旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・ソアラ(MZ20/21/GZ20型) 

140416a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140416a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年にトヨタから発売された2代目ソアラ(MZ20/21/GZ20型)です。初代のデザインとキャラクターを踏襲したうえで、バブル期ならではのてんこ盛り仕様の高級パーソナルカーとして誕生しました。最上級グレードは500万円に届こうかという価格設定だったにも関わらず、浮かれた時代ゆえに大ヒットとなり、人々の金銭感覚を狂わせることに大いに貢献したクルマでした。

 この2代目ソアラで400万円オーバーを実現し、続く日産シーマが500万円オーバーを達成、さらにセルシオが600万円オーバーになったかと思っていたら、ダメ押しでホンダNSXが800万円という、当時の国産車としては最高額で発売され、ほんの数年のうちに「クルマの価格」というものの感覚が麻痺してしまうようになりました。

 その後、バブル経済が崩壊した後も一度狂ってしまった「高級車の価格帯」はさらに狂い続け、現在では1000万円オーバーどころか、3750万円などという国産スポーツカーも発売されるようになりました。まあ3750万円のクルマというのは例外とはいえ、500万円オーバーのプライスタグはざらで、1000万円オーバーも決して珍しい存在ではなくなってしまいました。世の中変わったものですね。

 私の記憶ではバブル期も大卒初任給は20万円弱で、現在とそれほど違っていなかったような気がします。しかし「高級車の価格帯」は確実に2倍以上になっていますね。とはいえ、それでもビジネスとして成り立っているということは、昔のように台数は捌けなくとも、買ってもらえる方から2台分、3台分をまとめていただく、ということなのでしょうね。

 さて、話を戻してこの2代目ソアラ、はっきり言ってこのクルマは当時の日本人の好みを全て具現化したようなクルマでしたね。かつてクラウンに2ドアハードトップモデルがラインナップされていましたが、初代ソアラ登場後、クラウンから2ドアモデルがなくなりました。つまりソアラはクラウンを高級パーソナルカーとして使っていた層への提案だったわけですね。そしてこの2代目は「いつかはクラウン」という方々へ向けての最終形態、当時考えられる全ての最新テクノロジーが日本人好みのスタイルにまとめられていました。大ヒットとなるのも当然ですね。

 本来はこのソアラの水準で「日本の高級車」が変遷していくはずでしたが、時代はグローバル経済へ突入、これ以降は高級車の基準が「世界の高級車」となっていきました。今考えると、5ナンバー枠に縛られていた最後の「日本の高級車」がこの2代目ソアラだったのかもしれませんね。先に触れたように、このソアラの後、5ナンバー枠に縛られることがなくなってからの高級車は次々にそれまでの常識を超えていきました。それが良かったのか悪かったのかは誰にもまだわからないと思いますが、少なくともソアラのその後を見る限り、なんでも世界基準にすればよいというわけではなさそうです。なんといっても現在の売れ筋ベストテンのうちの7台はこってこての日本基準である軽自動車ですからね。


ソアラ・2000GT-TWIN TURBO L(GZ20型)
全長×全幅×全高 : 4675×1695×1345mm
ホイールベース : 2670mm
車両重量 : 1430kg
エンジン : 直6DOHCターボ 1988cc 210PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆



にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/04/16 11:18 ] 1980年代トヨタ | TB(0) | CM(10)
家の近所にこのソアラが生存しています。同じ駐車場には、排気量が半分近くにもかかわらず、このソアラよりサイズがでかく見えるクルマばかり。長さはともかく、幅、高さはこのソアラよりも実寸の大きいクルマ増えすぎですよね。思えば、このような2ドアの5ナンバーサイズのクーペって絶滅してしまいましたが、もう一度復刻すればそれなりに売れそうな気がすると思うのですが。
[ 2014/04/17 19:42 ] [ 編集 ]
ぬりかべ様

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通り、この時期以前のクルマってたまにスーパーの駐車場等で見かけるととても小さく感じてしまうんですよね。道路や駐車場の大きさは昔から変わっていませんので、知らず知らずのうちに街の風景が新しい大きなクルマによって圧迫されているのかも知れませんね。
ソアラを見て小さく感じてしまうなんて、我々の感覚もずいぶん変わってしまいましたね。
[ 2014/04/18 09:39 ] [ 編集 ]
国産車史上空前絶後の「大スター」その二代目ですね。
時折都内でもこの20型トヨタソアラを見かけますがボディ本体の全高およびサイドシル~ウエストラインの嵩の低さを見るに「今日では考えられないスリムさ」が伺え、安全基準等に端を発する時代の流れに息を呑まざるを得ません。
ともあれ日本人の美意識をとことんまで織り入れた繊細さ、国内インフラを見据えた車幅など、最後の「国内専用高級車」その集大成ではあると思います。
[ 2014/04/18 18:19 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させていただいております。ソアラ懐かしいですね、私が中学に上がる年にデビューしてなんて高価な車なんだろう…と唖然としました。しかし、時の流れは好景気に流されてあっという間に過去の車になったのは なんだかなあ… と感じていました。でもよい点もありました。それは中古車! ソアラは値下がりが激しく、私が就職した頃は新車価格が嘘のようにちょっと頑張って買う車になってました。 トヨタ車は中古車になると値崩れしますよね…日産とは逆に(笑)

