旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・ローレル(C33型) 

140522a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140522a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年に日産から発売された6代目ローレル(C33型)です。ローレルは初代からずっとセダンとハードトップの二本立てで用意されてきましたが、この代からは4ドアハードトップのみとなりました。寸法上は5ナンバーフルサイズで結構大柄なのですが、実際に乗ってみると後部座席はずいぶん窮屈だったような記憶があります。

 さて、この6代目ローレル、カタログ画像の通り、当時はすっきりしたデザインのハイオーナーカーで、運転席には木目調ではなく、本物の木のクラスターが装備されているぐらい豪華装備のクルマでした。しかしながら新車当時から月日が経ち、オーナーが何度か変わるうちにこのクルマのイメージはずいぶん変わっていきましたね。

 あるローレルはピラーレスハードトップゆえのボディ強度の不足を補うためにロールバーが追加され、バリバリのドリフトマシンに、またあるローレルは派手なエアロパーツとキラキラホイールが施されたVIP仕様に、さらには2代目のブタケツ系と同様、集団で走ることが好きな方々の愛車として大活躍していました。8代目まで続いたローレルでしたが、なぜかその後の華麗な転身後の姿が次々に思い浮かぶのは2代目(C130型)とこの6代目(C33型)なんですよね。きっと2代目と6代目には若者を惹きつける何かがあったんでしょうね。

 カタログには「時代のまんなかにいます」、「大人のスポーツです。」、「澄んだ走り、シルキーテイストです」等々のキャッチコピーが並んでいますが、「時代から外れ、子供がスポーツに使い、爆音を伴う走り」もこなしてしまうあたり、ローレルの懐の大きさが感じられますね。とはいえ、個人的には、初代の面影と思想をもっとも引き継いでいたのがこの6代目だったような気がします。

 現在の日産ラインナップではローレルにあたる上級セダンはティアナとなっているようです。C33型の価格表とティアナの価格表を見比べてみると、なぜかティアナのほうが当時のC33型ローレルよりも安いんです。もちろんC33型は上位モデルと比較していますが、現在のティアナは当時のローレルの上位モデルよりもさらに車格はふたまわりほど上です。ティアナの価格なんてこの記事を書くまで気にしたこともありませんでしたが、グローバルモデルらしく、なかなかコスパが高いクルマですね。

ローレル・ツインカム24Vターボ・メダリスト(C33型)
全長×全幅×全高 : 4690×1695×1365mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1380kg
エンジン : 直6DOHCターボ 1998cc 205PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/05/22 11:32 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(10)
はじめまして、こんにちは。よろしくお願いします。
70、80年代の日本車に興味がありブログを拝見させて頂きました。
懐かしいですね。

私が中学、高校生の頃、父が初代ST162型カリーナED、1800Xとのちに2000Gリミテッド(初代の前期、後期)に乗っていました。(1800Xを手放したにはちょっと訳あり・・・秘密)ピラーレスハードトップと低い斬新なデザインでかっこいいだろうと友達に自慢したほどです。
父は当時トヨタビスタハードトップと迷ったみたいですが、カリーナEDで正解にして良かったと言っていました。

内装の質感もさすがバブル期のもので6連メーターやテレスコピックステアリング、イコライザー付ライブサウンドスピーカー、パッド入りダッシュボード等インテリアの高級感や装備の充実に溢れていました。
エンジンも2000CCはLASER α 3S-GEの当時トヨタのミドルカークラスの最強モデルであり、POWERモードに入れると迫力ある加速が良かったと記憶しています。
2000Gリミテッドは最後ヒーターの故障やメーター、エアコンパネル照明の球切れ、オイル下がりなどトラブルがありながらも12年間16万キロまで乗りつぶしました。

父も私も愛着があり手放しても今でも良かったと語り合うほどです。もちろんカタログも手元にしっかり保管しています。(笑)

私は旧車のカタログなど大好きであり、70年、80年代の車は父からも思い出話を沢山聞いているのでまたブログを拝見させて頂きながら旧車を楽しませてもらいます。・・・(笑)
貴重なブログをありがとうございます。
[ 2014/05/24 07:30 ] [ 編集 ]
全力少年様

