旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・三菱・ギャランΣハードトップ(E15A型) 

140505a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140505a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1984年に三菱から発売されたギャランΣハードトップ(E15A型)です。このクルマは前年にフルモデルチェンジされ、FF化されたギャランΣに追加される形で発売されました。セダンとはボディタイプだけでなく、雰囲気もずいぶん異なりますので、まるで別の車種のような気がしてしまいますね。

 さて、このギャランΣハードトップ、カタログでは冒頭に「トップを知った男のハードトップ。」と、なにやらわかるようでわからない形容が使われている通り、いまいち方向性がよくわからないクルマでしたね。三菱曰く、「ノーブルな顔立ちを強調」し、「上品にコーディネイトしたエクステリア」の「風格あふれる斬新なスタイリング」で「磨きぬかれた高級感を全身で表現」したようです。

 確かに部分ごとに見るととても魅力的です。当時のFF車としては最大のボディサイズ、そして最強クラスの200PSターボエンジンを搭載し(当時の鉄仮面スカイラインターボが205PS)、ソアラに匹敵するような豪華な内装とエレクトロニクス装備等々・・・。とはいえ、全体として見るとなぜか前後のオーバーハングが異様に長くてアンバランスなクルマ見えてしまうんですよね。

 気のせいかもしれませんが、三菱車って上品さや高級感を演出すればするほど下品で安っぽく感じられてしまうんですよね。しかしながら三菱流の上品さや高級感に共感できる方にとっては逆にそれがたまらない魅力となり、このクルマも一部にはコアなファンがおられたようです。もっとも、最近では自社で「上品さや高級感」を演出することはなくなり、それらの要素が必要なクルマは他社から調達するようになりましたから、この感覚のギャップを感じることもなくなりましたね。

 ランエボも現行モデルが最後となるようで、またひとつ「三菱らしさ」が消えてしまいます。久しぶりにギャランΣハードトップの「コテコテ三菱流高級感」のスタイリングを見たら、なんだか少し寂しさを感じてしまいました。今や国内シェア最下位となっている三菱、「トップを知った男」はなかなか三菱を選ばなくなってしまったようですね。

ギャランΣハードトップVR(E15A型)
全長×全幅×全高 : 4660×1965×1375mm
ホイールベース : 2600mm
車両重量 : 1250kg
エンジン : 直4OHCターボ 1997cc 200PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/05/05 14:16 ] 1980年代三菱 | TB(0) | CM(6)
なるほど、直線基調セダン好きとしては魅力的なスタイリングと思いつつ「どこかヘン??」と思ってたら、確かに前後のオーバーハングが長いからそう感じてしまうのですね。特に「リアハイ」の部分は、フロントがそこそこかっこよく見えるので、全体のバランスとして見るとなんかもったいない感じがします。

さて、個人的には「コテコテ三菱流高級感」、結構好きでした。
特にこの時代、クルマにマイコン技術を駆使した「エレクトロニクス装備」が高級感を高めてましたが、三菱車の場合は、ソアラやレパードとはまた違ったアプローチで「とにかく詰め込んじゃえ!」的な感じで微笑ましかった(笑)まぁ、系列が電機メーカーですから、技術の提供については他の自動車メーカーに比べると有利だったのでしょうかね。
(どうでもよいですが、このカーオーディオは当時の三菱の家電オーディオブランド「DIATONE」の高級ステレオスペックです!?)

あらためて知りましたが、三菱は現在国内シェア最下位なんですね・・・

このエレクトロニクス志向に振られる前の70年代辺りは、魅力的なクルマが多数あったのを知っているのでちょっと残念・・・初代デボネアなんて最高だったのに!





