旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・トヨタ・カローラバン(E100V型系) 

140404a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140404a05.jpg
(画像クリックで拡大)

 1991年にトヨタから発売されたカローラバン(E100V型系)です。最近ではすっかりプロボックスがライトバンとして定着してきましたが、それ以前はライトバンといえばカローラバンが定番で、この最後のカローラバンもあらゆる業種の至るところで使われていましたね。まさに働くクルマの代名詞のような存在でした。

 さて、このカローラバン、手頃な大きさで下駄代わりにどんな道でも入って行けて、そのうえ酷使してもほとんど壊れることなく耐久性も申し分なし、たまに高速道路を走れば信じられないスピードで追い越していくのもこのカローラバン、様々なシーンで働く人々をサポートしていた素晴らしいクルマでした。

 昔、交差点で信号待ちをしていたときに後ろから追突されたのもこのカローラバン。ルームミラーで後ろを見ていると、ちょっと減速具合が怪しいと思っていたので身構えていたら案の定、ドカン!幸いそれほどのスピードではなかったのでバンパーに少々傷が付いただけでしたし、私も取引先へ行く途中だったため、名刺だけ預かってすぐにその場を立ち去りましたが、そのカローラバンも限りなく無傷でしたから、少々の事故ももみ消してしまうぐらいの営業センスも持ち合わせていましたね。

 思えばこの最後のカローラバン、世の中の労働環境がどんどん悪くなっていった時代に、社員ともども酷使され続けたライトバンでしたね。高速を猛スピードですっ飛ばすのも無理なスケジュールを強要されてしまうサラリーマンの足として使われたため、信号待ちのクルマに突っ込んでしまうのも、無理なノルマの達成方法を考えているうちに注意力が散漫となってしまったため。

 きっとこのカローラバンを運転しながらリストラされた後のことを漠然と考えたり、このカローラバンの中で鬱になりそうな自分を何とか抑えながら気分転換のタバコをふかしておられた方も多いんでしょうね。今でもたまに街で見かけますが、この最後のカローラバンを見るとなんだか疲れ果てたサラリーマンの姿が自然と連想されてしまいます。

 世の中、一部では少し景気が良くなってきているという話も聞きますが、相変わらず疲れ果てているように見えますね。消費税が上がり、ガソリンはさらに上がり、駆け込み需要の反動が表面化するであろうこれからの時期、いったいどうなることやら。まあ貧乏農家の私にはそれらはほとんど関係ないことで、これからの季節、作物の成長を毎日見ていられる時期なので懐は別として気持ちだけは明るくなります。「春」ぐらい明るい気持ちで過ごしたいものですね。


----- 以下、雑談 -----

先日、高校時代の友人から連絡があり、なんでも同窓会の準備を進めているらしいとのこと。卒業してウン十年経っていますが、同窓会の話なんて初めてです。懐かしいなぁ~と思いつつ、いろいろ話を聞いてみると、なんと幹事となっているらしい中心メンバーのうちの2人は、20年近く前、私に洗剤や鍋で有名なあの会社のビジネスとやらを誘ってきた人でした。
当時、地元の一流国立大の大学院まで出て、さらに地元では誰もが羨む職場に就職していたにも関わらず「一緒に成功を!」とか「一緒に夢を!」とか目をキラキラさせて語りかけてきた彼らを見てショックを受けたと同時に、とても気持ち悪く感じたものでした。
あれってまだあったんでしょうかね?もういい歳になっている彼らが今もあんなことを続けているとは思いませんが、もし辞めているとしても、過去にマルチ商法の誘いをした人たちに同窓会の連絡なんてできるんだろうかと疑問を感じています。
まあ、もし今も続けていてその関連の行為であるのなら、既に断っている私に対して正式には連絡が来ないでしょうからその時点ではっきりしますね。
ちなみに「一緒に成功を!」と誘われたときには、「僕の考える成功はお金では買えないから君達とは一緒に成功できない」というような意味で断ったような記憶があります。お金には上限がないからお金をたくさん稼ぐことを成功と考えると、一生成功しないんですよね。
今、頭の中には柏原芳恵さんの『春なのに』がリピートしています。「春なのに、お別れですか、春なのに、涙がこぼれます、春なのに、春なのに、ため息またひとつ」

----- 雑談、終わり -----

カローラバン 1.5GL (E103V型)
全長×全幅×全高 : 4265×1685×1435mm
ホイールベース : 2465mm
車両重量 : 960kg
エンジン : 直4DOHC 1496cc 97PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆





にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/04/03 15:38 ] 1990年代トヨタ | TB(0) | CM(4)
この「カロバン」、営業として入社したての頃、幾度かお世話になりました。

このクルマで納品したり機械を引き上げたりと、当時の営業活動を懐かしく思い出してしまった・・・自分のクルマではないので結構荒い乗り方をしてましたが(笑)、なんていうか、走りがカッチリしていた印象があります。ベースのカローラ(スプリンターも)が、この代はグレードよりもいろんな意味で上級車寄りの造りだったので、そう感じたのでしょうか?

