旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧型車・トヨタ・RAV4(SXA10G型) 

140605a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140605a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1994年にトヨタから発売された初代RAV4(SXA10G型)です。現在とても人気のある「クロスオーバーSUV」というジャンルが国内で市民権を得るきっかけとなったクルマでしたね。パジェロやサーフのように本格的なオフローダーというわけではなく、あくまでも乗用車ベースで少々腰を高くしてちょっとした悪路走破性も備えたお手軽四駆的な性格が幅広い層に受け入れられ、今や各社からこの手のクルマが次々に世に出され、中でもスズキのハスラーは大人気車種となっているようです。

 さて、この初代RAV4、初めて実車を見たときには、まだ見慣れていないジャンルのクルマだったからか、なんだかチョロQのように見えてしまいました。同じようなショートボディでもパジェロだと立派な四駆に見えるのですが、このRAV4は愛らしいおもちゃのように見えてしまうんですよね。構造的には立派な4WDシステムが装備され、かなりのオフロード性能も持ち合わせていたようですが、愛嬌のある外見から、またキムタクさんがCMキャラクターを務められていたことも手伝っておしゃれなイメージが見事に浸透していきましたね。

 RAV4登場の翌年にはホンダから似たような性格のCR-Vが発売され、この手のクルマが一気に一般化していきました。今やRAV4、CR-Vのみならず、エクストレイル、CX-5、フォレスター等、各メーカーから魅力的なクロスオーバーSUVが発売され、この手のクルマが好きな方にはとても嬉しい状況となってきました。各車それぞれがモデルチェンジの度に大きくなっていきましたが、彗星のごとく現れた軽のハスラーがしっかりダウンサイジング組もカバーし、なかなか熾烈な顧客獲得競争を繰り広げていますね。

 おかげでかつて四駆ブームの時代、街にあれほど溢れていたパジェロやサーフ等の本格四駆車はほとんど見かけることはなくなり、今や四駆といえばこれらクロスオーバーSUVのイメージです。とはいえ、街で見かけるこの手のクルマのうち、4WD車はいったいどれぐらいの割合なんでしょう。ほとんどの車種はFFと4WDのラインナップがあり、売れ筋グレードはFF車だと聞いたことがあります。昔の四駆ブームの時と同様、結局は大部分の方がファッションとしてこの手のクルマを選んでいるんでしょうね。新しくてピカピカのうちだけ乗り、3年後、5年後の車検時には買い替えをしてしまうというオーナーが多い日本においては、この手のクルマの性能をフルに堪能しているのは年式落ちの中古を格安で購入し、少々の擦り傷やへこみも気にせずにアウトドアライフの相棒として活用されている方なのかもしれませんね。

RAV4J(SXA10G型)
全長×全幅×全高 : 3695×1695×1655mm
ホイールベース : 2200mm
車両重量 : 1150kg
エンジン : 直4DOHC 1998cc 135PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/06/05 17:03 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
こんばんは。RAV4、発売から20年経つんですね。キムタクのCMが印象的です。

私が丁度、18、19、20歳位だったと思います。同僚がマニュアル車に乗っていて勤務明け夜間ドライブで運転させてもらった記憶があります。
丁度その頃は各社、コストダウンに取り組んでいた時期でRAV4も内装がレバー式エアコンパネルなど安っぽい印象がありました。エンジン2000 3S-FEを含め、部品も他車の流用だったかな?マイチェンで若干改善されましたが。

RV全盛期の終わりに差し掛かろうかという時期だったと思います。
JとLで販売店違いで併売してましたよね。
でも90年代中頃まではバブルの勢いがまだ残っていてバリエーション豊富で良かったです。

そうそうCR-Vもライバルで出てきましたね。AT「スマートスケープ」というグレード、これも同僚が乗っていた為、横に乗せて貰った記憶があります。
辛うじて現在でも両車モデル残っていますが(笑い)
[ 2014/06/06 22:24 ] [ 編集 ]
こんにちは、私もクロスオーバーSUVエクストレイルに乗って12年になりますが、4WD+MTにも関わらず、実はラフロードをほとんど走った記憶がありません。
前車のダットラの時はラフロード走行を楽しんでいましたが、やはりフルフレームの本格SUVに比べるとモノコック構造のクロスオーバーSUVではなんとも頼り無く思えて踏み込むのを躊躇せざるを得ないのです。
さて、タイトルの「男の子?女の子?」なんですが、FF車ベースのSUVの4WD車を「男の子」FF車を「女の子」と家の嫁さんは呼んでおります。
その理由は車両後方から下回りを除き込んで頂ければわかりますよね。
そして、初代CR-Vやトリビュート等のデフキャリアが残されたFF車は「虚勢」されてるとの事です。
ちょっと品のない書き込みで申し訳ありませんでした・・・。
[ 2014/06/06 23:24 ] [ 編集 ]
90年代のエポックメイキングな車ですね。
私は展示会で見ただけでしたが、手頃なサイズと値段、車内レイアウトなど
「なるほど、これが売れるのも納得」と思いました。
アルテッツァにも同じ印象を持ちました。
都市部では外国人がよく乗ってましたね。買い物に便利そうです。

RAV4は新しいマーケットを拓いたものの
ワイドフェンダー版や5ドアの登場で
そのスタイルの魅力を自らかき消してしまったのが残念です。

ちなみに私は新潟でハンドルを握って27年になりますが、
4WDの必要性を感じたことはないですね。
雪道で重要なのは前後の重量配分と最低地上高、
そして細いタイヤで直進性を確保することだと思います。
[ 2014/06/07 00:12 ] [ 編集 ]
全力少年様