[ 2014/05/05 16:44 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
このギャランΣハードトップ、実はギャランΣが新型ギャランにモデルチェンジした後も、ハードトップだけはディアマンテが出るまで継続生産されました。それも何を血迷ったのか、V6の3Lエンジンを搭載し、全長を4.7mオーバーに拡大してしまったんです。もちろん車体そのものを変えたわけではありませんので、全長増加分は前後のバンパーのみです。オーバーハングがさらに長くなってしまったんですよね。当時、教科書通りの「付け刃」だなぁと思ったものでした。
エレクトロニクス装備だけでなく、三菱は「とにかく詰め込んじゃえ!」が本当に多かったですね。
(全然関係ない話ですが、私が使っているPCのモニターには「Diamondcrysta」と書いてありました。三菱ってなんでもDiaが付くんですね。)
[ 2014/05/06 10:35 ] [ 編集 ]
ドアにある、シリウス・ダッシュ3×2のデカール。時代を感じますね。昔の車って、インジェクションでさえ立体エンブレムで主張していましたから。私のハイゼットもこの時代であれば、ターボの文字がこれでもかと入ったのでしょうが、今はエンジンを覗かないと分かりません。実際納車されたときに疑いの眼で確認しました。外見からの唯一の判断材料は、ターボになると積載量が350kgから250kgになるマニアにしか分からない最大積載量表示ステッカーです。
[ 2014/05/14 12:45 ] [ 編集 ]
このギャランっておっしゃるとおり結構でかく見えましたよね。
 でも、存在感は今いち、いや今2くらいだったかな?
 この当時はトヨタが「レーザー」日産が「プラズマ」という名のエンジンで三菱は「シリウス」ですか。今の時代、エンジンに名前があるのはスバルぐらいですもんねー。
 ところでまた脱線ですが。私、パソコン全然ダメで、この前も職場の後輩にpcのことについて質問したのですが、返ってきた返答に「???」この人はpcには凄く詳しいのですが、受け手が無知(無能?)なのでそれ以上の質問はやめました。例えるならエンジンを原動機、プロペラシャフトを駆動軸と言わなければ分からないような次元なのです。
 私の妻に言わせれば「もともと興味が無いから覚えないんじゃないの」と言われる始末。私自身「pcに関しては、タイヤ交換をできないドライバー」と揶揄しています。
[ 2014/05/14 18:32 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
むかしは「ターボ」がセールスポイントのひとつでしたが、今は当時の「ターボ」と同様な意味で、「ハイブリット」がセールスポイントになっているんだと思います。同じ燃料でより長距離を走ることができる、同じ燃料でより多くのパワーを出すことができる(正確にいうと、昔のターボはパワーが出たぶん、燃料もたくさん消費していたような気がしますね)、表現が違うだけで求めるところは同じようにも思えますが、より時代に即したPR方法がとられているのだと思います。
それにしてもターボと非ターボでは積載量が100kgも違うんですか?農家にとっては大問題です。だいたい耕運機が200kgぐらいありますから、それに醗酵鶏糞を10袋積んだら計350kg。
農家の必需品がワンボックスタイプではなく、軽トラだということがなんとなくわかってきました。最大積載量がどのような基準で決められているのかはわかりませんが、350kgって、よくできた数字ですね。
[ 2014/05/14 20:47 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
現在のPCの進歩はすさまじいですね。一昔前では考えられなかったようなことがごく普通に実現できてしまっています。スマホもアイポッドも、まるで最新PCが昔のゲームウォッチサイズになってしまったようで、触っているとびっくりすることばかりです。
でも、落ち着いてよーく見てみると、性能こそ劇的に進歩していますが、構造は何も変わっていないんですよね。現在タッチパネルやマウスで普通に操作しているPCと、かつてパンチカードでデータを読み込んでいたコンピュータとでは、性能が変わっただけで構造は変わっていません。
観音開きクラウンのタイヤ交換、そして現行型クラウンのタイヤ交換、どちらも私自身やったことはありませんが、おそらくどちらもそれほど相違点はないと思います。
ちょっと話がそれますが、私は情報処理技術者の資格を持っています。しかしそれを取得したのはインターネットが一般的になる前のことです。秒進分歩とも言われるこの分野なので昔の知識など何の役にも立たないような気がしないでもありませんが、意外と本質は何も昔から変わっていないんですよね。
最新のIT技術を駆使されている方の中でも、エンジンやプロペラシャフトの意味がわからない方も結構おられるかもしれませんよ。
[ 2014/05/14 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。