旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・スカイライン(R32型) 

140313a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140313a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140313a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140313a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140313a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140313a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1989年に日産から発売された8代目スカイライン(R32型)です。先代の7thスカイラインが肥大化したハイソカー路線で登場したことによってスカイラインのキャラクターが少し曖昧になってしまった点を反省し、この代は初めから「走りのスカイライン」として登場しました。頂点には久しぶりに復活したGT-Rが存在していたことはご存知の通りですね。

 さて、このR32型スカイライン、先代の失敗を反省して大成功を収めたかといえば決してそうではなかったところがさすが日産です。さらにR32型が思うほどの成功を収めなかったことを反省して次に登場させたR33型ではさらに芳しくない状況に陥ってしまったという、ビッグネームゆえの「スカイラインらしさ」にメーカー自身がちょっと悩んでいたような時期でしたね。

 とはいえR32型スカイライン、後部座席やトランクが狭くて使い勝手があまりよくなかろうが、当初の「走りのスカイライン」の意図は見事に顧客に伝わったようで、GT-R以外のグレードでも未だに痛々しい姿に変わり果てた走り屋仕様の車体をよく見かけます。そもそも意図を明確にすればするほどそれを受け入れる対象は限られてくるわけですから、「大ヒット」とはならないことも当然かもしれませんね。

 歴代スカイラインの中でもこのR32型がいちばん好き、という方が大勢おられます。熱烈なファンを獲得できたということは、会社の業績にとっては大成功といえずとも、クルマとしては間違いなく大成功だったような気がします。

 ところで、意図を明確にといえば、新型のV37型スカイラインの想定顧客層というのはとても明確ですね。「年齢でいうと40代前半の男性。共働きの奥さんがいて、娘が1人。外資系企業で管理職をしており、非常にタフな環境の第一線で活躍している人。都心のタワーマンションに住んでいる」という方だそうです。うちの近所にはタワーマンションがないので街で見かけることもなさそうです。もっとも月販目標が200台とのことなので、近所のディーラーに展示されることもなさそうですね。

スカイライン・4ドアスポーツセダン・GTS-t(R32型)
全長×全幅×全高 : 4580×1695×1340mm
ホイールベース : 2615mm
車両重量 : 1290kg
エンジン : 直6DOHC 1998cc 215PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

)

にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/03/13 18:02 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(12)
こんにちは。
GC111、DR30とスカイラインを乗り継いできた我が家で最後のスカイラインとなったのがこのHCR32型スカイラインGTS-tタイプMでした。
もう20年前のことなんですが、今でも走りの良さははっきり覚えていて、今でも父親との話題のネタになったりします。
今では、父親はジムニー、私はご存知の通りエクストレイルとすっかりSUV親子になっています。
サーキットデビューしたのもこのR32でしたが、灯火類のテーピングの際に余った黒いビニールテープでボンネットの先端(GT-Rですとグリルにあたる部分)にストライプを入れて「わ~い♪GT-Rだ~!!」と友人とふざけていたのを思い出しました。
[ 2014/03/14 00:02 ] [ 編集 ]
きゅう@様

コメント、ありがとうございます。
このスカイラインでサーキットデビューとは羨ましい限りです。最近見かける32型のスカイラインは灯火類ではなくバンパーを「ガムテーピング」してたりしますので、彼らはどこの「サーキット」を走っているんでしょうね。
親子で一台のクルマの走りのよさについて会話ができるなんて、きゅう@様は孝行息子ですね。
[ 2014/03/14 11:02 ] [ 編集 ]
このR32型が出たときは、確かに衝撃でしたね。

先代(R31)が、ヘンに「ハイソ路線」に振るようなイメージで、
ちょっと走れる「ローレル」みたいな感じでしたから??、スタイル、走行性能、居住性・・・よくも悪くも先代を裏切ったモデルだと思います。さらに次代(R33)も、このR32のコンセプトを見事に裏切ってくれました(笑)。この辺は、当時の日産の「迷走」ぶりを象徴してましたね。

でもR33、居住性と特に高速での直進安定性は、R32をはるかに上回っていました。一応R33オーナーとしてフォローさせて頂ければ(笑)

そういえば、GT-Rが復活したのもこのR32からでした。
当時GT-Rが欲しかった友人が、プライスに手が届かず「GTS4」を購入して、いろいろいじくりまわしていましたっけ(笑)