このカロバンの次の営業車がリベロカーゴでしたが、走りはこのカロバンのほうが上手だったかも(燃費はリベロのほうが上のような感じでしたが!)

そう、このカロバンで営業していた時代、ある取引先の総務の担当者から「仕事終わってから、個人的なイベントに是非出席して欲しい」と、商談後に話しをもちかけられました。

それまでほぼ未取引のユーザーで、若年時の私からいろいろと買ってくれたので断る訳に行かず、ふたつ返事でOK。ある日仕事を終えて、約束した新宿のとある貸し会議室へ向かいました。

どんな話しなのかな?と思うと、化粧品の「ネズミ講」的なセミナーでした。
担当者の奥様もいらっしゃって、商品の効能を細かく説明、「これを君の家族や知り合いの女性に是非進めて欲しい。社会出たての安月給生活だろうけど、君の同期のヤツらよりもっとリッチに過ごせるぞ!」くらいの勢いで迫られましたっけ・・・

さすがにこれはマズいと思い、「すみません、興味がなく・・・」と
その場で断りました。

未熟な営業なのにいろいろ買ってくれたありがたいユーザー担当者で、長く付き合いたいなと思っていたのですが、これをきっかけに、ビジネスでは決してお互い表面には出さない「溝」が生まれてしまいましたっけ・・・

その後もいろいろ買ってくれましたが、なんか見る眼が変わってしまいました。
向こうもそうだったのかな?

[ 2014/04/06 01:22 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
お父さん様がおっしゃる通り、この手の話を出された時点で、その相手とは「溝」ができてしまうんですよね。私に話を持ってきた二人は夫婦で、高校時代はそのどちらとも私自身はとても仲の良い「親友」だと思い込んでいました。高校卒業後、私は上京しましたが、帰省するたびに真っ先に彼らと会っていたものでした。しかしその話をされてからは会うこともなくなりました。それこそ、彼らを見る目が変わってしまったんですね。
彼らの「夢」はこの手のビジネスで成功すること、私の「夢」はこの手のビジネスがなくなること、「夢」が正反対なのですから会っても会話が成り立ちませんしね。

[ 2014/04/06 10:44 ] [ 編集 ]
 先週は義母が亡くなり、慌しい一週間でした。病院からの搬送、通夜、葬儀及び火葬と故人を偲ぶ間もなく過ぎていきました。最近の葬儀は業者任せなので親族は楽な反面、マニュアルに沿った通り一遍の方法なので、田舎育ちの私は、本当にあっと言う間に終わったというのが正直な感想です。

 ところで件の「マルチ商法」ですが、私も遭いました。回数にすると4回ぐらいかな?「夢を現実にしようぜ。」とか「幸福はみんなのためにある。」等の美辞麗句を引っさげて。でも、どれも入りませんでしたよ、当時から貧乏性の私は「金は汗して手にするもの」主義で、子や孫そしてひ孫が儲けてきた何パーセントを自分の儲けにする、そして自分の親に何パーセントか持っていかれる。当然儲かるのは親だけじゃないかって素朴に思いましたもの。
 ところで私に声をかけてきた当時の友人達?今頃どうしているのかな。会ったら「どう、金持ちになって夢を実現したか?」って言ってやろうかな・・。

 今日も見ましたよ「カローラバン」その荷室にはいろんな作業道具が入っていて日曜日だというのにお仕事お疲れ様です。臨時雇用や派遣社員の方だったらこう言いたいでしょうね。「正規社員になる夢を実現しようぜ」と。

 最後に柏原よしえさん、同級生なのに若くて綺麗ですね。最近自分自身の体の老化が気になっています。
[ 2014/04/06 17:09 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
御義母様がお亡くなりとのこと、お悔やみ申し上げます。奥様のサポートをぜひしてあげてください。
マルチの勧誘って、皆様のコメントを拝見していると誰もが同じような言葉を使っているようですね。夢だなんだと回りくどいこと言わずに、いっそのこと「俺、もっと金儲けしたいから俺の金づるになってくれ」と言われたほうが断りやすくていいですね。
彼らは決まって「物はいい」と言いますが、それほど良い物なら口コミで云々よりも、高田社長がテレビで声を張り上げたほうがずっと効率よく儲けられるような気がします。
要はこの手のビジネスの物って、「人間関係」というコネを使わないと誰も買ってくれない「質と価格のバランスが取れていない」物なんですよね。
今のように非正規雇用の方が多い時代には「安定した副収入源を!」ということで不安定な方をさらに不安定な状態に追い込んでいる輩も多そうですね。
そして、おそらく多くの方に害を振り撒いている張本人は、私の「元」親友のように「どこから見ても典型的なエリート」のような気がします。今では卒業アルバムで彼らの写真を見ると吐き気がしてしまいます。
[ 2014/04/07 08:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。