33GT-Rのオーナーさんも、きっと「これ以上何を望むんだ!」という心境なんでしょうね。R33GT-R、確かにR32やR34のGT-Rに比べれば人気はなかったのかもしれませんが、あのクルマ以上の性能を持ったクルマって現行車を含めてもそうそうないですからね。
身の回りを常に流行のもので揃えたいという方はそうすればいいですし、そうでない方は無理して流行にお付き合いする必要はありませんよね。
意外と我々の身の回りには、長く使えば使うほど本来の性能を発揮して味が出てくるものも多いような気がします。そういう魅力を発見することなくそれらを手放してしまうのはちょっともったいないですよね。

[ 2014/06/23 17:44 ] [ 編集 ]
 「トヨタカレン」車そのものより、長瀬正敏さんが出演していたコミカルなCMが印象に残っています。
 このブログの砂浜での「アチョー」バージョンや極狭駐車場に駐車したまではよいが、ドアを開けるスペースが無くて降車できなかったりというCMで車自体の印象はいまひとつでした。
 でも、当時は時折見かけましたよ。イメージ的には、20代後半でそろそろ職場でも中堅クラスになってきたお姉さんが乗っているような、あっそれはきゅう@様も同様なコメントをされていましたね。
 私、最近BS日テレで土曜日の午後10時から放送している「おぎやはぎの愛車遍歴」にはまっています。
 芸能人やスポーツ選手など様々な人が、自身の愛車人生を語るトーク&試乗番組なんですが、以外にも国産車はいまいちマイナーな車が多いんですよ。どのチャンネルを押しても同じような番組をしている地上波民放よりも、BS民放の方が最近面白いと思うのは私が歳をとったからでしょうか?
[ 2014/06/26 19:14 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
「愛車遍歴」面白そうですね。残念ながらうちは衛星放送のアンテナがないので観られませんが、芸能人やスポーツ選手に限らず、愛車にまつわるトークって面白いですからね。それだけ多くの方々にとっての思い出はクルマと結びついているんですよね。
同じような番組でテレビが面白くないということについては同感です。私の場合、BSは契約していませんので、今はラジオばかり聞いています。もっとも、うちはもともとラジオ派でしたから今に始まった事ではありませんが・・・。
地上波民放が面白くないのは歳は関係ないと思いますよ。テレビの民放どころか、最近ではラジオのNHK第一を聞いていてもアナウンサーがとんでもない漢字の読み間違いをしたりするので、ちょっと電波の放送自体が以前よりも軽く考えられているような気がします。震災直後で公共放送がとても重要な意味を持つ時期に、当時の経産大臣だった海江田氏のことを「うみえだだいじん」と読んだアナウンサーがいたことにはびっくりしました。
[ 2014/06/26 20:55 ] [ 編集 ]
こんばんは。カレン懐かしいです。内装はセリカと同じでしたよね。リヤハッチのセリカに対し、完全クーペスタイルは私も憧れました。ただ、私は当時、EP82スターレットGTターボに乗っていましたが、3ナンバーワイドボディに抵抗があり、のちカローラ・レビンを購入しました。

友人が姉妹車といえるセリカSS-I(ハイメカツインカム仕様)に乗っていましたが、試乗させてもらった時、どっしりした乗り心地とハンドリングがとても良かったです。ホールド感あるスポーツシートの影響もあったのでしょう。カレンも同様だと思います。

またまた同僚の話になりますが、スバル・ヴィヴィオに乗っていた新入社員が「次は絶対カレンが欲しい」と常に答えていました。ただ、最終的に同じスバル車のインプレッサにしましたが・・・

冒頭で内装にふれましたが、当時のトヨタ車はカローラクラスでもパッド入りスラッシュ成型(皮調)を多用し、高級感をもたらし、質感がとても良かったです。今はどの車種もプラスチッキーで安っぽいです。その証拠にビビリ音など細かな音がすぐします。

ピカピカに乗っておられるカレンのオーナーさん、貴重ですので大事に乗って欲しいです。
16年経つけど、どこかの中古車やで展示してあれば、覗いてみたいな。
[ 2014/06/27 22:25 ] [ 編集 ]
全力少年様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、当時のトヨタ車は大衆車クラスでも内装で「柔らかい」部分が多かったですね。現在のクルマでプラスチッキーなものが多いのは、コスト削減が目的なのは当然ですが、同時に近未来的な造形を表現しやすいからという理由もあるような気がします。
もっとも、それを「近未来的な造形」と感じるのか、「おもちゃみたい」と感じるのかは人それぞれですけどね。
個人的には、最近のトヨタ車よりも、ホンダ車のほうによりその傾向を感じてしまいます。
[ 2014/06/28 12:13 ] [ 編集 ]
カレンを20年間愛車にしている40代後半の2児の父です。
「カレン旧車」で検索していましたら、こちらにたどり着きましたのでコメントさせていただきました。
タイプはカレンZSのスポーツタイプですが。20代から2ドアクーペを愛車として、この歳まで乗り続けています。兄からコロナハードトップのツインカムターボ(FR)を譲り受け、4年間、その後トレノAE101を新車で初めて買いましたが、コロナからの乗り換えでしたので、少し車体が小さい気持ちでいた時、セリカ兄弟で登場した「カレン」に人目惚れで即購入しました。コロナクーペ(FRからFFになった)の後継車とも言われた記憶があります。
まさか20年も乗るとはその当時思いもよりませんでした。
姉弟2人の子供が小さい頃はミニバンも考えましたが、やはり好きな車(マイナー車でも)妥協を許さず、乗り続けました。中学生となった2人は今も助手席、後部座席へと喜んで?乗車してくれます。
うれし事に姉の方は「運転免許取ったら運転してあげる。」とまで言ってくれています。
動かなくなるまで乗り続けたいです。お世話になっているディーラーさんにも「当店で買っていただいた方で最後の1台です。乗り続けてください。」と言わられ、新車の進めは一切ありません。この当時バブル時代の車はめったに壊れないようです。但し、メンテも欠かさず、さすがに新車時シルバーメタリックだった塗装は色褪せ、15年目に全塗装でピカピカの赤に変えました。
86をよく見かけるようになりましたが、浮気せず、長く乗り続けて行きます。昨日も妻から「一生乗り続けたら。」と言われて本気で考えています。カレンオーナーとして大切にしていきます。
[ 2014/06/28 12:57 ] [ 編集 ]
通りすがりのカレンオーナー様

コメント、ありがとうございます。
再塗装までされて20年も大切に乗り続けておられるなんて素晴らしいですね。長く乗り続けた愛車をやがて子供が運転して自分は助手席でのんびりと・・・などと想像すると、自然と顔がにやけてきてしまいますね。ぜひこれからも大切に乗り続けていただきたいものです。
クルマではありませんが、私は父が使っていた管理機や動力噴霧器、草刈機等を父が亡くなった今も使い続けています。どれも20年、30年と経っている物ばかりですが、最低限のメンテナンスさえしていれば機械物って意外と壊れないですね。
クルマに限らず、どんなものでも大切に長く使っていきたいものですね。
[ 2014/06/29 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。