[ 2014/03/15 19:05 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
長い歴史を持つビッグネームなので人の数だけ異なった「スカイライン像」があり、あっちを立てればこっちが立たず、となってしまうんでしょうね。
現行モデルはハイブリットの新型プレミアムカーと旧型を併売という、今までにないパターンになっています。スカイライン神話もそろそろ末期なのかもしれませんね。
[ 2014/03/16 12:56 ] [ 編集 ]
 今を遡ること25年前、当時の会社の寮で、毎日、飲み会がありました。
 飲み会といっても各自が酒肴を持ち寄り、ただバカ話をしているだけのたわいもない宴でしたが、その時、ある先輩が「今度のスカイラインええのう、10年経ったら買お!」と言っていたのを思い出しました。
 その人は、当時330型セドリックに乗っていて「わしは今まで新車なんか買うたことあらへんで。」とも言っており、10年後は「R32スカイライン」を30万円くらいで手に入れるのかな。と思っていました。

 それから10年近くが経ち、その先輩が脱サラをして「民宿」を始めたたいうので、当時の仲間たちと久しぶりに、泊まりで遊びに行きました。
 帰りに「駐車場まで送っちゃる。」というので車まで行くとスカイラインではなく「バネット」が止まっていました。
 私が「あれ、昔スカイラインにするって言ってなかった?」というと「5人しか乗れへんやろ、トランクにも乗せんのか?これやったら9人まで乗れるやろ!」と言われてしまいました。

 でも、そのバネットも確か平成元年式だった気がします。
[ 2014/03/17 19:22 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
R32の時代からもう25年も経っているんですね。ちなみにR32の時代から25年前は箱スカの前、GT-A、GT-Bのスカイラインでした。確かあの時のスカイラインの売りは「オイル交換しなくてもいい」だったような気がします。スカイラインの歴史って長いですね。
25年も前の話ではありませんが、R34が出たとき、社員旅行に先輩がカタログを持ってきて、同じように「今度のスカイラインええなあ」と言いながらスカイラインネタで盛り上がったことがありました。
今度の新型スカイラインではそんな感じでわいわい盛り上がる状況が思い浮かばないんですよね。都心のタワーマンションのラウンジなどでは盛り上がっているんでしょうかね。
[ 2014/03/18 10:19 ] [ 編集 ]
こんにちわ。
「オイル交換…」ではなく「グリスアップ不要」だったかと思います。

スカイライン、特にR32は私も欲しい欲しいと思いつつ
2Lオーバーのセダンはわが家では活躍の場がなく、とうとう買わずじまい。
今はプジョー307に乗ってますが、次はFIAT500を考えてます。
想定ユーザー層から外れてるようで
地平線はどこまで行っても遥か彼方です(笑)
[ 2014/03/21 00:26 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
言われてみれば、そうでしたね。失礼しました。いくらメンテナンスフリーが売りとはいえ、オイル交換ぐらいしなくてはいけませんよね。
それにしてもこの想定ユーザー層、40代前半といえば第二次ベビーブーマー世代で、就職氷河期が始まった頃社会に出た層ですから、ちょっと現実離れしているような気がしないでもありませんね。
[ 2014/03/21 11:25 ] [ 編集 ]
メンテナンスフリーで思い出しましたが、私が乗っていたR33は、
確か「メンテナンスフリーバッテリー」だったと思います。

しかも、私が購入した初期型は、重量配分の適正化(?)とかでトランクの奥にバッテリーが装着されていました。

ところが、マイナーチェンジ後のモデルでは、再びバッテリーはフロントのエンジン内に格納されるレイアウトに戻されていたという・・・、いったいなんだったんでしょか??

[ 2014/03/22 01:10 ] [ 編集 ]
お父さん様

コメント、ありがとうございます。
R33スカイラインにどんなバッテリーが採用されていたのかはわかりませんが、バッテリーでの「メンテナンスフリー」とはおそらく「補水不要」という意味でしょうね。
今私が使っているパナソニックのカオスというバッテリーもセルごとの補水口がシールされていて、通常の使用においてはメンテナンスフリーになっているようです。
以前バッテリー交換をしたときに、その重量から手がプルプルしてきて少し指を切ってしまいました。サイズによっては20kg以上のものもありますので、搭載位置も走行感覚に影響してくるんでしょうね。
個人的にはバッテリーから直接電源を取るときのことを考えて、エンジンルーム内のアクセスしやすい位置に配置して欲しいと思っています。ラジコンをする人ってクルマのバッテリーからよく電源を取るんですよね。
[ 2014/03/22 13:05 ] [ 編集 ]
主力モデルが

2リッターだったんですよね…
5ナンバーだったんですよね…
なお燃費は(ry

隔世の感ありまくりですw
[ 2014/07/12 21:01 ] [ 編集 ]
handam様

コメント、ありがとうございます。
スカイラインに限らず、90年代以降に発売されたクルマは排気量も車体サイズもどんどん大きくなっていきましたね。現行型スカイラインでは久しぶりに2Lが出ましたが、2Lと3.5Lハイブリット、どちらが主力モデルなんでしょうね。
[ 2014/07/13 12:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。