では次のカタログ楽しみにしてます。
[ 2014/04/18 23:05 ] [ 編集 ]
真鍋清様

コメント、ありがとうございます。
ソアラがこの2代目にモデルチェンジしたときには、ずいぶん初代と比べて曲線的になったと思ったものでしたが、今たまに街でこの2台目ソアラを見かけると、とても直線的、平面的だと感じてしまいます。それだけ現在のクルマはデザインの抑揚が大きくなっているんでしょうね。
それにしてもこのソアラとフィットが並んでいると、フィットのほうが大きく感じてしまうのはなんだか不思議ですね。
[ 2014/04/19 10:02 ] [ 編集 ]
おさむ様

コメント、ありがとうございます。
どんな高級車でもある程度年式が古くなると手の届く中古価格になってくれるのは嬉しい限りなのですが、メンテナンス費用等の維持費は高級車のままという点がちょっと辛いですね。
とはいえ、これぐらいの時代のクルマなら、まだタイヤは常識的なサイズなので助かりますね。最近の高級車はちょっと異常なサイズのタイヤが付いていますから、タイヤ交換の費用を考えるだけでゾッとしてしまいます。
[ 2014/04/19 10:11 ] [ 編集 ]
私も、たま~にこの2代目を未だに街で見かけます。

サルーンでもない、スポーツカーでもない「スペシャリティカー」、
メーカーの最新の技術の「粋」の結晶を、オーナーが所有し誇りと感じる・・・バブルという時代背景で確かに金銭感覚が狂うほどの高額車ですが、当時は「クルマ」をこんなふうに所有する「夢や喜び」みたいなものがまだあった時代ではと思います・・・(わたくしには高額ゆえに「夢」でしかあり得ませんでしたが!)

ちょっと(また!)脱線ですが、当時マンガで高橋留美子先生の名作「めぞん一刻」にハマっていて、作品のなかでヒロインの「音無響子」が通うテニススクールのコーチ「三鷹さん」が、この2代目に確か乗っていましたっけ・・・。

貧乏学生「五代」とヒロインをとりあう金持ちボンボンのコーチですが、なんか久々にまたあの作品を読み返してみたくなってしまいました(笑)

[ 2014/04/20 15:48 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
昔、会社の同僚でこのソアラの中古をドリフト仕様に改造して「所有する夢や喜び」を感じていた方がいました。サイドブレーキレバーを交換してどうのこうのと説明を聞いたことがありましたが、彼のソアラを見て私の中の「ソアラ像」が見事に崩れていきました。
まだD1グランプリ等は存在していなかった時代でしたので、いわゆる「公道グランプリ」を堪能していたようです。同じクルマ好きでも方向性が違うと会話がなかなかかみ合わないんですよね。
「めぞん一刻」という漫画は読んだことがないのでちょっと「三鷹さん」がどんなキャラクターなのかはわかりませんが、きっと本来のソアラが似合う方なんでしょうね。
[ 2014/04/21 09:35 ] [ 編集 ]
今日たまたま、職場の別の部署の上役と昼飯を一緒に食べる機会がありました。

食事をしながらGW後半予定の話題になり、私が「土曜から富士スピードウェイにGTレースを観に行きます」と伝えたら、「えっ、あんたクルマ好きなんだ?」と切り替えされました・・・

別の部署とはいえ職務柄一緒に仕事をすることが多く、頻繁に普段から会話していますが、今日のランチでこの上役も実は大のクルマ好きというのが初めて判明しました。いろいろクルマ談義を(ラーメン食べながら)進めていると、もう現役は引退したそうですがどうやら元「走り屋」だったようで、ソアラのドリ仕様にも乗っていたそうです(笑)

この上役、自分では絶対叶わないような仕事に対しての真摯な姿勢、そして論理的・且つ情熱的な方で、「こうありたい」と思える尊敬できる上役のひとりですが、なんかきょうのランチで妙に親近感が湧いたのと同時に、「尊敬している人が実は元走り屋??」という、全く考えられないギャップに驚いてしまいました!

不思議な一日の日記、失礼しました!
[ 2014/05/01 21:10 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
ソアラをドリフト仕様にされていた方って結構多かったようですね。私はドリフト走行をしたことがないので魅力はちょっとわかりませんが、きっと好きな方にとってはとても快感なんでしょうね。
もう40年近く前のことになると思いますが、当時名古屋港の近くにとても広い場所があり、そこで当時の若者達が初代フェアレディZなどでホイルスピンをさせながらその場でクルクル回ったり、といった遊びをよくしていいました。当時の若者ですから今はもう年金生活をされているような方々だと思いますが、若い頃は皆元気だったんですよね。
GWのレース観戦、羨ましい限りです。農家にとってのGWは1年でもっとも忙しい時期ですので、ご近所さん含めて今は畑や田んぼが賑やかですよ。

[ 2014/05/02 12:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。