旧車カタログコレクション

さっぱり元気がなくなってしまった自動車産業。環境・経済性を踏まえた新時代の自動車産業が繁栄することを切に願う車好きオヤジのブログです。



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旧車・日産・テラノ(YD21型) 

140301a01.jpg
(画像クリックで拡大)

140301a02.jpg
(画像クリックで拡大)

140301a03.jpg
(画像クリックで拡大)

140301a04.jpg
(画像クリックで拡大)

140301a05.jpg
(画像クリックで拡大)

140301a06.jpg
(画像クリックで拡大)

 1986年に日産から発売された初代テラノ(YD21型)です。ダットサントラックベースのRVで、発売当初は2ドアモデルのみでしたが、後に4ドアも追加されました。このカタログは89年に4ドアモデルが登場したときのものです。バブル期のお決まりであるえんじ内装モデルももちろん掲載されていますね。

 さてこの初代テラノ、当時はパジェロ、サーフとともにRVブームを大いに盛り上げた立役者の一台ではありますが、ライバル二台と比べるといくぶん無骨でマニア向けなイメージがありましたね。私の周りだけかもしれませんが、パジェロやサーフに乗られていた女性はちょくちょくいましたが、テラノに乗られていた女性はいませんでした。クロカン性能はずいぶん良いクルマだったようですが、個人的にはボンネット先端に3つ並んでいる吸気口がなんとなくダサかったのではないかと推測していました。

 ところで、街に本格的な四駆RVが溢れていた時代からずいぶんと時が流れましたが、最近はここまで本格的ではない小型SUVと呼ばれるクルマの人気が徐々に出てきているようですね。国産車、輸入車問わず、手頃なサイズのコンパクトカーをベースとしたSUVの新型車が次々と市場に投入されています。それらのクルマがどの程度の悪路走破性を備えているのかはわかりませんが、先日来立て続けに降った大雪での惨状を目の当たりにすると、ますますそれらの人気が高まってくるかもしれませんね。

 今のご時勢、低燃費を追及するのは当たり前で、“クラストップの低燃費!”というキャッチフレーズにもだんだん飽きてきました。雪に埋もれても一酸化炭素中毒の心配なく暖を取れる機能や1週間車中泊を続けてもエコノミークラス症候群にならない非常時用シートアレンジ等も有効かもしれません。とはいえ、もっとも重要なのは、自然の脅威には立ち向かわずに逃げる、という姿勢のような気もしますね。現在各社がしのぎを削っている運転支援システムや予防安全システムもあの雪ではほとんど機能しません。「技術の進歩で不可能を可能にする」ことを追求するのと同時に、「技術の限界を認識して不可能を受け入れる」ことがいちばんの予防安全システムなのかもしれませんね。

テラノ・4ドア・R3M(YD21型)
全長×全幅×全高 : 4365×1690×1680mm
ホイールベース : 2650mm
車両重量 : 1720kg
エンジン : V6OHC 2960cc 155PS

☆『旧車カタログコレクション(web版)』にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。☆

テラノのCMがなかったので巷で話題の・・・


にほんブログ村 車ブログ 旧車・絶版車へ
旧車サイトのリンク集です。珍しい旧車が見つかるかも?

[ 2014/03/01 13:08 ] 1980年代日産 | TB(0) | CM(4)
 いきなり横道コメント申し訳ありません。
 いやーよく降りました。先々週とその前の「雪」。
 先々週の雪では,午前中から午後8時まで停電が発生し、私のような田舎に住んでいる者でも、電気が来ないのはというのは言うべきも無い不便さということを痛感しました。ちなみに暖房については旧態然とした石油ストーブがあったので助かりましたが。私の住む集合住宅の水道はポンプで配水する方法なので停電すると水道まで止まってしまうのです。
 でも、驚いたのは本格的クロカンのジムニーってこんなに雪道走破性能があるんですね。わずか660ccの軽自動車が排気量2万ccの大型トラックを牽引してしまうんですから、驚きです。
[ 2014/03/01 18:20 ] [ 編集 ]
nishiyan様

コメント、ありがとうございます。
午後8時までの停電となると、もう真っ暗ですから大変でしたね。ご無事で何よりです。震災以降、防災意識が高まってある程度の準備をされていた方も多かったと思いますが、あの大雪は意外な盲点だったような気がします。停電で水道まで止まってしまうのも困りものですね。身近なところに『想定外』がたくさん存在している現実を見ると、自分の『想定』がいかに小さなものなのかを思い知らされます。
このジムニーの動画、完全に動かなくなったトラックを牽引しているのかどうかはわかりませんが、少なくとも通常の走行が困難になったトラックの一時的な手助け程度はできるようですね。前輪、後輪ともにしっかりと路面を引っかいている様子が確認できますので、やっぱり四駆の走破性はすごいですね。
[ 2014/03/02 10:37 ] [ 編集 ]
初代テラノは、私がハイラックスサーフを購入時、迷った車です。しかし、テラノには当時オートマ設定が無く、ディーゼルオンリーでしたので、より乗用車に近いサーフにした覚えがあります。結局サーフもあの重い車体に2000ccのエンジンとオートマの組み合わせでは、高速の追い越しに苦労しましたが・・・。
私もステージアと同時期にジムニーを所有していたことがありましたが、マニア曰く「ジムニーの車体の軽さは、クロスカントリー4駆の全てにまさる」とか。三菱ジープも消滅した今、ジムニーには健闘してもらいたいものです。
[ 2014/03/10 12:32 ] [ 編集 ]
カルロス様

コメント、ありがとうございます。
現行ジムニーも登場してからずいぶん年数が経っている長寿モデルですからこの先どうなるんでしょうね。最近は私自身のクルマへの興味もずいぶん変わり、「道具」としての魅力に惹かれるようになってきました。そんな観点から見ると三菱ジープやジムニー、そして軽トラの農繁仕様モデルなどはとても魅力的ですね。
どんどん世の趨勢から外れていく自分の感覚にちょっと戸惑っています。
今日は黙祷しながら理想的なクルマの姿をじっくりと考えてみたいと思います。
[ 2014/03/11 12:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kurumamaniacs

Author:kurumamaniacs
「未曾有の大不況が自動車業界を直撃!このままでは日本からカッコいいクルマがなくなってしまう!そしたらクルマが趣味の私は趣味がなくなってしまう!」と危惧している車好き中年オヤジです。
レイアウトの都合上、このブログには限られた頁数しか掲載していませんが、
旧車カタログコレクション(web版)
にて大きな画像及び未掲載の画像を掲載しています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。