コメント、ありがとうございます。
拙いブログですが今後ともよろしくお願い申し上げます。

70年代、80年代のクルマと比べて現在のクルマはかなり変わってきましたが、それ以上にクルマに対する人々の考え方が変わっているように思います。
大人になったら免許を取って自分のクルマを運転したい、とかつては誰もが思っていたものでしたが、現在はそう思わない方も多いようです。また、免許もあり、経済力もそれなりにあるような方でも、クルマは軽が一台あれば十分、という方も多くなってきました。
価値観の多様化、といわれればそれまでですが、自動車メーカーが世に出したいものと顧客が世に出して欲しいものが少々ずれているような気がしないでもありません。

技術はどんどん進歩しているわけですから、本来は「最新型が最高!」と誰もが思えるようでなくてはならないんですよね。
[ 2014/05/24 13:37 ] [ 編集 ]
ローレル最後のピラーレスモデルですね・・・

当時の日産は、このC33型とあわせてスカイライン(R32型)や初代セフィーロ(A31型)など、日産はFR直6仕様のセダンが多数存在していて、セダンがまだクルマのなかでの「地位」をしっかり築いていたように、今にしてみれば思えます。決して「同格」ではないですが、セダンにこれだけバリエーションを投入できたのはやはり時代のなせる業だったのでしょうかね・・・

実家がC32型のオーナーだった友人がいて、このC33型(クラブS)に買い換えたとき乗せてもらいましたが、やはりリア席の居住性はビミョーでした。R32ほどではないですが(笑)、まぁよく考えてみれば、当時は居住性云々でない「セダン」は当たり前のように他にもありましたし、「そんなの関係ねぇ・・(古!)」4つのドアが付いたノッチバックモデルがラインナップされているクルマ業界が、今思うとあらためて懐かしいです。

しかし、それぞれの後継モデルは肥大化した3ナンバーへシフト、
セフィーロに至ってはFFになってしまったりと、ちょっと趣きが変わってしまいました。どのモデルも居住性は前モデルよりも遥かに向上されたのでしょうが、それ以外にもそれぞれの前身が魅力的だったので、個性を失ったモデルチェンジのようでちょっと残念でした。

と言いつつ、しっかりR33を購入してしまいましたが(笑)



[ 2014/05/24 17:02 ] [ 編集 ]
Y30セドリックの検索からこのブログにたどり着きました。
歴代ローレルで一番販売台数が多かったはずですね
時代がバブルの時代もあったとも思いますが
ライバルの81系軍団もよく売れたと思います
私は81軍団の少し丸みを帯びたスタイルより、このローレルの方が好きでした
ダッシュも81軍団のコテコテしてボタン押したらスイッチがスライドしたりするよりインパネより
このローレルみたいにスッキリして、まさしくシンプルイズベストです
このローレルのフッ素塗装は評判よかったですね
この頃の自動車は楽しかった
今はエコ、エコ、エコ、でつまらなくなった
私の愛車も直6+FR、今年で14年目で自動車税アップになりますがまだまだ乗りますよ
私も最近、他で自動車のカタログのブログ開設しました。
これからも、寄せて頂きます

[ 2014/05/24 20:37 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
セダンタイプのクルマって本当に少なくなりましたね。まあ売れないから種類も減ったのでしょうが、辛うじて残っているものはどこのメーカーも北米向けのばかでかいクルマばかり。だからさらにセダンタイプを欲しがる方が減ってしまうという流れになっていますね。
私自身も、このローレル程度の車格ならうちの近所の狭い道でも運転する自信はありますが、現在のティアナのサイズではちょっと自信がありません。なんといっても深視力がまったくでたらめな目ですから・・・。
近いうちに国内の新車販売は軽が5割を超えることになるかもしれませんね。これって自動車メーカーが思い描いた姿なんでしょうかね。
[ 2014/05/25 13:22 ] [ 編集 ]
マート様