コメント、ありがとうございます。
もう発売から20年も経っていたんですね。まだまだ最近のような気がしていましたが時間が過ぎるのは早いものです。
この頃は確かにバブル崩壊後で各社がコストダウンに励んでいた時代でしたが、そんな中でも「他車からの部品流用」で後に主流となるようなクルマが次々に生まれていましたね。
93年にワゴンR、94年にはこのRAV4、それにオデッセイ、96年にはデミオが世に出されています。各社とも、金を使わずに知恵を使っていたんですね。
[ 2014/06/07 11:03 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
「虚勢」といえば、個人的にはインプレッサのFF車は本当に「虚勢」されているように感じてしまいます。「FFベースの4WD車」が多い中、インプレッサは「4WDベースのFF車」ですからね。
あるはずのところにあるべきものがない状態というのはやっぱり不自然さを感じるのでしょうかね?私はちょっと取り外したことがないのでわかりませんが・・・。
だんだん年齢を重ねてくると、後輪を駆動させなくてはならない時でも動力が伝わらないケースがたまにあります。ギヤが歯こぼれしてしまっているのかもしれませんね。
(こちらも品のない返答で申し訳ありませんでした。)

[ 2014/06/07 11:24 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
RAV4にしてもCR-Vにしても、現行型は堂々たる車格とスタイリングで、当初の「愛らしさ」はちょっと感じられなくなってしまいましたね。その部分をスズキのハスラーが総取りしているように思えてしまいます。鈴木会長は商売が上手ですね。
「雪道で重要なのは前後の重量配分と最低地上高、そして細いタイヤで直進性を確保」とのこと、雪道に慣れておられる方のご指摘は説得力がありますね。
私が住んでいる地域はめったに雪が降りませんので、「雪が降ったら運転しないこと」を心がけています。
[ 2014/06/07 11:38 ] [ 編集 ]
 LAV4が発売されて20年も経つのですか?当時このCMに出演してた木村拓也さん(キムタク)今もカッコいいけど、この別バージョンのCMでは何かキザでカッコつけたアンちゃんを演じていましたっけ、もっとも当時はSMAPなんて知らなかったし、その中のキムタクなんて誰だかわかりませんでした。
 今やそのキムタクさんも「カローラフィールダー」のCMに出て、トヨタのCMではジーンズ市長を演じています。芸能人だから若々しいのは当たり前かも知れませんが、20年経った今も同様の役を出来るのはさすがです。

 肝心のLAV4から大きく脱線してしまいましたが、かつて番組スポンサーが1社提供の時代にはその企業を象徴するようなCMがありましたっけ。
 私が鮮明に記憶しているのは、日産のCMです。広大な砂漠を砂煙を上げて走る日産車。BGMには「テュルテュールテュテュテュールテュテュ♪」その後に日産グループの関連会社がずらーと字幕に流れます。
 この「テュルテュール」のBGM「世界の恋人」という題名らしいですが10年ほど前まで、東海ラジオの日曜の昼の番組でも終わりに流れていました。
 この曲ゴーン氏の代になってからCMでは流れなくなったそうです。
[ 2014/06/07 16:16 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
キムタクさん、カッコいいですね。彼を見ていると世の中どうしてこうも不公平なんだろうかと思ってしまいます。ちょっと前に、世間ではずいぶん評判が悪かった「安堂ロイド」を、個人的にはとても面白いと思って毎週欠かさず観ていました。
日産の「世界の恋人」もとても印象に残るCMでしたね。最近聞かないと思っていたらゴーン社長が関係していたんですか。ちょっと寂しいですね。「ヤン坊マー坊天気予報」も終わってしまいましたし、昔から馴染みのあるCMがなくなっていくのは残念ですね。
サザエさんや「日立の樹」はいつまで続くでしょうね。
[ 2014/06/08 08:37 ] [ 編集 ]
クルマの主流がセダンやクーペで、「四駆=オフローダー」という図式だった当時、確かにこのRAV4の登場は画期的でしたね。四駆というと「質実剛健」なイメージがありましたが、街乗りでもクルマとしての違和感を感じさせないスタイリング、まさにマーケに長けたトヨタの真骨頂でした!

脱線ネタで恐縮ですが、最近「ダウンサイジングターボ」が注目を浴びてますね・・・レガシーツーリングワゴンの後継車「レヴォーグ」や、現行スカイラインにも2Lベースで搭載される(された?)だとか。

小排気量エンジン+ターボの組み合わせで、ひとクラス上のエンジン出力性能と低燃費を両立して得られるということで、環境的にもEV車とはまた違ったアプローチで注目なのでしょうか・・・

でも、個人的には「ターボ」という響き自体に、なんかワクワクを感じてしまいます!クルマに興味を持ったときの、憧れの「キーワード」のひとつでしたから!
[ 2014/06/15 13:58 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
今ではターボチャージャーも軽自動車をはじめ、ごく普通のクルマにかなり普及していますが、個人的にはいまだに「ターボ」と聞くとポルシェの930型が真っ先に頭に浮かんできます。
ターボチャージャーは決して大きな部品ではありませんが、ロケットやジェットエンジンを造っている会社がそれらのタービン技術を生かして設計した部品だと考えると、ボンネットの中身を観察する楽しみも倍増しますね。もっとも、現在はボンネットを開けたことがないというオーナーが大部分なのかも知れませんが・・・。
そういえば、サラリーマン時代、取引先であったIHIの方が街中のクルマを指差し、「あのクルマのターボもIHI製なんですよ!」ってよく自慢していましたね。

[ 2014/06/16 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。