コメント、ありがとうございます。
エコ性能をどんどん向上させていくことはもちろん大歓迎ですが、競合車より少しでもカタログ燃費を向上させることが開発の主目標となってしまうと、カタログ燃費なんて大して当てにならないと考えている人間にとっては、なにか内輪だけの盛り上がりを見ているような気持ちになってしまいます。
個人的にはゴチャゴチャした機能は全て取っ払い、できる限りシンプルなクルマで、バッテリーが上がったときには手動でもエンジンをかけられるようなクルマが理想的なのですが、そんなクルマは出そうにありませんね。
[ 2014/05/25 13:38 ] [ 編集 ]
 人間が古いせいか「車らしいクルマ」が好きです。
 この時代のクルマは、セダン全盛の最終章の頃、どのメーカーのセダンもかっこよかったです。
 私、セダンの王道は丸よりも断然「角」です。以前の記事でもクルマのデザインは切り角が難しいとのことでしたが、角を優先すれば居住性が犠牲になり、居住性を重視すれば鈍重なデザインになってしまう難しいことです。
 なにかもっとエコとか世界標準とかでない個性的なクルマ(ただし私のような素人考えの人間が好きになる)出てこないかなあ。
[ 2014/05/31 09:48 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
私も古い人間なので、nishiyan様と同様の考えです。近いうちにブログに書こうと思っていることですが、最近公開されたグーグルのハンドルもアクセルもブレーキもない自動運転車を見て、私の自動車好きもそろそろ終わりかな~と思っているところです。
東京でサラリーマンをしていた頃、何度かゆりかもめに乗ったことがありましたが、近いうちに街中を「自家用ゆりかもめ」が行き来するようになるんでしょうね。
ハンドルもブレーキも付いていないのなら、そもそも「クルマらしい」スタイルは必要ないですし、運転免許も不要だと思います。なんといっても非常時でも人間が運転する手段がありませんからね。
クルマの将来、ではなく、交通という概念そのものがガラリと変わってしまいそうですね。三沢基地にはグローバルホークが配備されたようですし、なんだか『ターミネーター』の世界みたいですね。
[ 2014/05/31 17:57 ] [ 編集 ]
すみません、横から失礼致します。
nishiyanさまのご意見、私も同じくです。

私もセダンはやはり「直線基調」派なのですが、今思うと、クルマを好きになった子供の頃、自分では運転も出来ないし居住性云々なんて発想もなく、とにかくクルマの「見た目」のカッコよさが、自分のクルマ好きの判断基準のひとつであったかと・・・

そう考えると、昔のセダンは直線基調が「標準」、そこにクルマのカッコよさを、私なりに見出していたような気がします。なので、今当たり前の円くてどっしりとした大型セダンは、今の私のなかでも全く「別格」のように感じてしまいます。

でもそんな私も、現行「マツダアテンザ」のセダンはカッコイイと感じました。決して直線基調ではないのに、なぜかセダンのカッコよさを感じてしまう・・・

年齢を重ねた趣向の変化なのでしょうかね(笑)
[ 2014/05/31 18:01 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
クルマが庶民の手になんとか届くような存在になってからまだ50年ほどしか経っていません。クルマは1年でスクラップにするような機械ではありませんから、現在40代以上の方々は初代カローラやサニー以降のほとんどの国産車について何らかの記憶を持たれているんですよね。
その中できっかけは何であれ、「カッコいい」と思ったクルマがその人にとっての「理想のクルマ」であり、それに近いクルマを「カッコいい」と感じるのだと思います。
うちの近所の場合、ど田舎ですのでかなり都市とは時間の流れが異なっており、いまだにカブや実用自転車でリヤカーを引く姿も現役、農業用運搬車も現役です。おまけに田舎ゆえにそれぞれのご家庭の敷地が広いので、庭に廃車にした過去の愛車が倉庫代わりに置いてあったりします。
身近に「昭和博物館」があるようなものですので、この地域の子供達は判断基準が幅広いかもしれませんね。
(ちなみに私はいつも昔ながらの黒のゴム長靴に一輪車という田舎の定番スタイルで近所を動き回っています。)
[ 2014/06/01 14:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。